マイナビニュース | パソコン (PC) | ワコム (wacom)

イチオシ記事

【特別企画】歴史を紐解く! 「Intuos」の名前の由来を知っていますか?

突然だが、皆さんはワコムのペンタブレット「Intuos」の名前の由来をご存知だろうか。

[16:15 8/18]

安心のメーカー直販 ワコムストア 今月のオススメ商品!!PR

3D、イラスト、マンガ、写真加工。好みに合わせて選べるIntuos

あなたの楽しみたい!を叶えるIntuosシリーズ。公式ワコムストアならお得な限定セットも豊富です。

アナログからデジタルへ3つのモデル展開のBamboo スマートパッド

ノートに書きとめたアイデアをボタン1つでデジタル化して共有できるデジアナ文具。手書きメモのテキスト化も可能です。

スペシャルPR

[19:34 8/9]

【特別企画】歴史を紐解く! ペンタブレットの誕生はいつ?

クリエイターであれば、一度は聞いたことのあるだろう社名 ワコム。しかし、同社が日本の企業だということをご存知だろうか。

[17:30 8/3]

【特別企画】歴史を紐解く! 最新機種「Wacom Intuos Pro」のチカラとは

ワコム ペンタブレットの最新機種「Wacom Intuos Pro」の秘密にせまるインタビュー。今回は、2017年にリリースされた「Wacom Intuos Pro」について、ワコムクリエイティブ・ビジネス・ユニット プロダクトマーケティング担当の小幡幸結氏にお話を伺った。

[10:58 7/24]

【特別企画】ワコム、タブレットやスマホでの「お絵描き」に関する調査結果を発表

ワコムはこのほど、タブレットやスマホで絵を描いている10代~60代の男女198名を対象に「お絵描き」に関する調査を6月21日~22日の期間に実施し、その実態調査結果をまとめたインフォグラフィック『イマドキはお絵描きやスケッチもデジタル化?! タブレットやスマホでのお絵描き事情調査』を公開した。

関連記事

Surfaceでも使える! ワコムの新スタイラス「Bamboo Ink」が面白い - 第2回 気になる使い勝手は?

ワコムが7月31日に発表、8月4日に発売した「Bamboo Ink」は、Windows搭載タブレットや2 in 1 PCなどで利用できるスタイラスペンです。最大の特徴はワコムAESテクノロジーとMicrosoft Penプロトコルの両規格に対応していること。もちろんそもそもスタイラスに対応していないPCでは利用できませんが、下記のとおり非常に多くのタブレットや2in PCをサポートしています。

[11:21 8/20]

Surfaceでも使える! ワコムの新スタイラス「Bamboo Ink」が面白い - 第1回 なにができるの?

ワコムが7月31日に発表、8月4日に発売した「Bamboo Ink」は、Windows搭載タブレットや2 in 1 PCなどで利用できるスタイラスペンです。最大の特徴はワコムAESテクノロジーとMicrosoft Penプロトコルの両規格に対応していること。もちろんそもそもスタイラスに対応していないPCでは利用できませんが、下記のとおり非常に多くのタブレットや2in PCをサポートしています。

[11:18 8/12]

あの作品の裏側は? ワコム、人気漫画・アニメ・ゲームの制作環境を紹介

ワコムは10日、アニメやマンガ、ゲームなどの作品の舞台裏を紹介する「#あの作品の制作環境が見たい」スペシャルキャンペーンを開催すると発表した。一定期間ごとに特定の作品に焦点を当てて、その制作現場で使用している機材やソフトウェアの紹介に加え、クリエイターへのインタビューなども掲載する。開催期間は10月3日まで。

[19:09 8/10]

新たなバージョンアップで「ZBrush」はさらなる進化を遂げる - ワンフェス2017[夏]

7月30日、世界最大級のガレージキットイベント「ワンダーフェスティバル2017[夏]」が千葉県・幕張メッセにて開催。ワコムブースでは、毎回、体験コーナーを設置し、今回は液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq Pro」と「Wacom MobileStudio Pro」と、CG/Game/VFX制作向け3Dモデリングツール「ZBrush」(ズィーブラシ)を体験できた。

[13:37 8/2]

デジタルモデリング女子再び! コスプレイヤー美環氏、「ZBrush Core」の魅力を大いに語る -ワンフェス2017[夏]

7月30日、世界最大級のガレージキットイベント「ワンダーフェスティバル2017[夏]」が千葉県・幕張メッセにて開催された。ワコムブースでは、液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq Pro」と「Wacom MobileStudio Pro」と、CG/Game/VFX制作向け3Dモデリングツール「ZBrush」(ズィーブラシ)の体験コーナーを設置し、人気を集めていた。

[13:18 8/1]

スペシャルPR

[07:00 7/24]

【特別企画】『君の名は。』キャラデザを担当した田中将賀が語る、アニメ業界の作画環境

世界中の話題をさらった『君の名は。』など、多数の大ヒットアニメで活躍するアニメーター・田中将賀さん。そんな田中さんに、プロのニーズに最高峰の性能で応えるペンタブレット「Wacom Cintiq Pro 16」の感想と、アニメ業界の作画環境について伺いました。

