マイナビニュース | パソコン (PC) | イチオシ記事

イチオシ記事

2017年06月21日(水)

AMDがZENベースのサーバー向けプロセッサ「EPYC」を正式発表 - パートナーとしてMSやVMwareらが名を連ねる

AMDは米国時間の6月20日、COMPUTEXの際に予告した通り、ZENアーキテクチャを採用したサーバー向けプロセッサ「EPYC」を正式に発表した。製品発表会の様子を含めた詳細については改めてレポートするが、まずはラインナップや、エコシステムを構築するパートナー企業など速報ベースでお伝えしたい。

[05:00 6/21]  自作 / テクノロジ

2017年06月19日(月)

VESA、DisplayPortの現状を解説 - DisplayPort Alt Mode on USB Type-Cに注目

ビデオエレクトロニクス規格協会(以下、VESA)は6月19日、都内で報道機関向けの技術説明会を開催。DisplayPortは、2005年にデル、インテル、アップルなどが協業して作成したディスプレイ接続の規格だ。ロイヤリティー・フリーで高い性能を持ち、さらに将来の技術に対応できるような規格となっている。

[21:27 6/19]  周辺機器

2017年06月16日(金)

COMPUTEX TAIPEI 2017(番外編) - あのECSがまさかの電撃復帰! コンパニオンのお姉さん特集

タイトルに"番外編"などと付けているものの、筆者にとってはむしろ主戦場の1つともいえるのが、このコンパニオンのお姉さん記事である。どのくらい本気かというと、記事の制作にかける作業時間は通常の記事に比べおそらく2~3倍以上。そもそも画像が多すぎるのだが、お姉さん達への感謝の気持ちを込め、手を抜くわけにはいかない。画像総数は77枚! さっそく紹介していこう。

[17:32 6/16]  自作 / テクノロジ

2017年06月15日(木)

米Google、PCをクラウドに「バックアップ&同期」、28日にツール提供開始

米GoogleがPC内のフォルダ/ファイルをクラウドにバックアップして自動的に同期するツール「Backup and Sync」を6月28日に提供し始める。Google Driveでクラウドに同期できるのはPC/Mac内に設けたDriveフォルダ内に限られるが、デスクトップや書類、写真、または任意のフォルダを指定して継続的にGoogle Driveにバックアップできるようになる。

[07:54 6/15]  インターネット

2017年06月12日(月)

WWDC 2017:先行レビューで分かった10.5インチiPad Proのポテンシャル、これはメインマシンになる - 松村太郎のApple深読み・先読み

Appleは6月5日に行われた世界開発者会議「WWDC 2017」の基調講演で、iPad Proシリーズの刷新を発表した。12.9インチモデルは引き続き残されたが、9.7インチモデルは10.5インチモデルへと変更されている。今回は、10.5インチiPad Proの変化と魅力に迫る先行レビューをお届けしよう。

[20:00 6/12]  アップル

2017年06月08日(木)

WWDC 2017:VRにも対応する大幅に強化されたiMac 27インチ - 松村太郎のApple深読み・先読み

Appleは現地時間5日、世界開発者会議「WWDC 2017」において、新しいiMacのラインナップを発表した。筆者は今回、27インチ Retina 5Kディスプレイ iMacを入手。iMacがどんな進化を遂げたのか、早速チェックしてみた。

[00:00 6/8]  アップル

WWDC 2017:既存ユーザーから見たMacBook Pro 13インチ Touch Barモデル - 松村太郎のApple深読み・先読み

AppleはWWDC 2017の基調講演で、Macラインアップ7機種をKaby Lake世代へと刷新した。MacBookやiMacの刷新を待ち望んでいたユーザーは多かったはず。プロセッサの高速化やグラフィックス性能の大幅な向上は、買替え需要を刺激することになるはずだ。しかしMacBook Proのユーザーにとっては複雑だ。

[00:00 6/8]  アップル

2017年06月07日(水)

COMPUTEX TAIPEI 2017 - 16コア以外のRyzen Threadripperは? AMD担当者に聞く今後の製品展開

COMPUTEXにおけるAMDの発表会では、あまり新しい情報はなく、EPYCやRadeon RX Vegaといった公開済みの製品について「スケジュールが確定した」という以上ではなかった。しかし、発表会後のラウンドテーブルで、Exectiveに細かい話を聞くことができたで、これについて紹介したい。

