マイナビニュース | パソコン (PC) | ワコム (wacom) | ヘッドライン(1ページ目)

ヘッドライン

2017年11月15日(水)

【特別企画】ヨシダナギの作品づくりのルーツを丸裸に! - 創造の極意を聞いてみた(後編)

前編にて、自身の撮影手法について語り、中編では"撮影・レタッチにおける手法や制作環境"について紹介したヨシダナギさん。後編では、一番印象に残っている撮影など、これまでの作品制作に関するエピソードなどを伺った。

[11:30 11/15]

2017年11月07日(火)

ワコム、3ボタンを備えた新型デジタイザペン - 筆圧8,192レベル対応

ワコムは7日、Wacom Intuos Proなど同社製タブレットなどで使用できる筆圧対応デジタルペン「Wacom Pro Pen 3D」を発表した。家電量販店や直販サイト「ワコムストア」などで取り扱う。直販価格は税別11,000円。

[14:00 11/7]

2017年11月02日(木)

【特別企画】ヨシダナギの作品づくりのルーツを丸裸に! - 創造の極意を聞いてみた(中編)

前編にて、アフリカに対して興味のない人に、どうしたら(アフリカに)興味を持ってもらえるかを考えた末に「ドキュメント(記録)としての写真ではなく、ファンタジーとしての、物語や伝説といったものを感じさせるような、構図や色彩に辿り着いた」ことを明かしたヨシダナギさん。中編では、そういった作品を生み出すための"撮影・レタッチにおける手法や制作環境"について伺っていく。

[08:00 11/2]

2017年10月31日(火)

【特別企画】ヨシダナギの作品づくりのルーツを丸裸に! - 創造の極意を聞いてみた(前編)

アフリカの少数民族に魅せられ、民族との距離を縮め、「一番かっこいい」姿を撮りたい一心で、自らも服を脱ぎ捨て裸となったことが話題となったフォトグラファー ヨシダナギ。幼少期から抱いていたというアフリカへの憧れに導かれるようにして、現在のライフワークへと辿り着いた軌跡を追いながら、撮影・レタッチにおける手法や制作環境について伺った。

[15:28 10/31]

2017年10月30日(月)

会社の会議、PCやスマホを持ち込む率は4割強

ワコムは30日、会社で行われる「会議」をテーマにしたアンケート調査の結果を公開した。アンケートは日英それぞれで20歳以上の男女を対象とし、英国では2017年6月2日~7日、日本では2017年8月28日~29日に実施。日本ではアンケート調査会社「アンとケイト」を通じ、オンライン上で1,000人を対象に調査した。

[19:43 10/30]

2017年10月12日(木)

【連載特別企画】プロ漫画家・高田サンコのデジタルで描きたい! 第1回 漫画家にお薦めのタブレットってどれですか?

デジタル環境でのマンガ制作に関心がありつつ、何から手を付ければ良いのか分からずにいた、アナログ漫画家・高田サンコ先生が、マイナビ編集部の協力の下、デジタル環境を整えてデジタル作画に挑戦することになった。本連載は高田先生がデジタル漫画家になるまでの道のりを、読者とともに追体験していくリアルなルポルタージュだ。

[12:38 10/12]

2017年09月08日(金)

【特別企画】『バディゴ!』黒崎みのり先生と一緒にペンタブレット「Intuos」で漫画家体験

ワコムはこのほど、小学4年生から中学3年生までを対象にした「クリエイティブ法人ワコム学園 夏季特別研究会」を実施。2つ開かれた講座のうち「マンガ家への道」では、講師に集英社の少女まんが雑誌「りぼん」で『バディゴ!』を連載中の漫画家・黒崎みのり氏を招き、マンガの描き方や漫画家になるために大切なことなどについてレクチャーを行った。

[10:09 9/8]

2017年08月31日(木)

【特別企画】"モンハン"のモンスターを自分でデザイン! ペンタブを使った「ゲームクリエイターへの道」

ワコムはこのほど、「クリエイティブ法人ワコム学園 夏季特別研究会」として、「ゲームクリエイターへの道」講座を実施した。カプコンのキャラクターデザイナー、みみま先生とよこやまだ先生を講師に招き、子供たちにゲームのキャラクターデザイナーという仕事について講話した。

[13:50 8/31]

2017年08月27日(日)

Surfaceでも使える! ワコムの新スタイラス「Bamboo Ink」が面白い - 第3回 ふたつの規格で使った時の違いとは?

