マイナビニュース | パソコン (PC) | セキュリティ対策 | ヘッドライン(1ページ目)

ヘッドライン

2017年06月26日(月)

Googleお役立ちテクニック - 2段階認証を有効にしてGoogleのセキュリティを強化する

Gmailをはじめ、毎日Googleのお世話になっている人は多いと思いますが、パスワードを盗まれる可能性を考えたことはあるでしょうか。パスワードは比較的簡単に盗まれ、自分の情報もすべて流出します。そこで今回は、Googleアカウントの2段階認証プロセスを有効にして、セキュリティを強化する方法を紹介します。

[00:00 6/26]

2017年06月19日(月)

ラック、無料の企業向けセキュリティ自己診断サービス「自診くん」公開

ラックは、無料のセキュリティ自己診断サービス「自診くん」を公開した。WindowsやMac、スマートフォンなどの機器に対して、サイバー攻撃に悪用される恐れのある通信と接続可能な状態にあるかを教えてくれる。

[18:03 6/19]

2017年06月15日(木)

マイクロソフト、月例セキュリティ更新(6月) - 差し迫った危険性に注意

日本マイクロソフトは14日、毎月定例で提供している月例のセキュリティ更新プログラム(月例パッチ)の6月分を公開した。すでに一般に情報が公開されている脆弱性もあるため、至急のアップデートが推奨されている。

[14:09 6/15]

2017年06月14日(水)

Flash Playerの月例アップデート、9件の脆弱性に対処

JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は14日、Adobe Flash Playerの脆弱性に注意を喚起した。脆弱性を悪用したコンテンツを開いた場合、遠隔攻撃によりFlash Playerが不正終了したり、任意のコードが実行されたりする恐れがある。米Adobe Systemsは現地時間6月13日、脆弱性に対処した最新版のFlash Playerを公開済み。JPCERT/CCは速やかな適用を呼びかけている。

[16:38 6/14]

2017年05月31日(水)

脆弱性悪用の公開サーバ攻撃、大量の情報漏えいも - トレンドマイクロ2017年Q1セキュリティラウンドアップ

トレンドマイクロは、2017年第1四半期のセキュリティラウンドアップを発表した。これは、2017年の1月から3月までの日本国内および海外のセキュリティ動向を分析したものである。このなかから、いくつかの事例を紹介したい。

[18:01 5/31]

レノボ・ジャパン、日本の情報セキュリティ市場に本格参入開始

レノボ・ジャパンは5月30日、米国OPSWAT社のソフトウェア「OPSWAT Metadefender」と自社サーバーを組み合わせたセキュリティ・ソリューション製品の販売、情報セキュリティ関連の事業を開始すると発表した。

[15:27 5/31]

2017年05月26日(金)

Windows 10ミニTips 第185回 WannaCry(WannaCrypt)対策 - Windows Vista/7/8/10のSMB v1を無効にする

世界中で被害が続いているランサムウェア「WannaCry(WannaCrypt)」対策として、Windows Vista/7/8/10のSMBバージョン1を無効化する手順を紹介する。WindowsをターゲットにしたWannaCryは、ストレージを暗号化して仕事のデータやユーザーファイルなどを取り出せなくさせ、ユーザーに身代金を求めるマルウェアの一種である。

[00:00 5/26]

2017年05月18日(木)

ランサムウェア「Wanna Cryptor」、LTE内蔵PCで意図しない感染も

世界的に感染を広げているランサムウェア「Wanna Cryptor」(WannaCrypt、 WannaCry、WannaCryptor、Wcryなどとも呼ばれる)に関し、IPAは17日、今回の件に乗じた不審なメールやサービスが出回る可能性があるとして、引き続き不用意なメール添付ファイルの開封やリンクへのアクセスに注意を喚起している。

[19:28 5/18]

2017年05月15日(月)

暗号化型ランサムウエア「WannaCry」に感染すると? 実際の動きをチェック

トレンドマイクロは15日、世界中で被害が広がっている暗号化型ランサムウェア「WannaCry」(同社ではワナクライと呼称)に関する緊急解説セミナーを開催。同社セキュリティエバンジェリストの岡本勝之氏が、日本国内におけるWannaCryの被害状況や対策などについて紹介した。

[20:32 5/15]

15日は不審メールに要注意、業務停止の可能性も - IPAが大規模ランサムウェア攻撃に警鐘

英国やドイツなど世界中で大規模な攻撃が確認されている暗号化型ランサムウェア「Wanna Cryptor」について、IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)が14日、緊急記者説明会を実施した。週明け15日がサイバー攻撃の"特異日"になる可能性があるとして、注意を喚起した。

