マイナビニュース | パソコン (PC) | 周辺機器

関連キーワード

新着記事

一覧

ベルキン、I/F多数装備のUSB Type-Cドッキングステーション

ベルキンは11月22日、ドッキングステーション「USB-C Express Dock 3.1 HD」を発表した。PCとはUSB Type-Cで接続し、増設できるインタフェースはUSB 3.1 Type-C×2、USB 3.1 Type-A×3、Gigabit Ethernet、オーディオ入出力×2、HDMIと豊富。11月24日から発売し、価格は25,800円(税別)。

[19:20 11/23]

バッファロー、新デザインでコンパクトになったUSB 3.1外付けHDD

バッファローは11月22日、USB 3.1(Gen.1)対応の外付けHDD「HD-LDU3-A」シリーズを発表した。1TB / 2TB / 3TB / 4TBの4モデルに、それぞれブラックとホワイトの2色を用意。ブラックを12月上旬、ホワイトを2018年1月下旬より発売する。価格は12,200円から(税別)。

[16:36 11/22]

新着記事

一覧

アイ・オー・データ、全方向に電波を届ける11ac無線LANルータ

アイ・オー・データ機器は22日、IEEE802.11acに準拠した無線LANルータ「WN-AX1167GR2」を発表した。通信速度は最大867Mbps(理論値)で、全方向にムラなく電波を届けて電波の死角を作らない「360(さんろくまる)コネクト」技術を採用する。11月下旬に発売する。価格は8,300円(税別)。

[16:29 11/22]

アイ・オー・データ、5GHz帯の11acで接続できるスマホ用CDレコーダー

アイ・オー・データ機器は22日、IEEE802.11ac規格の無線LANで接続できる「CDレコ」シリーズ新製品「CDRI-W24AI2」を発表した。11月末の発売を予定する。価格はオープン。店頭予想価格は税別12,800円前後。

[14:55 11/22]

上海問屋、USB 3.0ポートを4つ備えたUSBハブ

上海問屋は11月21日、USBポートを4つ備えたUSBハブ「DN-915128」を発売した。価格は1,999円(税込)。4ポートともに、高速データ転送が可能なUSB 3.0規格のため、画像や動画、重いデータのバックアップや取り込みで、ストレスが少ないとしている。補助電源用として、microUSB AポートとmicroUSB Bポートも備えた。

[12:25 11/22]

USB PDとUSB Type-Cに対応した最大30W出力のACアダプタ - エレコム

エレコムは11月21日、USB-ACアダプタ「ACDC-CPS200WH」を発表した。USB PowerDelivery(PD)規格に準拠しており、最大30W出力。ACアダプタ本体と充電用USBケーブルは分離タイプで、ACアダプタ側のコネクタはUSB Type-Cだ。12月中旬から発売し、価格は8,510円(税込)。

[19:11 11/21]

1.5mの距離から100インチ画面、ベンキューの短焦点プロジェクタ

ベンキュージャパンは11月17日、フルHD表示に対応する短焦点プロジェクタ「TH671ST」を発表した。1.5mの投映距離で100インチの画面が得られ、ゲーム用途にも向くとしている。11月24日に発売し、価格はオープン、店頭予想価格は100,000円前後(税込)の見込み。

[11:47 11/20]

エレコム、ゲスト向けに専用SSIDを割り振れる小型11acルータ

エレコムは14日、スマートフォンでの利用に適した小型の11ac対応無線LANルータ「WRC-1167FS」シリーズを発表した。縦・横が約11cm、厚さが約3.2㎝と小型の無線LANルータ。一時的に2.4GHz帯の専用SSIDを割り振れる「友だちWi-Fi」機能を備えている。11月下旬に販売開始し、価格は税別5,760円。

[14:39 11/14]

ASUS、最大転送速度2,167MbpsのゲーミングWi-Fiルータを国内発売

ASUS JAPANは10日、最大転送速度2,167Mbpsのトライバンド対応ゲーミングWi-Fiルータ「ROG Rapture GT-AC5300」および、デュアルバンド対応ゲーミングWi-Fiルータ「RT-AC86U」を国内向けに発表した。11月24日に販売開始し、価格はいずれもオープン。店頭予想価格は「ROG Rapture GT-AC5300」が税込55,000円前後、「RT-AC86U」が税込28,000円前後。

[20:09 11/10]

ユニットコム、椅子になるバッグ「Seatbag」

ユニットコムは11月9日、クラウドファンディングサイト「GREENFUNDING」が取り扱う、椅子になるバッグ「Seatbag」の展示を開始した。パソコン工房 AKIBA STARTUPにて、11月28日まで展示する。Seatbagは、バッグと椅子の2機能を兼ね備えたバッグ。カバンのマチを広げ六角形にして地面に立てると、バッグが椅子に変身する。