ワコムが7月31日に発表、8月4日に発売した「Bamboo Ink」は、Windows搭載タブレットや2 in 1 PCなどで利用できるスタイラスペンです。最大の特徴はワコムAESテクノロジーとMicrosoft Penプロトコルの両規格に対応していること。今回は2つの規格で使った時の違いを紹介していきます。

[12:02 8/27]

2017年08月20日(日)

Surfaceでも使える! ワコムの新スタイラス「Bamboo Ink」が面白い - 第2回 気になる使い勝手は?

ワコムが7月31日に発表、8月4日に発売した「Bamboo Ink」は、Windows搭載タブレットや2 in 1 PCなどで利用できるスタイラスペンです。最大の特徴はワコムAESテクノロジーとMicrosoft Penプロトコルの両規格に対応していること。もちろんそもそもスタイラスに対応していないPCでは利用できませんが、下記のとおり非常に多くのタブレットや2in PCをサポートしています。

[11:21 8/20]

2017年08月18日(金)

【特別企画】歴史を紐解く! 「Intuos」の名前の由来を知っていますか?

突然だが、皆さんはワコムのペンタブレット「Intuos」の名前の由来をご存知だろうか。

[16:15 8/18]

2017年08月12日(土)

Surfaceでも使える! ワコムの新スタイラス「Bamboo Ink」が面白い - 第1回 なにができるの?

ワコムが7月31日に発表、8月4日に発売した「Bamboo Ink」は、Windows搭載タブレットや2 in 1 PCなどで利用できるスタイラスペンです。最大の特徴はワコムAESテクノロジーとMicrosoft Penプロトコルの両規格に対応していること。もちろんそもそもスタイラスに対応していないPCでは利用できませんが、下記のとおり非常に多くのタブレットや2in PCをサポートしています。

[11:18 8/12]

2017年08月10日(木)

あの作品の裏側は? ワコム、人気漫画・アニメ・ゲームの制作環境を紹介

ワコムは10日、アニメやマンガ、ゲームなどの作品の舞台裏を紹介する「#あの作品の制作環境が見たい」スペシャルキャンペーンを開催すると発表した。一定期間ごとに特定の作品に焦点を当てて、その制作現場で使用している機材やソフトウェアの紹介に加え、クリエイターへのインタビューなども掲載する。開催期間は10月3日まで。

[19:09 8/10]

2017年08月09日(水)

【特別企画】歴史を紐解く! ペンタブレットの誕生はいつ?

クリエイターであれば、一度は聞いたことのあるだろう社名 ワコム。しかし、同社が日本の企業だということをご存知だろうか。

[19:34 8/9]

2017年08月03日(木)

【特別企画】歴史を紐解く! 最新機種「Wacom Intuos Pro」のチカラとは

ワコム ペンタブレットの最新機種「Wacom Intuos Pro」の秘密にせまるインタビュー。今回は、2017年にリリースされた「Wacom Intuos Pro」について、ワコムクリエイティブ・ビジネス・ユニット プロダクトマーケティング担当の小幡幸結氏にお話を伺った。

[17:30 8/3]

2017年08月02日(水)

新たなバージョンアップで「ZBrush」はさらなる進化を遂げる - ワンフェス2017[夏]

7月30日、世界最大級のガレージキットイベント「ワンダーフェスティバル2017[夏]」が千葉県・幕張メッセにて開催。ワコムブースでは、毎回、体験コーナーを設置し、今回は液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq Pro」と「Wacom MobileStudio Pro」と、CG/Game/VFX制作向け3Dモデリングツール「ZBrush」(ズィーブラシ)を体験できた。

[13:37 8/2]

2017年08月01日(火)

デジタルモデリング女子再び! コスプレイヤー美環氏、「ZBrush Core」の魅力を大いに語る -ワンフェス2017[夏]

7月30日、世界最大級のガレージキットイベント「ワンダーフェスティバル2017[夏]」が千葉県・幕張メッセにて開催された。ワコムブースでは、液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq Pro」と「Wacom MobileStudio Pro」と、CG/Game/VFX制作向け3Dモデリングツール「ZBrush」(ズィーブラシ)の体験コーナーを設置し、人気を集めていた。

