マイナビニュース | パソコン (PC) | インターネット

関連キーワード

新着記事

一覧

「@nifty接続サービス」、混雑時一部ユーザーに通信速度の制御

ニフティは、「@nifty接続サービス」の一部において、より多くのユーザーがインターネットを快適に利用できるよう、通信混雑時に著しく通信量が多いユーザーから順に通信速度を一時的に制御すると発表した。混雑が緩和され次第、制限は解除するという。

[15:11 5/23]

Googleお役立ちテクニック - 自分のGoogleカレンダーを一般に公開する

Googleカレンダーは特定のユーザーと共有するだけでなく、不特定多数のユーザーを対象に一般公開することもできます。たとえばお店の定休日やイベントのスケジュールをカレンダーに登録、公開設定にして、Webサイトからリンクをたどれるようにしておくという使い方ができます。

[00:00 5/23]

新着記事

一覧

Googleお役立ちテクニック - 自分のGoogleカレンダーをほかの人と共有する

Googleカレンダーでは、カレンダーをほかのユーザーと共有することができます。カレンダーを共有すると、相手のカレンダーに自分のカレンダーを表示できるのです。ほかの人とスケジュールを共有すると、便利なことがたくさんあります。今回は、自分が作った任意のカレンダーを、特定の人と共有する方法を紹介しましょう。

[10:52 5/22]

2017年に日本で展開、米クラウドファンディングサイト「Kickstarter」

米国の大手クラウドファンディングサイト「Kickstarter」は、2017年内に日本展開すると公式Twitterで発表した。「日本のクリエイターはキックスターターでプロジェクトを発表できるようになる」とツイートし、ツイート内に記載されたURLを開くと、メールアドレスの登録フォームが設置されている。

[18:47 5/19]

Googleお役立ちテクニック - Googleカレンダーのリマインダーを設定する

「原稿の締め切り」など、予定ではないが忘れないでおきたいタスク(ToDo)をカレンダーに書き込んで、予定と一緒に管理している人も多いでしょう。Googleカレンダーには「リマインダー」という専用のカレンダーが用意されており、タスクだけを効率的に管理することができます。

[00:00 5/16]

Googleお役立ちテクニック - Googleカレンダーから予定のリマインダーを受け取る

Googleカレンダーで予定を作成しておいても、うっかり忘れてしまったという失敗はないでしょうか。予定が詰まっていると些細な用事ほど忘れやすくなります。といって、常にカレンダーをチェックするのもなかなか難しい……。そんなときは、Googleカレンダーに通知してもらえば解決です。

[00:00 5/15]

Huluが17日に大規模リニューアル、URLも「happyon.jp」に変更

HJホールディングスは、定額制動画配信サービス「Hulu」のリニューアルを5月17日に実施する。URLの変更をともなう、大規模なリニューアルとなる。5月17日以降は、PC版HuluのURLが「hulu.jp」から、「happyon.jp」に変更され、スマートフォンやタブレット、テレビといったアプリでは更新が必要となる。

[23:29 5/9]

Googleお役立ちテクニック - Googleカレンダーで同じ予定を効率よく入力する方法

毎週金曜日は英会話に通い、月の第2・第4月曜には定例の会議……。定期的に発生する予定を、Googleカレンダーに毎回手動で入力するのは面倒ですよね。こんなときは「繰り返し」を使います。決まった曜日や時間に、同じ予定を自動で入力できます。全10回の講習なども、終了までの回数を指定入力できるため、手間がかかりません。

[00:00 5/9]

Googleお役立ちテクニック - Googleカレンダーで複数のカレンダーを管理

Googleカレンダーでは、用途別にカレンダーを作成できます。予定を効率的に管理するには必須の機能です。たとえば仕事の予定と家族の予定を書き込む場合、1つのカレンダーでは公私の予定が混同してしまいます。カレンダーを別に用意することで、表示/非表示をカレンダーごとに切り替えられるようになります。

[00:00 5/8]

Googleお役立ちテクニック - Googleマップにクチコミ情報を投稿する

Googleマップでローカルガイドになると、周辺地域の情報をほかのユーザーにおすすめスポットとして紹介できるようになります。今回はローカルガイドとして、パソコンとスマートフォンからクチコミ情報を投稿する方法を紹介します。Googleマップから簡単に投稿できますよ。

[11:47 5/2]

Googleお役立ちテクニック - Googleマップのローカルガイドになる

おしゃれなカフェや魅力的な公園を見つけたら、誰かにおすすめしたくなりますよね。Googleマップの「ローカルガイド」に登録すると、周辺地域の情報をほかのユーザーに紹介できるようになります。またポイントをゲットすれば、「レベル」によって特典をもらうこともできます。