[06:00 5/15]

2017年05月14日(日)

5月15日月曜日は特に厳重注意! - ランサムウェア「WannaCrypt」の攻撃

すでに何らかの報道で目にしている人は多いと思うが、ランサムウェア「WannaCrypt」が世界各国で大きな被害をもたらしている。主に法人を対象に大規模な攻撃が行われており(もちろん個人にも)、約80%がメールによって拡散中だ。日本でも多数の検出報告があるため、メールチェックが急増する週明けの5月15日月曜日は特に注意してほしい。

[18:33 5/14]

2017年05月11日(木)

マイクロソフト、月例セキュリティ更新(5月) - "緊急"含む複数の脆弱性に対策

日本マイクロソフトは10日、毎月定例で提供している月例のセキュリティ更新プログラム(月例パッチ)の5月分を公開した。すでに一般に情報が公開されている脆弱性に加え、悪用が確認されている脆弱性もあるため、至急のアップデートが推奨されている。

[13:35 5/11]

2017年05月09日(火)

トレンドマイクロ、2016年は「遠隔操作型ウイルスの代替わりの年」

トレンドマイクロは9日、2016年の国内標的型サイバー攻撃を分析したレポート「国内標的型サイバー攻撃分析レポート 2017年版:巧妙化と高度化を続ける『気づけない』攻撃」を発表。新たな遠隔操作型ウイルス「CHCHES」の出現に触れ、2016年を"遠隔操作型ウイルスの代替わりの年"と位置付けた。

[13:40 5/9]

2017年04月24日(月)

「第三者によるアクセスを確認」MUFGカードをかたるフィッシングに注意

フィッシング対策協議会は24日、MUFGカードをかたるフィッシングメールが出回っているとして注意を呼びかけた。MUFGカードは、三菱UFJニコスが発行するクレジットカード。13時現在ではフィッシングサイトの停止を確認しているが、類似のフィッシングサイトが公開される可能性があるとして注意を呼びかけている。

[14:41 4/24]

2017年04月21日(金)

新生マカフィーが第二の船出「自身の判断でM&Aも」

マカフィーは4月21日、2017年の事業戦略説明会を開催した。マカフィーは毎年3月に事業戦略説明会を開催していたが、この2017年はインテルコーポレーションからの分社があり、分社完了後の4月開催となった。6年の歳月が経過して再度セキュリティ専業会社としてのマカフィーの第二の船出が開始したと言える。

[23:47 4/21]

2017年04月20日(木)

「ノートン モバイルセキュリティ」iOS向け機能強化版を日本先行発売 - パスワード・個人情報管理機能を搭載

シマンテックは19日、日本のモバイルユーザー(スマホまたはタブレットを所有している男女合計3296サンプル。年齢は15~69歳)を対象としたセキュリティに関する意識調査の結果を発表した。あわせて個人向けセキュリティブランド「ノートン」のモバイル版にiOS向け新機能を追加し、20日に販売を開始する。

[06:00 4/20]

2017年04月19日(水)

Appleサポートを装うフィッシングメール、偽の購入通知で不安煽る

フィッシング対策協議会は19日、Appleをかたるフィッシングサイトに注意を喚起した。確認されたフィッシングメールはAppleのサポートを装ったもの。15時30分現在、複数のフィッシングサイトが稼働しており、フィッシング対策協議会はJPCERT/CCに対し、サイト閉鎖のための調査を依頼中としている。

[20:21 4/19]

2017年04月17日(月)

Macを狙うマルウェアが前年比245%に、アドウェアで急増

マカフィーは17日、インターネットの脅威動向に関する説明会を実施した。マカフィー セールスエンジニアリング本部の櫻井秀光本部長は、2016年第4四半期(10月~12月)の脅威動向の特徴を紹介。この四半期の特徴は大きく2点あり、ひとつがランサムウェアの減少、もうひとつがMac向けのマルウェアの激増となる。

[18:21 4/17]

2017年04月13日(木)

「スーパーマリオラン」装う不正アプリ34種、クレカ情報を盗むものも

トレンドマイクロは12日、ゲームアプリ「スーパーマリオラン」に便乗した不正アプリを確認したと注意喚起した。同様の不正アプリは複数確認されているが、特に悪質なものが「Fobus」と呼ばれるアプリ。インストール時にアクセス権限を要求し、電話番号や連絡先、SMSといった情報を取得するほか、クレジットカードの情報も盗み取ろうとする。