[11:30 7/18]

【特別企画】外付キーボードで作業がグッと快適に - ろう飼い主の「Wacom MobileStudio Pro 13」レビュー(後編)

こんにちは、[マイナビニュースの「ライフスタイル」でオウム(鳥)4コマを描いている、ろう飼い主と申します。前回(記事はコチラ)に続き、今回は「Wacom MobileStudio Pro 13」(以下、MobileStudio Pro 13)に付属しているWacom Pro Pen 2を使ってイラストを描いてみた一部始終をご紹介します。

[14:00 7/12]

【特別企画】コードレス最高! オウムの近くで作業ができるモバイル液タブ - ろう飼い主の「Wacom MobileStudio Pro 13」レビュー(前編)

こんにちは、オウム(鳥)4コマを描いているろう飼い主と申します。普段愛用している液晶ペンタブレット(液タブ)は「Wacom Cintiq 13 HD」(ペンはWacom KP-501E-01X)。よく使用しているソフトはAdobe Illustrator(イラストの線を綺麗にしたり、文字を配置したり) Photoshop(印刷物用の色調整や加工がメイン)CLIP STUDIO PAINT(マンガやイラスト制作に)、Gimp(馴染のフリーソフト、4コマの着色に)です。

[12:30 5/29]

【特別企画】グラフィックデザイナーがふたつの"ペン"を試す - 最新ペンタブ「Wacom Intuos Pro Paper Edition」

作画制作にあたってのデジタル作業は今や常識となったが「とはいっても、どうしても紙から離れられなくて……」という人(まさに私です)もまだまだいるのではないだろうか。そんな人にオススメな製品がワコムからついに登場したペンタブレット「Wacom Intuos Pro Paper Edition」だ。

関連記事

「ZBrush」日本語化でデジタル3D制作を手軽に学べる時代へ - ワンフェス2017[夏]

2017年7月30日に、世界最大級のガレージキットイベント「ワンダーフェスティバル2017[夏]」が千葉県・幕張メッセにて開催された。デジタル原型を制作するのに欠かせないツールとしては、原型製作向け3Dモデリングツール「ZBrush」(ズィーブラシ)にも注目が集まっている。

[18:31 7/31]

ワコム、MPP/AESに両対応したスタイラスペン「Bamboo Ink」を8月発売

ワコムは31日、MicrosoftのMicrosoft Penプロトコル(MPP)対応ディスプレイと、自社のアクティブES(アクティブ静電結合方式: AES)プロトコル対応ディスプレイの両方で使用できるスタイラスペン「Bamboo Ink」を国内発表した。発売日は8月4日。直販の「ワコムストア」価格は税別8,980円。

[12:00 7/31]

ワコム、漫画家・黒崎みのり氏らを招いた子ども向け夏休み企画

ワコムは、漫画家・黒崎みのり氏や、カプコンのキャラクターデザイナー・みみま氏、よこやまだ氏を講師に招く夏休み企画「クリエイティブ法人ワコム学園 夏季特別研究会」を8月1日に開催する。対象は小学4年生から中学3年生まで。会場は東京都・新宿区のワコム東京支社。募集人数は各回、講座ごと10名。

[18:54 7/12]

ワコム、液タブ「Wacom Cintiq Pro」に4K対応の24型/32型モデル追加

ワコムは11日、13型/16型をラインナップしている「Wacom Cintiq Pro」シリーズに、4K対応の24型モデル、32型モデルを追加する。大型のデジタルキャンバスで作品作りをするクリエイターに向け、24型/32型の大画面モデルを追加。発売は2018年初頭を予定し、価格は240,000円から360,000円を想定している。

[14:33 7/11]

「Wacom Inkspaceアプリ」iOS版がアップデート、同期機能など改善

ワコムは20日、同社アプリ「Wacom Inkspaceアプリ」のiOS版をアップデートした。本体の上に置いた紙に手書きしたデータをデジタル化できる「Intuos Pro Paper Edition」や「Bamboo」シリーズ用のアプリ。アプリのパフォーマンスや、データ同期機能の問題が改善されている。最新バージョンは2.1.0で、対応OSはiOS 9.0以降。

[18:18 6/22]

ワコム、Bambooシリーズ紹介ブログに「仕事効率化」情報を追加

ワコムは、「Bamboo Slate」や「Bamboo Folio」などのデジタル文具を使った情報を紹介するブログ「Bamboo Blog」にて、「仕事効率化」に関する情報を掲載するページを設けた。

[12:15 6/22]

ワコム、紙に書いた内容をスマートデバイスに取り込めるクリップボード

ワコムは6月7日、紙にペンで記入した内容をそのままデジタル化できる、業務用のクリップボード「PHU-111」を発表した。病院の問診票、各種機関の申請用紙といった利用を想定している。対応機器は、iOS端末、Android端末、Windows 7以降の端末。7月下旬から発売し、価格はオープン。

[18:51 6/9]

バックナンバー

このカテゴリーについて (パソコン>ワコム)

 トップへ
ペンタブレットの最新情報・活用ノウハウはこのカテゴリで。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事