マイナビニュース | パソコン (PC) | Windows (Windows 10、 Windows 8.1)

関連キーワード

新着記事

一覧

iiyama PC、第7世代Intel Coreプロセッサ搭載のスタンダードデスクトップPC

ユニットコムは18日、iiyama PCブランドの「STYLE∞」より、CPUに最新の第7世代Intel Coreプロセッサを搭載したミニタワーデスクトップPCを発売した。価格は税込77,738円から。

[22:48 1/18]

Windowsスマートチューニング 第426回 Win 10編: <完全に削除>をコンテキストメニューに追加する

こんにちは、阿久津です。Microsoftは今から約20年前にリリースしたWindows 95以降、ファイルを削除する前の一時退避領域として、デスクトップに「ごみ箱」を用意してきました。

[20:06 1/18]

新着記事

一覧

デル、16時間バッテリ駆動の12.5型/14型ビジネスUltrabook

デルは17日、ビジネス向けUltrabook「Latitude 7000」シリーズを発売した。画面サイズが12.5型と14型の2モデルを用意する。

[19:49 1/17]

デル、12.5型/14型/15.6型のビジネス向けノートPCを3モデル

デルは17日、ビジネス向けのノートPC「Latitude 5000」シリーズを発売した。12.5型 / 14型 / 15.6型の3モデルを用意する。

[19:49 1/17]

デル、クリエイター向けの15型モバイルワークステーションを2モデル

デルは17日、15型のモバイルワークステーション「Precision 15 3520」「Precision 15 5520」の2モデルを発売した。価格は179,980円から(税別)。

[19:48 1/17]

ドスパラ、FF14推奨PCに「Kaby Lake」搭載モデルを追加

サードウェーブデジノスは17日、同社のゲーミングPC「GALLERIA」で展開する「ファイナルファンタジーXIV」推奨PCのラインナップに、"Kaby Lake"こと第7世代Intel Coreプロセッサ搭載モデルを追加し、PCショップ「ドスパラ」にて販売を開始した。価格は税別144,980円から。

[17:44 1/17]

エプソンダイレクト、Kaby Lakeの搭載に対応したデスクトップPC 2モデル

エプソンダイレクトは17日、幅広いBTOに対応し、"Kaby Lake"こと第7世代Intel Coreプロセサの搭載も可能なミドルタワーPC「Endeavor Pro5800」と、スリムタワーPC「Endeavor MR4700E」を発売した。基本構成時の価格は「Endeavor Pro5800」が税別162,000円から、「Endeavor MR4700E」が税別99,800円から。

[15:45 1/17]

レノボ、Intel Core iシリーズ搭載の12.2型Windowsタブレット「Miix 510」

レノボ・jパンは17日、Windowsタブレット「Miix」シリーズの新モデルとして、12.2型ディスプレイ搭載の「Miix 510」を発表した。1月20日に発売し、直販価格は税別125,000円から。

[15:42 1/17]

レノボ、画面の大型化などスペックを大きく強化した2in1 PC「Yoga 910」

レノボ・ジャパンは17日、ディスプレイが360度開くことでノートPCやタブレットPCとして利用できる2-in-1 ノートPC「Yoga」シリーズの新モデル「YOGA 910」を日本国内で発売すると発表した。1月20日の発売を予定し、直販価格は税別155,000円から。

[12:37 1/17]

ツクモ、「ファンタシースターオンライン2」推奨PCにKaby Lake搭載モデル

TSUKUMOブランドでPCおよびPC周辺機器を販売する、ヤマダ電機グループのProject Whiteは17日、同社のゲーミングPC「G-GEAR」で展開する「ファンタシースターオンライン2」推奨PCに、"Kaby Lake"こと第7世代Intel Coreプロセッサ搭載の新モデルを追加し、販売を開始した。価格は税別89,800円。

[10:00 1/17]

iiyama PC、Office標準搭載のビジネス向けPC 3モデル

ユニットコムは16日、iiyama PCブランドの「STYLE∞」より、Microsoft Office Personal Premiumを標準搭載したビジネス向けPCを発売した。デスクトップPCとして「STYLE-M012-i5-HFS Office SET」と「STYLE-M012-i7-HFS Office SET」の2モデル、ノートPCとして「Stl-15HP034-C-EES Office SET」の計3モデルをそろえる。