[14:44 4/13]

ランサムウェアを防ぐ、新方式の対策ソフト「ランサムディフェンダー」を試す

2016年以降、個人・法人を問わず重大な脅威として浮上しているのがランサムウェアである。ランサムウェアの問題点であるが、クリプト型では、データファイルを暗号化してしまうことにある。法人などでは、共有フォルダの業務データが暗号化されてしまい、業務に支障をきたしたこともある。

[13:23 4/13]

マイクロソフト、月例セキュリティ更新(4月) - Vistaの製品サポートが終了

日本マイクロソフトは12日、毎月定例で提供している月例のセキュリティ更新プログラム(月例パッチ)の4月分を公開した。今月からセキュリティ情報の公開がなくなり、「セキュリティ更新プログラムガイド」として新たに情報が提供されており、従来とは異なる体裁となっている。

[13:01 4/13]

2017年04月12日(水)

Flash Playerの月例アップデートが公開、脆弱性7件に対処

一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は12日、Adobe Flash Playerの脆弱性に注意を喚起した。脆弱性を悪用したコンテンツをユーザが開いた場合、リモート攻撃によりFlash Playerが不正終了したり、任意のコードが実行されたりする恐れがある。

[17:11 4/12]

2017年04月07日(金)

Amazonかたる偽サイト、クレカ情報の入力に注意

フィッシング対策協議会は7日、Amazonをかたるフィッシングサイトに注意を喚起した。フィッシングメールでは、「アカウントを更新する必要がある」として本文に記載されたリンクを早急にクリックするよう促され、ログインするとクレジットカードの入力が求められる。該当のフィッシングサイトは、4月7日16時の時点で稼働中とのこと。

[17:38 4/7]

2017年04月06日(木)

Avast Softwareが国内セキュリティ市場に本格参入 - 日本法人を近日設立、量販店販売も検討

セキュリティ製品「アバスト2017」などを展開するAvast Softwareは6日、日本市場への本格参入を発表した。「日本市場へコミットする」と強調し、近日中に国内で日本法人を設立。オフィスを国内に構え、日本市場向けの業務を展開する。同社CTO(最高技術責任者)のオンドレイ・ヴルチェク氏の来日戦略説明会の中で明かされた。

[15:11 4/6]

2017年04月03日(月)

IPA、巧妙なメールで不正送金させる「ビジネスメール詐欺」の手口を紹介

IPAは3日、巧妙なメールで相手を騙す「ビジネスメール詐欺」の事例を解説。国内企業に潜行している可能性があるとして注意を喚起した。「ビジネスメール詐欺」とは、巧妙に細工したメールのやりとりにより、企業の担当者を騙し、攻撃者の用意した口座へ送金させる詐欺の手口。IPAは対策の一環として手口を紹介した。

[17:45 4/3]

Nintendo Switchの無料エミュレータ偽装サイト、シマンテックが注意喚起

シマンテックは3月31日、「Nintendo Switch」のエミュレータに偽装した詐欺サイトに注意を喚起した。シマンテックのセキュリティブログでは、Nintendo Switchの無料エミュレータをうたう動画投稿などが散見されると警告。ロック解除のためにアンケート入力を求めるようなサイトには警戒すべきとしている。

[14:39 4/3]

2017年03月31日(金)

USBストレージ内の情報を盗み取るサイバー攻撃を確認 - JPCERT/CC

JPCERT/CCは30日、USBメモリやUSB接続HDD/SSDなど、ストレージ内のデータを詐取するサイバー攻撃に注意を喚起した。攻撃者はまず、USBの挿し先となる端末をマルウェアに感染させる。感染した端末にUSBストレージを接続した場合、USBストレージ内のファイル一覧が自動的に生成されてしまう。

[17:14 3/31]

IPA、「情報セキュリティ10大脅威 2017」 - 個人、組織ともランサムウェアの脅威が急浮上

IPAは、「情報セキュリティ10大脅威 2017」を発表した。これは、2016年に発生したセキュリティ上、重大な影響のあった事例・事件を脅威候補とし、セキュリティ関連の研究者や企業のセキュリティ担当者から構成される「10大脅威選考会」が候補に対して審議・投票を行い、決定したものである。ランキング自体は、2017年1月に発表されている。

[11:59 3/31]

2017年03月27日(月)

