【連載】

映画『3月のライオン』は原作をどう立体化したのか? それぞれの視点

3 「お芝居しかしたことがないから、闘う」 - 神木隆之介

3/14

漫画家・羽海野チカによる大ヒット漫画『3月のライオン』。将棋界を舞台に、プロ棋士である1人の高校生・桐山零が、壮絶な過去を持ちながらも周囲の人間との関係を深め、成長していく。個性豊かなプロ棋士達、零と交流を深める下町の川本家の姉妹たち、零の育ての親である棋士・幸田家の家族など、それぞれのキャラクターの背景や思惑がより合わさった人間ドラマが2部作として映画化され、すでに前編が3月より上映中、後編も4月22日より公開となる。

今回は後編公開に合わせて、主演の神木隆之介、メガホンをとった大友啓史監督、アスミック・エースの谷島正之プロデューサー、3人それぞれの視点から同作を語ってもらった内容を、2週間にわたり掲載。自身も子役として幼い頃から活躍する主演・神木隆之介との共通点は。

お芝居という居場所を守りたい

――『3月のライオン』を観ていると、幼い頃からプロとして活動されてる神木さんの姿が重なるようでした。神木さん自身はこれまでに葛藤や苦悩はありましたか?

僕は、目の前のお仕事を着実に頑張っていければいいという考えですし、気楽な性格ということもあり、ずっと楽しかったです。とても苦しんだことは、あまりないかもしれないです。

もちろん、中学生の時に舞台挨拶についてすごくダメ出しされたり、バラエティー番組で何を言おうかといったことには、苦しんでいました(笑)。それは役者なら誰でも通る道ではあると思うので、特殊なことではないと思います。お芝居が好きなので、お芝居ができることが幸せです。

――ちなみに、先日は初のお渡し会もされたとお聞きしまして。俳優さんってファンの方と会ったりする機会が少ないのかなと思っていたのですが、いかがでしたか。

楽しかったです。舞台挨拶でも、ファンの方と直接コミュニケーションを取れることはあまりないんです。昨年末に「HANDSOME FESTIVAL 2016」を行ったのですが、ステージと客席とでは聞けなかった一人一人の声を、お渡し会の時に聞くことが出来て、嬉しかったです。

――そこで何かユニークな質問などはありましたか?

「写真集おめでとうございます! おすぎさんとピーコさん、どっちが好きですか!?」と聞かれて、「ここで!?」とびっくりしました(笑)。「どちらもお会いしたことはないですが、映画でお世話になっているから、おすぎさんでしょうか……」と答えたら、「わかりました!」と答えてくださったりと、楽しかったです(笑)。

――お芝居を好きだという神木さんですが、自分は何かのために働いている、闘っているということはありますか?

お芝居しかしたことがなく、居場所がここにしかないと思っているので、頑張らないといけないなと思います(笑)。お芝居が好きなので、なんとかお芝居ができたらな、という想いで自分の居場所を守るために闘っている、というのはあるかもしれません。

■神木隆之介
1993年5月19日生まれ。埼玉県出身。『劇場版SPEC』シリーズ(12~13)、『桐島、部活やめるってよ』(12)、『バクマン。』(15)、『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』(16)など数々の話題作に出演。大友啓史監督とは、『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』(14)に続いてタッグを組む。『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(8月4日公開)が公開待機中。 撮影:WATAROCK(西田航)

(C)2017映画「3月のライオン」製作委員会

3/14

インデックス

連載目次
第14回 神木隆之介は、外圧をうまく吸収して主役になる - 谷島正之プロデューサー
第13回 残酷さと暖かさを両方撮れる人が必要だった - 谷島正之プロデューサー
第12回 数年待ちの「1番のトップスター」とは? - 谷島正之プロデューサー
第11回 いつの間にかブレイクの高橋一生、最後に決まった加瀬亮 - 谷島正之プロデューサー
第10回 神キャスティングの裏に、贅沢な準備期間 – 谷島正之プロデューサー
第9回 “神キャスティング”神木隆之介と、”予想を裏切る”有村架純 – 谷島正之プロデューサー
第8回 力のある原作に向き合うため、ロケーションの力を借りる - 大友啓史監督
第7回 誰もが青春で壁ドンできるわけではない - 大友啓史監督
第6回 「前編」派? 「後編」派? それぞれ独立した作品に - 大友啓史監督
第5回 実写化に「間違ってる」とは言ってほしくない - 大友啓史監督
第4回 神木隆之介は、"英才教育"で撮影の力学を知る俳優 - 大友啓史監督
第3回 「お芝居しかしたことがないから、闘う」 - 神木隆之介
第2回 『3月のライオン』主演が考える前編と後編の違い - 神木隆之介
第1回 桐山零は固定された”キャラクター”ではない - 神木隆之介

もっと見る

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事