[15:45 6/7]  自作 / テクノロジ

WWDC17基調講演、「プロユーザー軽視」の批判を吹き飛ばす怒濤の製品発表

WWDCは開発者カンファレンスであり、基調講演会場は開発者で占められる。それにも関わらず、AppleはWWDC17の基調講演で数多くのハードウエア製品を発表した。過去を振り返ると、こうした時には「開発者を軽視した基調講演」と開発者コミュニティから酷評されていた。だが、今年は違った。WWDC17の基調講演は、Appleが開発者やクリエイターといったプロユーザーと向き合った基調講演だった。

[10:25 6/7]  アップル

2017年06月06日(火)

WWDC17で発表になったiPad Pro、iMac Pro、HomePodに触ってきた! - プロ仕様の製品続々

Appleの開発者会議「WWDC17」が5日 (現地時間)にスタート。基調講演の終了後、報道陣向けに今回発表となったiPad ProやHomePodなどのハンズオンが実施された。本稿では、その様子をお届けする。

[16:12 6/6]  アップル

Apple史上最強の「iMac Pro」 - 米国で12月発売、4999ドルから

米Appleは、ディスプレイ一体型デスクトップコンピュータ「iMac」のハイエンドモデルである「iMac Pro」を、12月に発売する。ワークステーション向けCPUや最上位のGPUなどを搭載し、史上最も強力なiMacになるとしている。価格は、8コアのXeonプロセッサと32GBのDDR4 ECCメモリ、1TBのSSDと「Radeon Pro Vega 56」GPU(メモリ8GB)を搭載する最小構成で4,999ドル。

[09:15 6/6]  アップル

「iPad Pro」刷新、小型モデルが10.5インチに、120Hz表示対応、A10X搭載

米Appleは6月5日 (現地時間)、同社の開発者カンファレンス「WWDC17」の基調講演において「iPad Pro」シリーズの刷新を発表した。Retinaディスプレイ、プロセッサ、カメラなどが強化され、小型モデルがより広い10.5インチのディスプレイを搭載、「10.5インチiPad Pro」と「12.9インチiPad Pro」のラインナップになった。

[07:20 6/6]  アップル

90秒でわかるWWDC17 - ついに出た! 10.5型iPad ProからSiri搭載スピーカー「HomePod」まで一挙紹介

米国時間6月5日10時、日本時間で6月6日午前2時から開催された、Appleの開発者向けイベント「WWDC17」基調講演は、ソフトウェア、ハードウェアともに濃密な発表となった。内容は例年よりも開発者向けの印象が強かったものの、ソフトウェアではtvOS、watchOS、macOS、iOSのアップデート、そしてハードウェアではiMacとiPad Proの新製品、そしてSiri搭載のApple製スピーカー「HomePod」と、今後発売が気になる製品が数多く登場している。

[07:01 6/6]  アップル

2017年06月05日(月)

Appleのオンラインストアがメンテナンス入り - 新型「iPad Pro」登場か

「WWDC17」の開催を前に、Appleのオンラインストアがメンテナンス入りした。メンテナンス中、ストアに表示されているメッセージは「We've got something special in store for you.」というお馴染みのもの。メンテナンス終了後に、何らかの新プロダクトが、Apple Online Storeに登場すると思われる。新プロダクトに関しては、「iPad Pro」のアップデートなどが噂されている。

[21:31 6/5]  アップル

WWDC17、まもなく開幕! iPadなどを含むハードウェアの発表の可能性も大!!

Appleの開発者会議「WWDC17」の開催が迫っている。iOS、macOS、watchOS、tvOSの4OSを中心にiPadなど、ハードウェアを含めたアナウンスがあると噂されており、数多くの発表があると予測される。

[20:55 6/5]  アップル

アップル WWDC17 開催直前! 見どころまとめ

米Apple主催の開発者会議「WWDC17」が6月5日~9日の5日間の会期でスタートする。初日にあたる5日の午前10時(PDT:太平洋時間、日本時間で6日午前2時)には、同社CEO Tim Cook氏らをはじめとする人々による基調講演が行われ、最新のソフトウェア製品を含むいくつかの新発表や技術トレンドが紹介される見込みだ。

[08:53 6/5]  アップル

2017年06月04日(日)

HDDデータ復旧サービスで救えるのは約○割? - バッファロー、新たに参入したデータ復旧センターを公開

バッファローは6月2日、データ復旧事業参入に関する説明会と見学会をメディア向けに実施。同社のデータ復旧事業参入については、5月1日に発表されており、当日はサービス開始から1カ月を経過してみての手応えなども語られた。また、比較的容易な作業をこなす部署が、メディアによる立ち入り取材に応じてくれた。

[15:14 6/4]  自作 / テクノロジ

2017年06月02日(金)

パナソニック「Let'snote」2017年夏モデル - 2in1「XZ6」「RZ6」の進化は?