警察庁、2016年のサイバー脅威動向を発表 - IoT機器への不正アクセスが急増

警察庁は23日、平成28年(2016年)のサイバー脅威動向を発表した。サイバー攻撃については、不正プログラムに感染したとみられるIoT機器からのアクセスが急増。2015年以前と比べ2倍以上に増加した。また、サイバー犯罪の検挙件数は8,324件で、平成27年(2015年)から228件増加した。

[19:29 3/27]

2017年03月15日(水)

SMSで連絡、Google Playをかたるフィッシングに注意

フィッシング対策協議会は15日、Google Playをかたるフィッシングがショートメッセージサービス(SMS)経由で出回っているとして注意を呼びかけた。

[21:19 3/15]

マイクロソフト、月例セキュリティ更新(3月) - 「緊急」9件、「重要」9件の脆弱性

日本マイクロソフトは15日、毎月定例で提供している月例のセキュリティ更新プログラム(月例パッチ)の3月分を公開した。2月の提供が延期された影響か18件と多くの脆弱性情報が公開され、深刻度がもっとも高い「緊急」が9件、2番目に高い「重要」が9件となっている。すでに公開が確認されている脆弱性もあり、対象となるユーザーは早急のアップデートが推奨されている。

[20:01 3/15]

2017年03月14日(火)

5G・IoT時代のセキュリティ - データのプライバシ-をどう管理する?

KDDIの技術統括本部技術開発本部長の宇佐見正士氏は、「IoT向けのプライバシーデータマネージメント」と題した講演をMobile World Congress(MWC) 2017で行った。これは、同社が開発する「Privacy Policy Manager」を海外向けに解説したものだ。この講演と宇佐見氏へのインタビューから、KDDIによるPrivacy Policy Manager(PPM)の詳細を紹介する。

[06:00 3/14]

2017年03月13日(月)

Windows Vista、延長サポート終了まで1カ月を切る

「Windows Vista Service Pack 2」の延長サポート終了まであと1カ月を切った。同OSは2012年4月にメインストリームサポートを終了しており、延長サポートが2017年4月11日に終了する。

[07:00 3/13]

2017年03月09日(木)

トレンドマイクロ、フリーWi-Fiの通信を暗号化するスマホ向けアプリ

トレンドマイクロは9日、Wi-Fiの通信を暗号化するスマートフォン・タブレット向けアプリ「フリーWi-Fiプロテクション」を発表した。同日発売し、Google PlayおよびApp Storeで購入可能。価格は1年版ライセンスが2,900円、2年版ライセンスが5,000円(いずれも税込)。

[12:50 3/9]

2017年03月07日(火)

日本で過去最大の「ランサムウェア」被害 - トレンドマイクロ2016年セキュリティラウンドアップ

トレンドマイクロは、2016年のセキュリティラウンドアップを発表した。これは、2016年の日本国内および海外のセキュリティ動向を分析したものである。このなかから、いくつかの事例を紹介したい。

[13:19 3/7]

2017年03月03日(金)

IoTのセキュリティもこれ1台で守る「Bitdefender BOX」

ルーマニアのセキュリティ企業であるビットディフェンダー社は、家庭用のインターネットセキュリティ機器「Bitdefender BOX」を3月8日に販売開始する。家庭のネットワークに接続しておくだけで、ゲーム機、テレビ、レコーダーなどのネットワーク接続機器を攻撃から守ってくれる。

[12:47 3/3]

2017年02月16日(木)

カスペルスキー、セキュリティ特化の組み込み向け独自OS「KasperskyOS」

カスペルスキーは16日、セキュリティに特化した組み込み機器の向け独自OS「KasperskyOS」を発表した。

[20:08 2/16]

ランサムウェア対策を大幅に強化 - 最新バックアップソフト「Acronis True Image 2017 New Generation」発表会

アクロニス・ジャパンは2月15日、定番バックアップソフトの最新版となる「Acronis True Image 2017 New Generation」を発表した。従来製品は永続ライセンス版とサブスクリプション形式に分かれていたが、ATI2017NGはプレミアム版サブスクリプションでの提供となる。

[12:35 2/16]

2017年02月15日(水)

Flash Player、13件の脆弱性を修正した最新版をリリース

一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は15日、Adobe Flash Playerの脆弱性に注意を喚起した。脆弱性を悪用したコンテンツをユーザーが開いた場合、Flash Playerが遠隔攻撃で不正終了する恐れがある。米Adobe Systemsは現地時間2月14日、脆弱性に対処したFlash Player最新版を提供済み。JPCERT/CCは速やかな適用を呼びかけている。

