マイナビニュース | パソコン (PC) | セキュリティ対策

関連キーワード

新着記事

一覧

「OFFICEのプロダクトキーが不正コピー」- 日本MSを騙るフィッシングメール

フィッシング対策協議会は11日、日本マイクロソフトをかたるフィッシングメールが出回っているとして注意を呼びかけた。

[11:49 1/13]

トレンドマイクロ、2016年国内サイバー犯罪動向を解説 - ランサムウェアが過去最高の被害

トレンドマイクロは、2017年1月10日に2016年国内サイバー犯罪動向解説セミナーを開催した。トレンドマイクロの専門家が2016年に国内で確認されたサイバー犯罪動向について、観測データと知見を交えて紹介するものだ。さらに、2017年以降予想される脅威動向と、必要とされる対策なども紹介された。本稿では、そのセミナーの一部を紹介したい。

[14:03 1/12]

新着記事

一覧

マイクロソフト、月例セキュリティ更新(1月) - 「緊急」1件、「重要」3件の脆弱性

日本マイクロソフトは11日、毎月定例で提供している月例のセキュリティ更新プログラム(月例パッチ)の1月分を公開した。2017年最初の更新プログラムとなる今回は4件の脆弱性情報が公開され、深刻度がもっとも高い「緊急」が1件、2番目に高い「重要」が3件となっている。すでに公開が確認されている脆弱性もあり、対象となるユーザーは早急のアップデートが推奨されている。

[17:40 1/11]

Flash Playerに優先度「1」の脆弱性13件、早急なアップデートを

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は11日、Flash Playerの脆弱性に注意を喚起した。アップデートの優先度は最も高い「1」で、早急な適用が呼びかけられている。

[15:22 1/11]

Adobe Readerに複数の脆弱性、修正版をリリース

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は11日、Adobe Readerの脆弱性に注意を喚起した。

[14:39 1/11]

新年早々LINEをかたるフィッシングサイト出現 - ドメインにも注意

フィッシング対策協議会は10日、スマホアプリ「LINE」を詐称するフィッシングメールが出回っていることに注意を呼びかけた。

[18:41 1/10]

IPA、2016年度セキュリティに対する意識調査 - セキュリティ意識が低下傾向

IPAでは、2005年より、情報セキュリティの倫理に対する意識調査と情報セキュリティの脅威に対する意識調査を行っている。対象は、13歳以上のPCおよびスマートデバイスのインターネット利用者で、Webアンケート形式で行われる。今回2016年度調査の実施時期は、倫理が2016年9月、脅威が2016年10月である。有効回答数は、PCが5000人、スマートデバイスが5000人。本稿では、報告の中から興味深い項目のいくつかを紹介したい。

[17:03 1/6]

NEXONを詐称するフィッシングメールに注意、正規サイトに酷似

フィッシング対策協議会は26日、NEXONを詐称するフィッシングメールに注意を呼びかけた。

[17:18 12/26]

Firefox、Windows XPとVistaのサポートは2017年9月まで

Mozillaは12月23日、Webブラウザ「Firefox」のWindows XPおよびWindows Vistaのサポートを、2017年9月までとすることを明らかにした。

[15:55 12/26]

監視カメラが狙われる? 国内でもサイバー攻撃確認 - JPCERT/CC

JPCERT/CC(JPCERTコーディネーションセンター)は21日、インターネットに接続された機器の管理に注意を喚起した。

[19:16 12/21]

ランサムウェアに対抗する官民連携プロジェクト、新たに30組織が参加

カスペルスキーは、ランサムウェア対策に取り組む官民連携プロジェクト「No More Ransom」の拡大を発表した。新たに30を超える官民組織が参加し、ポータルサイトの言語も6言語に対応した。

[17:21 12/16]

米Yahooのアカウント情報流出、新たに10億人以上、過去最大規模

米Yahooは12月14日(現地時間)、10億人を超えるユーザーのアカウントに関する個人情報が2013年8月に盗まれていたと発表した。同社は今年9月に、サイバー攻撃としては過去最大規模となる5億人分以上のユーザー情報の流出を公表していたが、それとは「異なる事件である可能性が高い」としている。

[12:43 12/15]

マイクロソフト、月例セキュリティ更新(12月) - 「緊急」6件、「重要」6件の脆弱性

日本マイクロソフトは14日、毎月定例で提供している月例のセキュリティ更新プログラム(月例パッチ)の12月分を公開した。12件の脆弱性情報が公開され、深刻度がもっとも高い「緊急」が6件、2番目に高い「重要」が6件となっている。すでに公開が確認されている脆弱性もあり、対象となるユーザーは早急のアップデートが推奨されている。

[12:36 12/15]

17件の脆弱性を修正したFlash Player最新版 - 脆弱性を突いた攻撃も確認

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は14日、Adobe Flash Playerの脆弱性に注意を喚起した。

[17:38 12/14]

「スーパーマリオ ラン」に乗じた不正アプリに注意

トレンドマイクロは12月12日、任天堂のキャラクター「マリオ」を利用した攻撃手法について、同社ブログで紹介した。

[20:34 12/12]

最もハッキングされやすい贈り物、1位は?