パナソニックは6月2日、モバイルノートPC「Let'snote」の2017年夏モデルを発表した。2in1タイプの12型「XZ6」と10.1型「RZ6」、クラムシェルタイプの12.1型「SZ6」と14型「LX6」の4シリーズをラインナップしている。ここでは2in1タイプの「XZ6」と「RZ6」を見ていこう。

[15:01 6/2]  PC本体

COMPUTEX TAIPEI 2017 - Microsoftのどんでん返しなるか、Always Connected PC構想について考える

今年(2017年)のCOMPUTEX台北では、半信半疑ながらではあるが、Microsoftがこれからのパーソナルコンピューティングに大きなムーブメントを起こしそうな予感をもった。パソコンの業界のリーダーとして、これからのパーソナルコンピューティングがどのようにあるべきかを構想として提示できていたように感じる。

[12:17 6/2]  Windows

2017年06月01日(木)

COMPUTEX TAIPEI 2017 - Qualcomm、Snapdragon 835でのWindows 10動作デモを公開

QualcommはCOMPUTEX3日目にあたる6月1日、台北市内のホテルでWindows on Snapdragon 835の動作デモを実施した。Snapdragon 835搭載のデモマシンにWindows 10を搭載し、Microsoft Officeなどx86アプリケーションが動作する様子を披露した。

[20:10 6/1]  自作 / テクノロジ

ちょー便利! ロジクールのマウス新製品が備える「FLOW」 - WindowsもMacも1台のマウス/キーボードで操る

ロジクールは6月1日、新機能「FLOW」に対応したマウスとして、「MX MASTER 2S」「MX ANYWARE 2S」「M585」「M590」を発表した。プレミアムシリーズのMX MASTER 2SとMX ANYWARE 2Sは6月15日から発売し、参考価格(税別)は前者が12,880円、後者が10,130円。M585とM590は6月22日から発売し、参考価格(税別)はM585が3,750円、M590が3,500円。

[16:57 6/1]  周辺機器

2017年05月31日(水)

COMPUTEX TAIPEI 2017 - RYZEN ThreadRipperやRadeon RX VEGAなど2017年夏はAMDの新製品ラッシュに

COMPUTEX TAIPEI 2017の2日目にあたる5月31日、AMDは台北市内のWestin Hotelで発表会を開催し、同社が今後投入を予定している新製品について、その投入時期を明らかにした。これによると、サーバ向けCPU「EPYC」が6月20日、コンシューマ向けハイエンドCPU「RYZEN ThreadRipper」が2017年夏、「Radeon RX VEGA」が7月末から8月頭と立て続けに投入されることになる。

[18:49 5/31]  自作 / テクノロジ

COMPUTEX TAIPEI 2017 - Intel、16コアRYZEN対抗で最大18コアの「Core i9」を投入へ

Intelは、COMPUTEX TAIPEI 2017初日となる5月30日に開催された基調講演において、"Basin Fall"(開発コード名)として知られていたX299プラットフォームと、これを使うCore-Xシリーズプロセッサを正式発表した。今回はこれについて詳しく紹介したい。

[08:00 5/31]  自作 / テクノロジ

2017年05月30日(火)

COMPUTEX TAIPEI 2017 - Intel、最大18コアのハイエンド向け新CPU「Intel Core X」シリーズを発表

Intelは5月30日、台湾で開催中のCOMPUTEX TAIPEI 2017にて、デスクトップ向けハイエンドCPU「Intel Core Xシリーズ」を発表した。ゲーミングやコンテンツ制作といった高いパフォーマンスが求められる用途向けの製品で、Core XシリーズとしてCore i5X/Core i7X/Core i9X/Core i9 Extremeというグレードで提供する。

[22:11 5/30]  自作 / テクノロジ

COMPUTEX TAIPEI 2017 - GIGABYTE、未発表の「AMD X399」マザーボードをチラ見せ

台湾GIGABYTEは5月30日、COMPUTEX TAIPEI 2017において、未発表の「AMD X399」らしきチップセットを搭載したマザーボードをチラ見せした。AMDが2017年夏の投入を予定している16コア/32スレッドのハイエンドCPU「RYZEN Threadripper」に対応するものと思われるが、詳細は不明だ。まずはフォトレポートを中心に概要をお伝えしたい。