[11:45 5/2]

Googleお役立ちテクニック - Googleカレンダーのビューを切り替えるショートカット

Googleカレンダーを起動すると、デフォルトでは一週間の予定が表示されます。Googleカレンダーには、最初に表示される「週」ビューのほか、「日」「月」「カスタム」「予定リスト」という全部で5つのビューがあり、マウスのクリックで切り替えるほか、キー操作でも切り替えることができます。

[15:10 5/1]

Googleお役立ちテクニック - Googleカレンダーにすばやく予定を登録する

Googleカレンダーは、日々のスケジュールを管理するWebアプリケーションです。仕事やプライベートの予定を一元管理するのに、Googleカレンダーを使っている人は多いでしょう。そこで今回は、Googleカレンダーに予定を登録する方法をいくつか紹介します。よく使う方法とともに、一通り覚えておくと便利ですよ。

[00:00 5/1]

プッシュ通知エンジン「BoltzEngine」、Webブラウザ通知が可能に

フェンリルは27日、プッシュ通知エンジン「BoltzEngine」をアップデート。PCのWebブラウザにプッシュ通知を配信できる「BoltzEngine 2.2」の提供を開始した。ビジネス向けの提供となり、プランは月額8万円(サブスクリプション)や、80万円(利用アプリ数1本)/360万円~(利用アプリ数無制限)の買い切り版を用意する。

[13:25 4/28]

Googleが検索の品質を改善、フェイク記事など不適切なコンテンツを下位に

米Googleがフェイクニュース問題対策になるGoogle検索の変更を公式ブログで公表した。攻撃的なコンテンツや誤解を招くコンテンツが結果上位に表示されないようにシグナルを調整。またオートコンプリート予測や強調スニペットにも不適切なコンテンツの表示にユーザーがフラグを付けられる機能を追加した。

[16:47 4/26]

Googleマップで表示される投稿レビューに自動翻訳機能が追加

Google Japanは25日、GoogleマップやGoogle検索結果で表示されるレビューの自動翻訳機能を提供開始した。Googleマップや検索機能を開き、建物やレストランなど興味のあるものを検索すると、デバイスのデフォルト言語にあわせ、元々の言語で書かれた投稿レビューの上に自動で翻訳版が表示される。

[12:48 4/25]

Yahoo! JAPAN、パスワード入力が不要のログイン方法を導入

ヤフーは4月20日、Yahoo! JAPANが提供するサービスにおいて、パスワードを使わないログイン方法を採用した。新たに、スマートフォンなどのSMSを使って本人確認を取れるようになっている。第一弾として、iOS版の「Yahoo!パートナー」アプリで導入。6月までに「Yahoo!乗換案内」「Yahoo!天気」アプリでも導入を予定しており、その後もYahoo! JAPANの主要iOSアプリに順次拡大していく。

[16:33 4/20]

動画サービスniconico新バージョン「く」(クレッシェンド)、10月に提供

ドワンゴは17日、同社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」の新バージョン「く」(クレッシェンド)を発表した。提供は2017年10月から。niconicoの現行バージョン「GINZA」は2013年10月にサービスを提供。約4年ぶりとなる新バージョンでは、サーバーや画質、遅延の問題を解決するほか、独自の新機能も搭載予定という。

[11:09 4/18]

Googleが機械学習ベースのイラストツール公開、適当に描いた絵もプロ仕様に

米Googleは、ユーザーが描いたイラストをの内容を分析し、プロが描いたイラストに置き換える機能を備えた機械学習ベースのイラストツール「AutoDraw」を公開した。ユーザーが図柄を描いていく中で、同じ内容だと判断された図柄を示したアイコンが、上部に置かれたバー「サジェスチョンツール」に次々と並び、任意のアイコンをクリックすると、イラストが差し替わる。

[18:51 4/12]

ここまで来たリアルタイム会話の多言語翻訳 - 日本語音声に対応した「Skype翻訳」リリース

日本マイクロソフトは2017年4月7日から、「Microsoft Translator Speech API」による音声翻訳に対応した言語として日本語を追加し、翻訳機能を備えたアプリ類を複数リリースした。上記APIによる翻訳機能を実装したアプリケーション、「Skype翻訳」の体験会も開催されたので、その様子をお伝えする。

[08:00 4/9]