インテル セキュリティ(マカフィー)は8日、"最もハッキングされやすいギフト"に関する調査を実施。「最もハッキングされやすいギフト一覧」を発表した。調査体調は欧州を中心とした世界10カ国で日常的にインターネット対応デバイスを使用している一般消費者9,800人。

[13:52 12/9]

IoT機器への攻撃「全く予想しなかった」 - 2017年のサイバーセキュリティはAI技術が重要に

シマンテックは8日、サイバーセキュリティにおける2016年の総括と、2017年の予測を発表。シマンテック セキュリティレスポンス シニアマネージャの浜田譲治氏は、この2016年が例年と異なり「目立った攻撃がみられた年」と位置づけた。特に注目すべきはIoT機器への攻撃だという。

[20:21 12/8]

サイバー攻撃が現実社会に及ぼす影響は? カスペルスキーが解説

カスペルスキーは12月5日、セキュリティに関するプレスセミナーを行った。これまでにも毎年GReAT(Global Research & Analysis Team)メンバーによるプレスaセミナーを行っていたが、今年から「サイバー セキュリティ フォーラム」と名称を変えて意見交換の場にするという。今回はシンガポールと日本から2人が登壇した。

[09:14 12/8]

2016年のサイバー脅威、最重要トピックは「ランサムウェア」

カスペルスキーは7日、2016年のサイバー脅威として最重要のトピックを「ランサムウェア」と位置づけた。Kaspersky Labのグローバル調査分析チーム「GReAT」調査によると、ランサムウェアの攻撃は2016年1月と10月を比べると大幅に増加したという。

[17:09 12/7]

スマート家電を一括で守る - ルータにつなぐ新たなセキュリティ「ウイルスバスター for Home Network」

インターネットに接続したテレビやゲーム機、オーディオ機器といった、IoT機器へのサイバー攻撃が増加しつつある。セキュリティベンダ各社もIoT機器への保護に注力している中、トレンドマイクロは5日、家庭内に複数存在するスマート家電をまとめて守る「ウイルスバスター for Home Network」を発表。同日開催された発表会では、その特徴や機能が紹介された。

[13:40 12/6]

トレンドマイクロ、家庭のルータに接続してスマート家電を保護するデバイス

トレンドマイクロは5日、個人のホームネットワークを保護するセキュリティ製品「ウイルスバスター for Home Network」を発表した。家庭内のルータに接続することで、通信を監視し、ネットワークへの不正侵入やスマート家電への不正プログラム感染、遠隔操作を防ぐ。12月7日13時に同社直販サイトで販売開始する。直販価格は税込19,224円。

[11:56 12/5]

また出た「LINEをかたるフィッシングサイト」に注意

フィッシング対策協議会は11月30日、スマホアプリ「LINE」を詐称するフィッシングメールが出回っていることに関して、注意を呼びかけた。

[10:21 11/30]

IoT機器を初期設定で使うのは危険 - IPAが注意喚起

IPA(独立行政法人情報処理推進機構 セキュリティセンター)は25日、IoT機器へのサイバー攻撃に注意を喚起した。

[23:00 11/28]

どう対処する? 感染を防ぐ方法は - ランサムウェアの最新動向を探る 第4回

ランサムウェアの実態や最新の状況、対策などを全4回にわたり紹介していく本連載。第1回では、ランサムウェアの歴史や最新の脅威動向、第2回ではランサムウェアを取り巻く環境や実際に感染した挙動を紹介。第3回ではランサムウェアの感染経路を紹介した。今回は、どうすれば感染を防げるか、そして暗号化されたファイル復元の手段などを紹介したい。

[21:06 11/25]

ランサムウェアを水際検知、暗号化から防ぐ - ESET新バージョン発表会

キヤノンITソリューションズは21日、ESET製個人向けセキュリティ製品「ESETセキュリティ ソフトウェア」シリーズ最新版の販売開始を発表。あわせて都内で発表会を開催した。発表会では新製品の特徴に加え、ESET ASIA セールス/マーケティングディレクターを務めるパーヴィンダー・ワリア氏が登壇し、アジアや日本の市況を解説した。

[06:00 11/22]

キヤノンITS、ランサムウェア対策を強化した「ESET」シリーズ最新版

キヤノンITソリューションズは21日、ランサムウェア対策やプライバシー機能を強化した個人向けセキュリティ製品「ESETセキュリティ ソフトウェア」シリーズ最新版を発表した。12月8日に販売開始する。

[13:30 11/21]

マルウェアスパムメールが急増 - トレンドマイクロ2016年第3四半期セキュリティラウンドアップ

トレンドマイクロは、2016年第3四半期セキュリティラウンドアップを発表した。これは、2016年7月から10月までの日本国内および海外のセキュリティ動向を分析したものである。このなかから、いくつかの事例を紹介したい。

[18:07 11/17]

サイトを見ただけで感染? 2大ルートはメールとブラウジング - ランサムウェアの最新動向を探る 第3回

ランサムウェアの実態や最新の状況、対策などを全4回にわたり紹介していく本連載。第1回では、ランサムウェア歴史や最新の脅威動向など、第2回ではランサムウェアを取り巻く環境や実際に感染した挙動を紹介した。第3回となる今回は、ランサムウェアの感染経路について説明したい。感染経路を理解することで、同時にランサムウェアへの対策にもつながる。

[11:53 11/17]

アイ・オーのWi-Fiストレージ「WFS-SR01」、脆弱性対策ファームウェア公開

アイ・オー・データ機器のWi-Fiストレージ「ポケドラ WFS-SR01」にて、既存の脆弱性を解消する最新ファームウェア(Ver.1.11)が公開された。

[17:00 11/16]

Windows Insider Preview、Microsoft Edgeブラウザ報奨金プログラムを改訂

米MicrosoftがWindows Insider Preview上で行っている、Microsoft Edge Web Platformに関する報奨金プログラムの条件が改訂された。

[15:36 11/15]

バックナンバー

このカテゴリーについて (パソコン>セキュリティ対策)

 トップへ
セキュリティ対策は万全ですか? 最新セキュリティソリューションの紹介から、各種アラート、最新ニュース、コンピュータセキュリティに関する様々な記事をお届け。

人気記事

一覧

新着記事