[22:54 1/16]

Creators Updateで変わるWindows 10のプライバシー管理 - 阿久津良和のWindows Weekly Report

Windows 10に関するプライバシーポリシーが、次期大型アップデート「Windows 10 Creators Update」で変わるという。

[17:52 1/16]

日本HP、ブロック風モジュールで機能を拡張可能な小型デスクトップPC

日本HPは1月16日、ビジネス向けの小型デスクトップPC「HP Elite Slice」を発表した。ペースPCに「積み木」を重ねるように、オプションモジュールを追加できる。2月中旬から出荷を開始し、構成によって3種類の基本モデルを用意、価格は148,000円前後から。なお、直販サイト「HP Directplus」では2月中旬から販売される。

[14:09 1/16]

Windows 10ミニTips 第150回 OneDriveクライアントをアンインストール&再インストールする

以前はアンインストールが困難だったOneDriveクライアントだが(システムファイルと連携していたため)、最近は簡単な操作でアンインストール可能になった。そこで今回は、OneDriveクライアントのアンインストールと再インストール方法を紹介する。

[00:00 1/14]

Windows 10 Insider Previewを試す(第79回) - 久々のPC&モバイル同時更新となるOSビルド15007登場

2017年1月12日(以下すべて米国日時)、MicrosoftはWindows 10 Insider Preview ビルド15007を、ファーストリングを選択したPCおよびモバイル向けにリリースした。同社はMicrosoft Edgeのさらなる改善を加えつつ、システム周りをさらに磨き上げている。

[19:33 1/13]

Windowsスマートチューニング 第425回 Win 10編: アクションセンターを開いた「まま」にする

こんにちは、阿久津です。Windows 10のアクションセンターを開く方法は、デスクトップ右端からスワイプする、[Win]+[A]キーを押す、通知領域の通知アイコンをクリックする、以上の3通りがあります。

[17:56 1/13]

Windows 10ミニTips 第149回 Windows Defenderのスキャン動作を観察してみる

Windows 10の標準ウイルス対策ツールである「Windows Defender」には、「クイック」「フル」「カスタム」と3つのスキャンオプションが用意されている。この違いは何だろうか? 今回はスキャンオプションの差を確認してみたい。

[10:47 1/13]

CES 2017 - LGの薄型軽量ノート「gram」がKaby Lake搭載とタッチ対応でパワーアップ

LG Electronicsは、米ラスベガスで開催されたCES 2017に出展。このうち、2.57mmの薄さで壁に貼れる有機ELテレビや、AIを活用したスマート家電などについては、すでにブースレポートをお伝えしているが、ここでは、薄型軽量モバイルノートPC「gram」シリーズをはじめとするPC関連の展示内容を紹介する。

[21:07 1/12]

マイクロソフト、月例セキュリティ更新(1月) - 「緊急」1件、「重要」3件の脆弱性

日本マイクロソフトは11日、毎月定例で提供している月例のセキュリティ更新プログラム(月例パッチ)の1月分を公開した。2017年最初の更新プログラムとなる今回は4件の脆弱性情報が公開され、深刻度がもっとも高い「緊急」が1件、2番目に高い「重要」が3件となっている。すでに公開が確認されている脆弱性もあり、対象となるユーザーは早急のアップデートが推奨されている。

[17:40 1/11]

Windows 10 Insider Previewを試す(第78回) - 大規模な修正を加えたOSビルド15002登場・後編

2017年1月9日(以下すべて米国日時)、MicrosoftはWindows 10 Insider Preview ビルド15002を、ファーストリングを選択したPC向けにリリースした。Microsoft Edgeの改善や「設定」の更新、デスクトップテーマのサポートなど大規模な変更が加わっている。前回の記事と合わせてご覧頂きたい。

[15:09 1/11]