DAZN、日本オフィスと制作現場を公開 - クオリティ向上のためJリーグ中継はカメラ数を増やす

映像配信サービス「DAZN」を手がけるPerform Investment Japanは、報道関係向けにDAZNオフィスツアーを実施。日本オフィスや、制作現場とシステムなどを公開した。また、サービス開始直後からトラブルでつまずいてしまった、Jリーグ(日本プロサッカーリーグ)のサッカー放送に関しても説明を行った。

[10:48 4/6]

仮想空間で友達と遊べるVRソーシャルアプリ「cluster.」が5月に配信

クラスターは、VRソーシャルアプリ「cluster.」の日本語版と英語版を、5月中に正式リリースする。cluster.は、仮想空間で動画視聴やイベントへの参加などを楽しめるVRソーシャルルームアプリ。ルームを作ってアニメや映画を見たり、ゲームをプレイしたりなど、一人から少人数でも利用できる。イベントは、数十人から数千人規模で開催することも可能だ。

[18:52 4/4]

カシオ、飲食店支援サイトに税理士・社会保険労務士向け専用サービス

カシオ計算機は3日、税理士や社会保険労務士などの専門家が、顧問先の会計処理・給与計算などの内容を確認・訂正できる新サービス、「HANJO with PRO」を発表した。同日から提供を開始しており、価格は月額2,980円(税別)。今回のHANJO with PROは、カシオの飲食店支援サイト「HANJO TOWN」のサービスとして新たに提供されるものだ。

[17:21 4/3]

Google MAPのエイプリルフール企画、2017年は「Ms.パックマン」

4月1日に毎年恒例となっているエイプリルフール企画として、Webブラウザ版とスマートフォンアプリのGoogle MAPで「Ms.パックマン」がプレイ可能になっている。Googleでは「残念ながら、このゲームで遊べる期間は限られているので、クッキーはなるべく早く食べてください」としている。

[11:48 4/1]

"超時空都市"がWebに出現!? ネットの歴史を巨大イラストで再現

ヤフーは1日、国内外で起きた、インターネットに関する出来事1,390個を巨大イラストで閲覧できるコンテンツ「The Mother of Internet ~インターネットの歴史~」を公開した。同社の2017年エイプリルフール企画。サービス開始から21年目となることを記念し、スマートフォンで約4.5m分スクロールするイラストで、ネットの歴史を表現した。

[00:00 4/1]

Twitter、返信ツイートの「@ユーザー名」140文字にカウントしないよう変更

Twitterは、返信ツイートの@ユーザー名を140文字に含めないよう変更する。twitter.comのほか、iOS・Android版にも順次提供される。

[11:02 3/31]

「Googleトーク」12年の歴史に幕、6月末から「ハングアウト」に完全移行

米Googleは3月24日(現地時間)、インスタントメッセンジャー・サービス「Googleトーク (Google Talk)」を完全に終了させる計画を明らかにした。コミュニケーションサービス「ハングアウト (Hangouts)」を受け皿に、現在使用できるGoogleトークのサービスを6月26日に終わらせる。

[10:39 3/25]

Facebookのライブ動画、PCからも配信可能に

Facebookは22日(米国時間)、Facebookのライブ動画がPCから配信可能になったと発表した。同社は2016年にスマートフォンなどのモバイル端末からライブ動画を配信可能としたが、今回、固定カメラが内蔵されているデスクトップPCやノートPCからライブ動画を配信可能となった。

[21:22 3/23]

カシオ、画像解析の応用技術で国際コンテスト「ISBIチャレンジ」の1位に

カシオ計算機は、国際コンテスト「ISBIチャレンジ2017」において、皮膚疾患の自動判別に関する部門にて1位を獲得した。受賞した技術は、同社の無料ダーモスコピー学習用クラウドサービス「CeMDS(CASIO e-Medical Data Support)」の将来的なサービス拡充を視野に入れて開発したもの。

[11:00 3/21]

【特別企画】日本人のがん死亡率を下げるために - カシオの医師向けダーモスコピー学習用サービス「CeMDS」新教材と理念

カシオが提供している医師向けクラウド学習サービス「CeMDS」。皮膚の病変を写真と所見で学ぶCeMDSに、このたび新しいコンテンツと機能が加わった。今回、CeMDSの監修者である千葉大学大学院医学研究院の外川八英助教と、イラスト担当であるフリーランスの佐々木氏に、新しいCeMDSに関してお話をうかがった。

[07:00 3/21]

バックナンバー

このカテゴリーについて (パソコン>インターネット)

 トップへ
GoogleやMicrosoft、Twitter、FacebookなどのWebサービスを中心に、インターネットにまつわるホットな話題を厳選してお届け。

人気記事

一覧

新着記事