[13:18 8/1]

2017年07月31日(月)

「ZBrush」日本語化でデジタル3D制作を手軽に学べる時代へ - ワンフェス2017[夏]

2017年7月30日に、世界最大級のガレージキットイベント「ワンダーフェスティバル2017[夏]」が千葉県・幕張メッセにて開催された。デジタル原型を制作するのに欠かせないツールとしては、原型製作向け3Dモデリングツール「ZBrush」(ズィーブラシ)にも注目が集まっている。

[18:31 7/31]

ワコム、MPP/AESに両対応したスタイラスペン「Bamboo Ink」を8月発売

ワコムは31日、MicrosoftのMicrosoft Penプロトコル(MPP)対応ディスプレイと、自社のアクティブES(アクティブ静電結合方式: AES)プロトコル対応ディスプレイの両方で使用できるスタイラスペン「Bamboo Ink」を国内発表した。発売日は8月4日。直販の「ワコムストア」価格は税別8,980円。

[12:00 7/31]

2017年07月24日(月)

【特別企画】ワコム、タブレットやスマホでの「お絵描き」に関する調査結果を発表

ワコムはこのほど、タブレットやスマホで絵を描いている10代~60代の男女198名を対象に「お絵描き」に関する調査を6月21日~22日の期間に実施し、その実態調査結果をまとめたインフォグラフィック『イマドキはお絵描きやスケッチもデジタル化?! タブレットやスマホでのお絵描き事情調査』を公開した。

[10:58 7/24]

【特別企画】『君の名は。』キャラデザを担当した田中将賀が語る、アニメ業界の作画環境

世界中の話題をさらった『君の名は。』など、多数の大ヒットアニメで活躍するアニメーター・田中将賀さん。そんな田中さんに、プロのニーズに最高峰の性能で応えるペンタブレット「Wacom Cintiq Pro 16」の感想と、アニメ業界の作画環境について伺いました。

[07:00 7/24]

2017年07月18日(火)

【特別企画】外付キーボードで作業がグッと快適に - ろう飼い主の「Wacom MobileStudio Pro 13」レビュー(後編)

こんにちは、[マイナビニュースの「ライフスタイル」でオウム(鳥)4コマを描いている、ろう飼い主と申します。前回(記事はコチラ)に続き、今回は「Wacom MobileStudio Pro 13」(以下、MobileStudio Pro 13)に付属しているWacom Pro Pen 2を使ってイラストを描いてみた一部始終をご紹介します。

[11:30 7/18]

2017年07月12日(水)

ワコム、漫画家・黒崎みのり氏らを招いた子ども向け夏休み企画

ワコムは、漫画家・黒崎みのり氏や、カプコンのキャラクターデザイナー・みみま氏、よこやまだ氏を講師に招く夏休み企画「クリエイティブ法人ワコム学園 夏季特別研究会」を8月1日に開催する。対象は小学4年生から中学3年生まで。会場は東京都・新宿区のワコム東京支社。募集人数は各回、講座ごと10名。

[18:54 7/12]

【特別企画】コードレス最高! オウムの近くで作業ができるモバイル液タブ - ろう飼い主の「Wacom MobileStudio Pro 13」レビュー(前編)

こんにちは、オウム(鳥)4コマを描いているろう飼い主と申します。普段愛用している液晶ペンタブレット(液タブ)は「Wacom Cintiq 13 HD」(ペンはWacom KP-501E-01X)。よく使用しているソフトはAdobe Illustrator(イラストの線を綺麗にしたり、文字を配置したり) Photoshop(印刷物用の色調整や加工がメイン)CLIP STUDIO PAINT(マンガやイラスト制作に)、Gimp(馴染のフリーソフト、4コマの着色に)です。

[14:00 7/12]

2017年07月11日(火)

ワコム、液タブ「Wacom Cintiq Pro」に4K対応の24型/32型モデル追加

ワコムは11日、13型/16型をラインナップしている「Wacom Cintiq Pro」シリーズに、4K対応の24型モデル、32型モデルを追加する。大型のデジタルキャンバスで作品作りをするクリエイターに向け、24型/32型の大画面モデルを追加。発売は2018年初頭を予定し、価格は240,000円から360,000円を想定している。

