【連載】

"キー"は着脱式に! 液晶ペンタブレット「Cintiq 27QHD」を使ってみた

5 新搭載のワイヤレスコントローラー「ExpressKey Remote」

 

5/8

2月に発売予定の液晶ペンタブレット「Cintiq 27QHD」。今回は、新搭載されたワイヤレスコントローラー「ExpressKey Remote」について、試用してわかったことをレポートしていく。

歴代のCintiqやIntuosでは、様々なファンクション機能が採用されてきた。画面の操作をより快適にするための工夫の歴史だが、今回27QHDで初めて採用された新しいアプローチがExpressKey Remoteだ。

これは従来、本体盤面上に配置されていたファンクションキー、スクロールエリアを、リモコンタイプのデバイスとして独立させ、本体と無線で接続するというもの。独立させたおかげで、本体は一枚ガラスのシンプルなデザインが実現し、またファンクション機能もより進化した。

リモコンタイプの新コントローラー「ExpressKey Remote」。金属の筐体で、重量感と高級感がある

このコントローラーはCintiq本体にマグネットで貼り付けておくことができる。右利きでも左利きでも、好みに応じてレイアウトできるというわけだ。さらに、リモコンのように手で持ったり、画面の天地に置いたりと、従来のコントロールエリアよりも飛躍的に自由度が増した。

本体画面サイドにマグネット部分があり、ExpressKeyを貼り付けて置ける

ボタンを17個搭載

ExpressKey Remoteには、タッチホイールと17のファンクションキーがレイアウトされている。タッチホイールは、Cintiq 24HDやIntuosでお馴染みのもの。センターボタンにより、3つの機能(デフォルトでは画面拡大、回転、ブラシサイズ変更)がホイール操作で行える。

圧倒的なのは、17個配置されたファンクションボタンだ。24HDで片側5個ずつ、22HDで片側8個だったので、倍増以上だ。これだけの数があれば、自分のワークフローに合ったショートカットを設定するのに十分だろう。また、縦横自由に配置できるので、オプション、シフトなどの修飾キーと、任意の文字をそれぞれのボタンに設定し、ボタンをふたつ押す「キーボードショートカット」と同等の使い方もできる。

さらにExpressKey Remoteは最大5台まで、同時に接続できるという。旧来のCintiqのように、画面の左右両側にコントローラーを貼り付けることができるというわけだ。特に使いやすいと感じたのは、ホイール周辺に配置された5つのボタン。3つのLEDがデザインとして印象的で、ボタンの位置を覚えやすい。ホイールと近いので誤操作してしまいそうだが、ボタン部分ははっきりと盛り上がっているので、慣れればその心配はないだろう。

ファンクションの設定画面。従来のファンクション同様、様々な機能を設定できる

ホイール部分は立体的で、誤操作を防ぐ工夫がなされている

ExpressKey Remoteは充電式で、本体横のUSBサービスポートから充電する。また、しばらく使っていないと自動でスリープになる(有線接続時も)。本体下面のスライドスイッチを操作すると即座に操作できるのだが、これがやや煩雑だった。ペン操作が続いている時はスリープしないなど、改善の余地があるだろう。今後のアップデートを期待したい。

次回はもうひとつのファンクション機能である、タッチ機能についてレポートする。

5/8

インデックス

連載目次
第8回 「Cintiq 27QHD」を一週間使ってみて
第7回 新しいオンスクリーン機能「オンスクリーンコントロール」
第6回 タブレット感覚のタッチ機能
第5回 新搭載のワイヤレスコントローラー「ExpressKey Remote」
第4回 内蔵スタンドは"使える"のか?
第3回 気になる表面温度の上昇は?
第2回 画面の解像度と性能
第1回 「Cintiq 27QHD」が我が家にやってきた

もっと見る

人気記事

一覧

新着記事

ロンブー淳、極楽・山本の地上波復帰に「長かった…」「おかえりなさい」
[10:15 7/31] エンタメ
iPhone基本の「き」 第208回 仕事で使いたくなるiPhoneの小技 - メールの添付ファイル、どうしてますか
[10:00 7/31] スマホとデジタル家電
平成以降最悪の被害、障害者殺傷事件の深層に迫る『NHKスペシャル』
[09:00 7/31] エンタメ
さんま、中居へのSMAP騒動直撃は「本当にファンの気持ちで…」
[09:00 7/31] エンタメ
パンケーキや豚カツをプラス!? "進化系冷やし中華"を自宅で再現してみた!
[09:00 7/31] 趣味