[13:09 11/10]

PC用キーボードを持ち運ぶためだけのバッグが発売

アーキサイトは9日、PC用キーボード専用バッグ「BYOD Keyboard Bag」を販売開始した。キーボードの収納スペースに加え、マウス収納スペースも設ける。想定用途はテンキーレスキーボード、もしくはミニキーボードとマウスの持ち運びだが、マウス収納部の仕切りを外すことで、フルキーボードも収納可能だ。

[15:44 11/9]

日本エイサー、HDR10対応の31.5型4K液晶ディスプレイ

日本エイサーは11月8日、HDR10対応の31.5型4K液晶ディスプレイ「ET322QKwmiipx」を発表した。解像度は3,840×2,160ドット、映像入力端子はHDMI 2.0×2基。RGBの3色とCMYの3色、計6色でカラー管理を行う「6軸カラー調節機能」を搭載し、色域はsRGB100%をカバー。11月10日から発売し、税別価格は55,000円。

[12:58 11/8]

国際宇宙ステーション用のプリンタ - HP ENVY Zero-Gravity Printerを開発

米HPは11月2日(現地時間)、国際宇宙ステーション(以下、ISS)での利用にカスタマイズしたインクジェット複合機「HP ENVY Zero-Gravity Printer」を開発することを明らかにした。アメリカ航空宇宙局(以下、NASA)が、ISSに設置されている既存のプリンティング環境を置き換える決定を受けたものとなる。

[20:51 11/7]

ワコム、3ボタンを備えた新型デジタイザペン - 筆圧8,192レベル対応

ワコムは7日、Wacom Intuos Proなど同社製タブレットなどで使用できる筆圧対応デジタルペン「Wacom Pro Pen 3D」を発表した。家電量販店や直販サイト「ワコムストア」などで取り扱う。直販価格は税別11,000円。

[14:00 11/7]

10.5インチiPad Pro対応Bluetoothキーボード、iOS用ファンクションキー搭載

リンクスインターナショナルは11月6日、10.5インチのiPad Proに対応したハードケース一体型Bluetoothキーボード「BRYDGE 10.5」を発表した。発売は11月11日で、希望小売価格は17,980円(税込)。10.5インチのiPad ProとBluetooth接続して使用するキーボード。ボディには高純度の軽量アルミニウムを採用し、軽量ながら高い耐久力を実現した。

[11:12 11/7]

愛・トラックボール! ロジクール新製品「MX ERGO」は長く使えて体に優しい

トラックボールをご存知の方はどのぐらいいるだろうか? マウスとトラックボールは一見よく似たポインティングデバイスだが、一度ハマると抜け出せない魅力がトラックボールにはある。今回、ロジクールが7年ぶりに発売したトラックボール「MX ERGO」を試したので、トラックボールの魅力とともに使い勝手を紹介していこう。

[06:00 11/6]

CORSAIR、7.1ch仮想サラウンドオーディオ対応のヘッドセットスタンド

アスクは11月2日、CORSAIR製のヘッドセットスタンド「ST100 RGB」を発表した。ヘッドセットを接続して専用ソフト「CORSAIR Utility Engine」を使用することで、フルレンジステレオや7.1ch仮想サラウンドオーディオを楽しめる。11月11日から発売する。店頭予想価格は8,600円前後(税別)。

[20:33 11/2]

古き良きタイプライター風のメカニカルキーボード

ユニットコムは10月31日、「パソコン工房 AKIBA STARTUP」から、往年のタイプライターを模したキーボード「Azio Retro Classics」を発表した。ARTISAN / ONYX / POSHの3色を用意。10月27日~11月12日までの期間で展示・実演を行う。価格は21,080円(税込)。

[19:06 10/31]

VRゴーグル「VIVE」をワイヤレス化するキット、2月発売

アスクは10月31日、TPCast製のVIVE用ワイヤレスキット「TPCAST Wireless Adapter for VIVE」の取り扱いを発表した。HTC製のVRヘッドマウントディスプレイ「VIVE」に取り付けるワイヤレスキットで、2018年2月に販売開始する。価格はオープンで、店頭予想価格は30,000円台後半(税別)。

[19:04 10/31]

会社の会議、PCやスマホを持ち込む率は4割強

ワコムは30日、会社で行われる「会議」をテーマにしたアンケート調査の結果を公開した。アンケートは日英それぞれで20歳以上の男女を対象とし、英国では2017年6月2日~7日、日本では2017年8月28日~29日に実施。日本ではアンケート調査会社「アンとケイト」を通じ、オンライン上で1,000人を対象に調査した。

[19:43 10/30]