[14:33 7/11]

2017年06月22日(木)

「Wacom Inkspaceアプリ」iOS版がアップデート、同期機能など改善

ワコムは20日、同社アプリ「Wacom Inkspaceアプリ」のiOS版をアップデートした。本体の上に置いた紙に手書きしたデータをデジタル化できる「Intuos Pro Paper Edition」や「Bamboo」シリーズ用のアプリ。アプリのパフォーマンスや、データ同期機能の問題が改善されている。最新バージョンは2.1.0で、対応OSはiOS 9.0以降。

[18:18 6/22]

ワコム、Bambooシリーズ紹介ブログに「仕事効率化」情報を追加

ワコムは、「Bamboo Slate」や「Bamboo Folio」などのデジタル文具を使った情報を紹介するブログ「Bamboo Blog」にて、「仕事効率化」に関する情報を掲載するページを設けた。

[12:15 6/22]

2017年06月09日(金)

ワコム、紙に書いた内容をスマートデバイスに取り込めるクリップボード

ワコムは6月7日、紙にペンで記入した内容をそのままデジタル化できる、業務用のクリップボード「PHU-111」を発表した。病院の問診票、各種機関の申請用紙といった利用を想定している。対応機器は、iOS端末、Android端末、Windows 7以降の端末。7月下旬から発売し、価格はオープン。

[18:51 6/9]

2017年06月01日(木)

ワコム、iPad Proなどで使える2048レベル筆圧検知のペン「Bamboo Sketch」

ワコムは6月1日、iOS専用のハイエンド・スマートスタイラスペン「Bamboo Sketch」を発表した。紙にペンで描くような自然な描き心地を提供し、特定のアプリと組み合わせることで2,048レベルの筆圧検知に対応する。6月2日から発売する。ワコムストアでの価格は8,980円(税別)。

[19:11 6/1]

2017年05月29日(月)

【特別企画】グラフィックデザイナーがふたつの"ペン"を試す - 最新ペンタブ「Wacom Intuos Pro Paper Edition」

作画制作にあたってのデジタル作業は今や常識となったが「とはいっても、どうしても紙から離れられなくて……」という人(まさに私です)もまだまだいるのではないだろうか。そんな人にオススメな製品がワコムからついに登場したペンタブレット「Wacom Intuos Pro Paper Edition」だ。

[12:30 5/29]

2017年05月24日(水)

ワコム、直販サイトにスタイラスペン「Bamboo Fineline」のカラバリ追加

ワコムは、極細ペン先を採用するスタイラスペン「Bamboo Fineline」のカラーバリエーション3色を、直販の「ワコムストア」に追加した。極細ペン先を採用するスタイラスペンの第3世代モデル。2017年1月に販売開始していたが、当初はブラック1色のみがラインナップされていた。直販価格は税込8,078円。

[18:32 5/24]

2017年05月09日(火)

【連載特別企画】ペンタブレット「Wacom Intuos Pro」にPaper Editionが! その実力は? 第3回 セットアップはたったの○分

新しいペンタブレットを使う上で、必要となるのがドライバのインストール。久しぶりのセットアップ作業で、滞りなく完了できるかやや不安だったのですが、実際に進めてみるとものすごく簡単!な作業でした。

[20:30 5/9]

2017年04月12日(水)

【特別企画】発売迫る! ワコムの液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq Pro 16」をいち早くチェック

ワコムから4月18日に発売される液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq Pro 16」。今回、発売間近の製品を体験することができたので、その使用感をレビューしたい。なお筆者は日頃、ペンタブレットはIntuos 5シリーズを使用している。「板タブ」ユーザーの視点から感じた操作性の違いや、液晶タブレットの魅力についても紹介していきたい。

[16:00 4/12]

2017年04月07日(金)

Bamboo Slateのある生活 - DAY10 イラストで振り返るBambooとの5カ月(最終回)

いよいよ、この連載も最終回。とりとめもない感想をBamboo Slateで描いたイラストを交えてまとめてみよう。思い返せば、最初にFolioタイプの「Bamboo Spark」を使ったのは、2016年の5月。台北の展示会、COMPUTEXでの取材でも活用した。その後、ワコムの担当者と話す機会があり、希望を伝えたところ、(同様の要望が多かったとみられ)改善された新製品も出てきた。

[15:07 4/7]

2017年03月30日(木)

【連載特別企画】ペンタブレット「Wacom Intuos Pro」にPaper Editionが! その実力は? 第2回 いざ、開封!!