[18:28 2/15]

ウイルス対策できない機器に福音 - 家庭のネットワーク全体を監視する「ウイルスバスター for Home Network」

トレンドマイクロが2016年12月に発表した「ウイルスバスター for Home Network」は、家庭内ネットワーク全体を監視し、外部からのサイバー攻撃や問題のあるサイトへのアクセスを「見える化」する装置だ。今回、1カ月強の長期にわたり、この製品を試してみた。

[06:00 2/15]

2017年02月13日(月)

サイバー攻撃メールの日本語テンプレートが流行 - スマート家電への警戒も続く

キヤノンITソリューションズとESETが共催した企業向けセキュリティイベント「ESET Security Days」では、両社がそれぞれ2016年および2017年のマルウェア動向について解説。両社は、グローバルでも国内でも、ランサムウェアの拡散やIoTへの攻撃が2017年以降も継続して問題になるとみている。

[06:00 2/13]

2017年02月10日(金)

2016年後半から日本でマルウェア急増、世界の中でも「最悪の状況」に

キヤノンITソリューションズと、同社が国内販売やサポートなどを担当するセキュリティベンダ「ESET」と共催した企業向けのセキュリティイベント「ESET Security Days」が9日に開催された。ESETの技術や最近のセキュリティ動向などについて説明された中で、神戸大学大学院工学研究科の森井昌克教授が登壇し、「サイバーセキュリティの現状と未来」と題した講演を行った。

[14:38 2/10]

2017年02月08日(水)

Appleをかたるフィッシングメール出回る、Apple IDの入力に注意

フィッシング対策協議会は7日、Appleをかたるフィッシングメールが出回っているとして注意を呼びかけた。

[13:04 2/8]

2017年02月03日(金)

「アカウントを更新できない」 - PayPalかたるフィッシングメールに注意

フィッシング対策協議会は3日、PayPal(ペイパル)をかたるフィッシングメールが出回っているとして注意を呼びかけた。

[17:01 2/3]

2017年02月01日(水)

「情報セキュリティ10大脅威 2017」発表 - 個人1位はネットバンク不正利用

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は1月31日、2016年に発生したセキュリティ脅威のなかで、社会的影響が大きかった10事件を「情報セキュリティ10大脅威 2017」として選出した。

[15:31 2/1]

2017年01月24日(火)

Avast、ランサムウェア4種の復号化ツールを無償提供

Avast Softwareは23日、ランサムウェア4種類の復号化ツールを無償で提供開始した。複合ツールは、同社Webサイトから無償でダウンロード可能。

[18:28 1/24]

2017年01月13日(金)

「OFFICEのプロダクトキーが不正コピー」- 日本MSを騙るフィッシングメール

フィッシング対策協議会は11日、日本マイクロソフトをかたるフィッシングメールが出回っているとして注意を呼びかけた。

[11:49 1/13]

2017年01月12日(木)

トレンドマイクロ、2016年国内サイバー犯罪動向を解説 - ランサムウェアが過去最高の被害

トレンドマイクロは、2017年1月10日に2016年国内サイバー犯罪動向解説セミナーを開催した。トレンドマイクロの専門家が2016年に国内で確認されたサイバー犯罪動向について、観測データと知見を交えて紹介するものだ。さらに、2017年以降予想される脅威動向と、必要とされる対策なども紹介された。本稿では、そのセミナーの一部を紹介したい。

[14:03 1/12]

2017年01月11日(水)

マイクロソフト、月例セキュリティ更新(1月) - 「緊急」1件、「重要」3件の脆弱性

日本マイクロソフトは11日、毎月定例で提供している月例のセキュリティ更新プログラム(月例パッチ)の1月分を公開した。2017年最初の更新プログラムとなる今回は4件の脆弱性情報が公開され、深刻度がもっとも高い「緊急」が1件、2番目に高い「重要」が3件となっている。すでに公開が確認されている脆弱性もあり、対象となるユーザーは早急のアップデートが推奨されている。

[17:40 1/11]

Flash Playerに優先度「1」の脆弱性13件、早急なアップデートを

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は11日、Flash Playerの脆弱性に注意を喚起した。アップデートの優先度は最も高い「1」で、早急な適用が呼びかけられている。

[15:22 1/11]

バックナンバー

人気記事

一覧

新着記事