第5世代iPadとiPad Airに対応 - ベルキンから薄型軽量キーボードケース

ベルキンから、第5世代iPadとiPad Airに対応したキーボードケース「QODE UltimateLite キーボードケース」が発売されている。アルミ素材を使用し、重さ370gという軽量薄型のキーボードケースだ。ブラックとホワイトゴールドの2色を用意し、価格は12,980円(税別)。

[20:26 10/28]

ロジクール、PCやスマホをシームレスに接続切替できるBluetoothスピーカー

ロジクールは10月27日、プレミアムBluetoothスピーカー「ロジクール MXSOUND」(型番:ZX1000)を発表した。最大2台のBluetooth対応機器と同時にペアリングでき、片方のデバイスで音楽を停止し、もう一方のデバイスで音楽を再生すれば、シームレスに入力を切り替えられる。11月2日の発売。価格はオープン、店頭予想価格は12,880円前後(税別)。

[20:25 10/28]

Synology、DS218jなどNAS新製品3モデルを国内投入

台湾Synologyは10月27日、同社製NAS「DiskStation」の新モデルとして1ベイの「DS118」、2ベイの「DS218Play」「DS218j」を発売した。いずれの製品も従来モデルからスペックを強化し、パフォーマンスを向上させた。店頭予想価格は「DS118」が税別21,000円前後、「DS218Play」が税別28,900円前後、「DS218j」が税別22,300円前後。

[20:36 10/27]

「DS218j」などNAS新製品や新たな機能が多数登場したSynology 2018 Tokyo

台湾Synologyはユーザーイベント「Synology 2018 Tokyo」を開催した。国内市場に投入するNAS新製品に加えて、同社が近年力を入れるネットワーク製品やソリューションなどを展示した。

[18:31 10/27]

イラレやフォトショにキーボードは不要!? - デジハリ発の入力デバイス「O2」

アドビシステムズのIllustrator、Photoshopなどを扱うクリエイターに向けたIoT入力デバイス、「O2」(オービタル・ツー)が、クラウドファンディングを通じて10月25日から販売されている。従来ならキーボードのショートカットなどで行っていた操作を、左手の平に収まるコントローラで代用できるのが特長だ。

[22:26 10/25]

エレコム、テレビ番組を24時間連続録画できる外付けHDD - しかも静音設計

エレコムは10月24日、テレビやPCに接続できる外付けHDD「SGD-NZ」シリーズと、「SGP-NZ」シリーズを発表した。発売は11月上旬。価格はオープン。SGD-NZは、3.5インチドライブを採用した据え置き型のHDD。1TB、2TB、3TB、4TBの4モデルを用意した。SGP-NZは、3.5インチドライブを採用したポータブル型のHDD。500GB、1TB、2TBの3モデルを用意した。

[14:12 10/24]

プリンストン、眼精疲労を軽減するオフィス向け17型 / 23.6型液晶

プリンストンは10月23日、オフィス向けの液晶ディスプレイとして、23.6型ワイドモデル「PTFBDE-24W/PTFWDE-24W」と、17型スクエアモデル「PTFBAF-17/PTFWAF-17」を発表した。ともにブラックとホワイトの2色を用意。11月2日より発売する。価格はオープン。

[19:27 10/23]

Razer、7.1ch対応モデルなどゲーミングヘッドセット「Razer Tiamat」

Razerは10月20日、ゲーミングヘッドセットの新モデルとして、7.1ch対応「Tiamat 7.1 V2」と2.2ch対応「Tiamat 2.2 V2」の国内販売を発表した。10月31日に発売し、希望小売価格は「Tiamat 7.1 V2」が税別26,000円、「Tiamat 2.2 V2」が税別16,800円。

[17:08 10/20]

Razer、Lightningコネクタを備えたiOSデバイス向けカナル型ヘッドセット

Razerは10月20日、Lightningコネクタを搭載し、iPhoneやiPadに対応したカナル型ヘッドセット「Razer Hammerhead for iOS」の国内販売を発表した。航空機グレードのアルミニウムを筐体に採用するほか、10mmの大型ドライバを搭載する。10月31日に発売し、希望小売価格は税別12,800円。

[16:19 10/20]

SteelSeries、オリジナルの光学センサー搭載したゲーミングマウス

SteelSeriesは10月19日、オリジナルの光学センサー「TrueMove1」を搭載したエントリークラスのゲーミングマウス「Rival 110」を発表した。マウス本体の動きと画面内のカーソルの動きを完全に一致させる「1-to-1 tracking」をサポートする。10月26日に発売し、公式オンラインストアでの価格は税別5,600円。

[20:16 10/19]

バックナンバー

このカテゴリーについて (パソコン>周辺機器)

 トップへ
プリンタ、キーボード、マウスから、ネットワーク機器、USB小物などの新製品まで、パソコン周辺機器に関するさまざまな情報を発信。

人気記事

一覧

新着記事