[13:59 5/30]  自作 / テクノロジ

Intel Optane Memoryの効果と可能性を探る - どんな環境で最大限生きるのか

IntelとMicronが開発した次世代メモリ技術である「3D XPoint」。エンタープライズ向けにはすでにOptane SSDがリリースされていたが、5月上旬にコンシューマ向けにも「Optane Memory」として登場した。今回はOptane MemoryがPCのパフォーマンスアップにどれだけ効果があるのか調べるとともに、賢い使い方を探っていきたい。

[07:30 5/30]  自作 / テクノロジ

2017年05月29日(月)

COMPUTEX TAIPEI 2017 - ARM、新たなCPUコア「Cortex-A55」「Cortex-A75」

英ARMは5月29日、COMPUTEX TAIPEI 2017開幕前日に記者会見を開き、新しいCPUコア「Cortex-A55」、「Cortex-A75」、ハイエンドGPU「Mali-G72」を発表した。人工知能(AI)の性能を飛躍的に向上させるARM DynamIQテクノロジーをベースにした初のプロセッサとなり、搭載デバイスの可能性を大きく広げる高パフォーマンスを実現しているという。

[19:44 5/29]  自作 / テクノロジ

山田祥平のニュース羅針盤 第94回 Surfaceは第二章へ進む、いろんな意味で

日本マイクロソフトがMicrosoft Japan Surface Eventを開催し、すでに発表済みのSurface Studio、Surface Laptopに加え、つい先日、上海でのイベントで発表されたSurface Proを日本に投入することが明らかになった。おおむね事前の噂通りで、Surface Proについては、Surface Pro 5ではなくnew Surface Proになる。

[06:00 5/29]  

2017年05月26日(金)

新「Surface」日本上陸! Surface ProのLTEモデルは2017年秋から展開

日本マイクロソフトは2017年5月26日、都内で新Surfaceデバイスに関する発表会を開催し、「Surface Pro」「Surface Studio」を日本市場で6月15日から、「Surface Laptop」を7月20日から発売することを明らかにした。同社代表取締役 社長 平野拓也氏は「日本におけるSurfaceビジネス第2章となるラインナップ」と抱負を述べている。

[20:10 5/26]  PC本体

日本MS、「Windows 10 S」搭載の「Surface Laptop」を7月20日に国内販売

日本マイクロソフトは5月26日、13.5型ノートPC「Surface Laptop」の国内販売を発表した。7月20日の発売を予定し、6月15日から全国の量販店やオンラインストアである「Microsoft Store」にて予約を開始する。価格はエントリーモデルで税別126,800円、上位モデルで税別146,800円。

[13:26 5/26]  PC本体

2017年05月25日(木)

おっさん感涙!! 「PasoconMini MZ-80C」を見て触った

ハル研究所が5月11日に発表した、パソコンミニシリーズ第一弾製品となる「PasoconMini MZ-80C」。6月1日から予約を受け付けることとなった。予価19,800円(税別)でBEEP秋葉原の店頭およびWebサイトで予約、販売が行われる。メディア向けの説明会で、実機やプログラム環境、デバック環境を見てきた。

[22:08 5/25]  PC本体

「LIFEBOOK UH75/B1」は単に軽いだけじゃない - 外装、インタフェース、基本性能の絶妙なバランスが魅力

富士通の高性能モバイルPC新製品「LIFEBOOK UH」シリーズは、マグネシウムリチウム合金素材を採用することで、13.3型液晶ディスプレイ搭載ノートPCとして世界最軽量の約761gという重量を実現していることが特徴だ。製品版を試す機会に恵まれたので、以前掲載された試用版レビューではできなかったベンチマークテストなどを試してみた。

[16:17 5/25]  PC本体

2017年05月24日(水)

HoloLensの父、「MRこそがコンピューターの将来」と語る - 日本マイクロソフト「de:code 2017」基調講演から

2017年5月23日から2日間、日本マイクロソフトは都内で開発者/IT技術者向けイベント「de:code 2017」を開催した。de:codeは、Microsoftの開発者向けカンファレンスである「Build 2017」の開催を受けて、日本国内向けにコンテンツを整理し、参加者に情報を発信するイベントだ。基調講演の内容をピックアップしてお届けする。

[22:24 5/24]  Windows

2017年05月23日(火)