Microsoft、Windows 10 Creators Updateでプライバシー設定を改善

米Microsoftは1月10日(現地時間)、Windowsユーザーのプライバシー保護と個人情報の管理を改善する施策を発表した。同日よりWeb版のプライバシー・ダッシュボードの提供を開始、またWindows 10 Creators Updateでプライバシー関連の設定プロセスを刷新する。

[12:20 1/11]

Windows 10 Insider Previewを試す(第77回) - 大規模な修正を加えたOSビルド15002登場・前編

2017年1月9日(以下すべて米国日時)、MicrosoftはWindows 10 Insider Preview ビルド15002を、ファーストリングを選択したPC向けにリリースした。Microsoft Edgeの改善や「設定」の更新、デスクトップテーマのサポートなど大規模な変更が加わっている。

[17:26 1/10]

Windows 10プレビュー版ビルド15002、Creators Updateの新機能多数

米Microsoftは1月9日(現地時間)、PC向けの「Windows 10 Insider Preview Build 15002」をWindows Insider PreviewプログラムのFastリングにリリースした。Windows 10 Creators Updateでの提供を予定している数多くの新機能を含む。

[11:39 1/10]

CES 2017 - DELL、タッチ/ペン対応「Canvas 27」や8K液晶などでクリエイターを強力支援

米ラスベガスで開催中のCES 2017で、DELLが製品発表会を開催。すでに13.3型2in1ノートPC「XPS 13 2-in-1」など、コンシューマー製品について紹介しているが、発表会ではクリエイター向け製品でも強力な製品が続々と登場した。

[03:28 1/8]

CES 2017 - PC関連の製品も充実のASUS、ZenBook 3の14型モデルなどを展示

既報の通り、ASUSは米ラスベガスで開催中のCES 2017に合わせて、製品説明会を開催し、ZenFoneシリーズの新製品を発表したが、メディア向けの展示会場では、ZenFoneだけでなく、PC関連の新製品も多数展示されていた。

[20:26 1/7]

MSI、新たに35モデルのゲーミングノートPCを発表 - 全機種にKaby Lake世代のIntel Core i7を搭載

エムエスアイコンピュータージャパンは1月6日、実に「35」モデルのゲーミングノートPCをそろえ、新製品の発表会を開催した。全モデルに、第7世代Intel Coreプロセッサ(開発コードネーム:Kaby Lake)のIntel Core i7と搭載しているのが特徴だ。

[20:07 1/7]

Windows 10ミニTips 第148回 無線LANのアクセスポイント情報を復元する

前回は無線LANアクセスポイントの情報をバックアップする方法を紹介した。今回は、無線LANのアクセスポイント情報をバックアップしたファイルから、アクセスポイント情報を復元する方法だ。

[00:00 1/7]

アーク、第7世代Intel Core搭載のBTO PCを7モデルとキャンペーン

パソコンショップアークは6日、第7世代Intel Coreプロセッサ(開発コードネーム:Kaby Lake)を搭載したBTO PC(7モデル)を発表した。税込価格は119,800円から。あわせて発売記念キャンペーンも開催する。

[15:33 1/6]

マウス、クリエイター向け「DAIV」デスクトップPCにKaby Lake搭載モデル

マウスコンピューターは6日、クリエイター向けPCブランド「DAIV」シリーズより、第7世代Intel Coreプロセッサ(開発コードネーム:Kaby Lake)を搭載したデスクトップPC5モデルを発売した。価格は99,800円から(税別)。

[11:00 1/6]

ツクモ、第7世代Intel Coreプロセッサ「Kaby Lake」搭載PCを販売開始

TSUKUMOブランドでPCおよびPC周辺機器を販売する、ヤマダ電機グループのProject Whiteは6日、同社製BTO PC「G-GEAR」より、第7世代Intel Coreプロセッサ(開発コードネーム:Kaby Lake)搭載PCの販売を開始した。ミドルタワーモデルの価格は税別84,800円から、ミニタワーモデルは税別69,800円から。

[09:00 1/6]

バックナンバー

このカテゴリーについて (パソコン>Windows)

 トップへ
Windows OSに関連する最新ニュース情報、使いこなしハウツーなどをお届け。

人気記事

一覧

新着記事