ペンタブレットというデジタルなツールでありながら、紙にアナログで描いた線描をそのままデータ化して取り込めるという性能を持つ「Wacom Intuos Pro Paper Edition」。今回は早速、そのパッケージを開封していきたいと思います!

[19:13 3/30]

4K対応の15.6型液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq Pro 16」が4月18日発売

ワコムは30日、液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq Pro 16」(DTH-1620/K0)を4月18日から販売すると発表した。Wacom Cintiq Pro 16は3,840×2,160ドットの15.6型液晶を採用したペンタブレット。2016年11月16日に発表した製品で、価格や発売日などの詳細は未定だった。30日から直販サイトなどで予約受付開始。直販価格は税別168,000円。

[12:20 3/30]

2017年03月16日(木)

Bamboo Slateのある生活 - DAY9 オリジナルのスタンプを作成する

紙の書類作業で便利なアイテムのひとつが、スタンプである。日本語では「印」だが、印鑑よりもスタンプの方が幅広く日常生活で使うイメージだ。筆者も住所スタンプや封筒に押す「請求書在中」スタンプ、「済」スタンプなどを所有している。

[06:00 3/16]

2017年03月08日(水)

Bamboo Slateのある生活 - DAY8 2つ折りのフォリオタイプ「Bamboo Folio small」と比べてみた

1月26日、Bambooシリーズに新たに「Bamboo Folio small」が登場。使用するメモパッドは、これまでレビューしてきた「Bamboo Slate small」と同じA5サイズだ。何が違うのか、どんな基準でどちらを選べば良いか判断するため、実機を借用してみた。

[06:00 3/8]

2017年03月07日(火)

ワコム、手書き文字やイラストを「3Dデジタルインク」化するコンセプト機

ワコムは、一般的な普通紙に手書きした文字やイラストを「デジタルインク」に変換し、さらに「3Dインク」としてVR空間で表現するコンセプトモデルを開発。米オースティンで開催の「South x Southwest」で展示する。

[19:34 3/7]

2017年03月02日(木)

【特別企画】持ち運べる、紙に描ける、スグ取り込める、最新ペンタブレット「Wacom Intuos Pro Paper Edition」って?【後編】

紙とペンタブレットのバリアフリーをもたらした「Wacom Intuos Pro Paper Edition」の発売記念イベントが都内で行われた。本レポートでは、梵天の村上裕一代表が聞き手となり、ワコム エンジニアリング&QA シニアバイスプレジデントの稲田祐一氏が語った、同モデルの狙いや使い勝手のよさを紹介していく。

[15:34 3/2]

2017年02月28日(火)

【連載特別企画】ペンタブレット「Wacom Intuos Pro」にPaper Editionが! その実力は? 第1回 ペンタブなのに、紙??

こんにちは! クリエイターの「のでこ」です。普段はイラストを描いたり、デザインをしたり、時々ライターのお仕事もさせて頂いたりと、気の赴くままにクリエイターとして暮らしています。

[20:29 2/28]

ジョジョを手がけた制作会社が語る「絵コンテ」デジタル化のメリット - アニメ制作者向けフォーラム「ACTF2017」

アニメ業界におけるペーパーレス作画をテーマにした大規模フォーラム「アニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム2017」(以下、ACTF2017)が2月11日に開催され、大勢のアニメ関係者で賑わった。本稿では、イベントイントロダクションおよびデイヴィッドプロダクションによる事例を紹介する。

[11:30 2/28]

2017年02月24日(金)

【特別企画】持ち運べる、紙に描ける、スグ取り込める、最新ペンタブレット「Wacom Intuos Pro Paper Edition」って?【前編】

1月下旬にリリースされた「Wacom Intuos Pro」と「Wacom Intuos Pro Paper Edition」。これらのモデルの発売記念イベントがこのほど、東京・西新宿の特設会場で開かれ、マーケティング担当者や製品開発者たちに話を聞く機会を得た。そこで、本企画では前後編の2回に分けてその内容をお伝えしていく。まず前編では、製品の詳細についてご紹介していく。