Microsoft、最大13.5時間の長時間駆動を実現した新「Surface Pro」

米Microsoftは5月23日、「Surface」シリーズの最新モデル「Surface Pro」を発表した。Surface Penを強化し、4,096段階の筆圧検知に対応。また、バッテリー駆動時間を従来の9時間から13.5時間に改善した。25地域の市場で6月15日の発売を予定し、価格は799米ドルから。

[22:38 5/23]  PC本体

2017年05月22日(月)

今週の秋葉原情報 - 8万円で買える大画面4K液晶が登場、GeForce GT 1030カードもデビュー

LG Electronicsの「43UD79-B」は、42.5インチという大画面の4K液晶ディスプレイである。普通に4Kディスプレイとして利用できるほか、最大4系統の映像の同時表示も可能。この場合、21.5インチのフルHDディスプレイを4台(縦2台×横2台)並べた環境と同じようなイメージになる。価格は80,000円前後と、コストパフォーマンスも良好だ。

[18:19 5/22]  自作 / テクノロジ

2017年05月17日(水)

AMD、16コア/32スレッドの「RYZEN Threadripper」を2017年夏に投入

AMDは5月16日(米国時間)、米カリフォルニア州SunnyvaleのAMD本社において投資家向け会議「2017 Financial Analyst Day」を開催し、同社の最新ロードマップや製品戦略を披露した。データセンター向けCPU「Naples」のブランド名を「EPYC」とするほか、デスクトップ向けにも16コア/32スレッドCPUを投入することが明かされた。

[09:44 5/17]  自作 / テクノロジ

2017年05月16日(火)

話題のプログラミングキット、ソニー「KOOV」は実際どう? - 子ども一人でも遊びながら学べる!

文部科学省が2016年4月に、小学校におけるプログラミング教育の必修化の検討を発表したことで、子どものプログラミング教育に注目が集まっている。プログラミング教室やイベントなども大盛況で、全国各地で行われるようになった。子ども向けの教材も増えているが、特に注目されているのがソニー・グローバルエデュケーション「KOOV」だ。

[17:32 5/16]  自作 / テクノロジ

2017年05月15日(月)

暗号化型ランサムウエア「WannaCry」に感染すると? 実際の動きをチェック

トレンドマイクロは15日、世界中で被害が広がっている暗号化型ランサムウェア「WannaCry」(同社ではワナクライと呼称)に関する緊急解説セミナーを開催。同社セキュリティエバンジェリストの岡本勝之氏が、日本国内におけるWannaCryの被害状況や対策などについて紹介した。

[20:32 5/15]  セキュリティ対策

15日は不審メールに要注意、業務停止の可能性も - IPAが大規模ランサムウェア攻撃に警鐘

英国やドイツなど世界中で大規模な攻撃が確認されている暗号化型ランサムウェア「Wanna Cryptor」について、IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)が14日、緊急記者説明会を実施した。週明け15日がサイバー攻撃の"特異日"になる可能性があるとして、注意を喚起した。

[06:00 5/15]  セキュリティ対策

2017年05月14日(日)

5月15日月曜日は特に厳重注意! - ランサムウェア「WannaCrypt」の攻撃

すでに何らかの報道で目にしている人は多いと思うが、ランサムウェア「WannaCrypt」が世界各国で大きな被害をもたらしている。主に法人を対象に大規模な攻撃が行われており(もちろん個人にも)、約80%がメールによって拡散中だ。日本でも多数の検出報告があるため、メールチェックが急増する週明けの5月15日月曜日は特に注意してほしい。

[18:33 5/14]  セキュリティ対策

2017年05月12日(金)

3分でだいたい分かるMicrosoft Build 2017(2日目)まとめ

米Microsoftが2016年5月10日(現地時間)から開催中の開発者向けカンファレンス「Build 2017」。2日目の基調講演で発表された最新情報から、キーポイントを取り上げて紹介する。最初に登壇したTerry Myerson氏は、Windows 10について、Microsoft Graphと連携し、人と人、人とデバイスを有機的につなげていくと語る。

[11:49 5/12]  Windows

Windows 10の次期大型アップデートは「Fall Creators Update」、今秋登場

米Microsoftは11日 (現地時間)、同社の開発者カンファレンス「Build 2017」(5月10日~12日)でWindows 10の次期大型アップデート「Windows 10 Fall Creators Update」を発表した。名前が示すように、今年4月リリースの「Windows 10 Creators Update」に続くクリエイティビティをテーマの1つとしたアップデートであり、また異なるデバイスをつなぐクラウド連係が新たな強化点になる。正式版のリリースは今年秋を予定している。