[13:39 2/24]

CP+2017 - ワコムはペンタブ製品のじっくりタッチ&トライ、プロのセミナーも好評

カメラと写真のワールドプレミアショー「CP+2017」が23日、パシフィコ横浜で開幕した。ワコムのブースでは、写真家がレタッチに活用できる「Wacom MobileStudio Pro」シリーズの新製品などを紹介。各種のセミナーも開催されている。

[11:11 2/24]

2017年02月22日(水)

ついに日本語対応した「ZBrush Core」の入門講座がワコムブースで開催 - ワンフェス2017[冬]

2月19日に幕張メッセで行われた国内最大の造形イベント「ワンフェス2017[冬]」。ワコムブースでは、液晶ペンタブレット「Cintiq 27 QHD」と、Windows 10搭載タイプの液晶ペンタブレット「Wacom MobileStudio Pro」を設置し、CG/Game/VFX制作向け3Dモデリングツール「ZBrush」(ズィーブラシ)開発元のPixologicとタッグを組んでブースを出展し、注目を集めていた。

[06:00 2/22]

2017年02月21日(火)

デジタルモデリング女子、「ZBrush Core」を本音でトーク - ワンフェス2017[冬]

2月19日に幕張メッセで行われた国内最大の造形イベント「ワンフェス2017[冬]」。ワコムブースでは、液晶ペンタブレット「Cintiq 27 QHD」と「Wacom MobileStudio Pro」を設置し、原型製作ソフト「ZBrush」(ズィーブラシ)とタッグを組み、ブースを出展した。また、「ZBrush」の簡易版「ZBrush Core」を同梱した液晶ペンタブレット「Intuos 3D」の体験コーナーもPixologicブースに展開し、注目を集めていた。

[18:04 2/21]

2017年02月20日(月)

新たな「ZBrush Core」の登場でさらに加熱するデジタル3D制作 - ワンフェス2017[冬]

2月19日に千葉県・幕張メッセで開催された世界最大級のガレージキットイベント「ワンダーフェスティバル2017[冬]」が開催された。現在、ホビー分野で注目されているのが、デジタル3D制作のマーケット。ペンタブレットの老舗、ワコムは3Dモデリングツール「ZBrush」の開発元であるPixologicと連携し、液晶ペンタブレットでの3D制作を体験できるブースを展開していた。

[13:11 2/20]

2017年02月16日(木)

ワコム、CP+2017でプロ向けペンタブ「Wacom Intuos Pro」使ったセミナー

ワコムは16日、「CP+2017」への出展を発表した。2017年1月19日に発売されたばかりのペンタブレット「Wacom Intuos Pro」を使ったレタッチ講座などを実施する。ブース番号はM-05。

[13:21 2/16]

Bamboo Slateのある生活 - DAY7 紙の「ToDoリスト」でゲーム的にタスクをこなす

日のToDo、どう管理してる? 記憶のみで処理しているという人もいるかもしれないが、多くは手帳やスマホなど何らかのツールに頼っているだろう。昔から、様々な方法が考案されているタスク管理だが、私はデジタルとアナログの両方で行っている。今回は、それらを「Bamboo Slate」と連携させてみた。

[06:00 2/16]

2017年01月30日(月)

【特別企画】人気セレクトショップ「SHIPS」プレスの仕事術 - ワコムのBamboo Slateを試してもらった

「報告、連絡、相談」はビジネスマンの基本。メモはそのすべてに通じ、電話や伝言、打ち合わせなど多くの場面で活躍する重要な存在だ。「Bamboo Slate」は、そうしたメモや覚え書きにぴったりなツール。ワコムから販売しているデジタルノート、Bamboo スマートパッドシリーズの最新版だ。今回は、30~40代のビジネスマンには欠かせないセレクトショップ「SHIPS」のプレス今竜太さんに使っていただき、その感想をうかがった。社外とのやりとりも多いと語る今さんは、どのように活用したのだろうか。

[15:37 1/30]

バックナンバー

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事