[05:55 5/12]  Windows

2017年05月11日(木)

なつかしの「MZ-80C」を手のひらサイズで再現した小型PC - ハル研究所

ハル研究所は5月11日、1979年にシャープから発売された「MZ-80C」を1/4スケールのミニチュアサイズで再現した「PasocomMini MZ-80C」を発表した。10月中旬の発売を予定する。価格は19,800円(税別)。今回の反応がよければ、このほかの製品についても「PasocomMini」シリーズとして展開したいとしている。

[18:26 5/11]  PC本体

2017年05月10日(水)

Ryzen 7 1700X/1700レビュー - 「手ごろな8コアCPU」の魅力をチェック

Intelのハイエンドプラットフォームに対して互角の戦いを示したRyzen 7 1800X。その下位モデルとなるのが、Ryzen 7 1700Xおよび1700だ。Ryzen 7 1800Xと同じく、8コア/16スレッドだが価格を抑えたこの2モデル、どれほどのパフォーマンスを備えているか、さっそく検証してみよう。

[15:06 5/10]  PCゲーミング

2017年05月08日(月)

第7のエディション「Windows 10 S」は何が違うのか - 阿久津良和のWindows Weekly Report

米国時間5月2日、Microsoftは文教向け戦略として、「Minecraft Education Edition」の強化や新デバイス「Surface Laptop」などを発表した。今回はこれらの中から「Windows 10 S」に注目する。Windows 10 Sは、これまで「Windows 10 Cloud」と呼ばれていたWindows 10 Proのサブセットに位置するOSだ。

[16:40 5/8]  Windows

2017年05月04日(木)

Intel、新しいXeonファミリーを予告 - CPUコアとラインナップを刷新

米Intelは5月4日朝5時(太平洋時間)、新しいXeonファミリー投入を予告した。今回公開されたのは、Xeon Processor Scalable Familyと呼ばれる製品で、2017年の中旬に出荷開始されるという予定だ。内部の再設計を行い、従来製品からより高い性能と効率が実現できたとアピールする。

[21:00 5/4]  自作 / テクノロジ

2017年05月03日(水)

米MS「Surface Laptop」発表、薄くてパワフル、バッテリー動作14.5時間

米Microsoftは5月2日 (現地時間)、米ニューヨークでプレスイベントを開催し、「Surface Laptop」を発表した。CPUに第7世代Intel Core i5/ i7を搭載した13.5インチの薄型・軽量ノートPCだ。OSはWindows 10 S。今日のモバイルユーザーが求めるセキュリティとパフォーマンス、そして長いバッテリー駆動時間 (最大14.5時間:ビデオ再生)のバランスに優れる。価格は999ドルから。

[06:08 5/3]  Windows

「Windows 10 S」発表、安全とパフォーマンスを優先したWindows 10

米Microsoftは5月2日 (現地時間)、米ニューヨークでプレスイベントを開催し、「Windows 10 S」を発表した。Windows 10 Proに相当する機能を備え、利用できるアプリケーションをWindowsストアからのアプリに、そして既定のブラウザをMicrosoft Edgeに限定することで、高度なセキュリティと安定性、優れたパフォーマンスを実現する。

[05:45 5/3]  Windows

2017年04月28日(金)

いつでもさっと取り出せる「落書きタブレット」 - ドスパラの8型Windowsタブレット「raytrektab DG-D08IWP」登場

サードウェーブデジノスは4月27日、ワコムの筆圧感知ペンが標準で付属する8型Windowsタブレット「raytrektab DG-D08IWP」をPCショップ「ドスパラ」で発売した。これに合わせて製品説明会を開催。声優で漫画家の劉セイラさんをゲストに迎えて、ライブドローイングも行った。

[01:01 4/28]  PC本体

2017年04月27日(木)

大河原克行のWindows 10 PC探訪記 富士通編 - 「この領域で我々はチャレンジャー」LIFEBOOK UH75/B1開発者に聞く

「この領域において我々はチャレンジャー」――。13型モバイルノートPCの領域では、NECパーソナルコンピュータの「LAVIE Hybrid ZERO」が前身となるLaVie Z時代から、世界最軽量の座を欲しいままにしてきた。その領域に、富士通クライアントコンピューティングが満を持して挑んだのが「LIFEBOOK UH75/B1」という製品だ。

[06:00 4/27]  PC本体

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事