[明日のわろてんか]11月16日 第40回 藤吉、大阪落語の重鎮に出演交渉も…

NHKの連続テレビ小説「わろてんか」第40回の一場面 (C)NHK

 葵わかなさん主演のNHK連続テレビ小説「わろてんか」は第7週「風鳥亭、羽ばたく」を放送。16日の第40回では、伊能(高橋一生さん)から大阪落語の重鎮・文鳥(笹野高史さん)を紹介してもらった藤吉(松坂桃李さん)だったが、安易にツテを頼って出演交渉に来たことをたしなめられてしまう。風鳥亭の客入りは相変わらず悪いままで、てん(葵さん)は家計を支えようとまた内職を始めるが……という展開。

 「わろてんか」は、京都の老舗薬種問屋の長女で、笑いをこよなく愛するヒロイン・藤岡てんが、大阪を日本一の笑いの都にしていく姿を描く一代記。主題歌は女優の松たか子さんが歌う「明日はどこから」。脚本はドラマ「美女か野獣」(フジテレビ系)などの吉田智子さんが手がけ、語りはNHKの小野文惠アナウンサーが担当している。

 第6週「ふたりの夢の寄席」では、芸人長屋にやってきたてんと藤吉が、笑いを商売にしようと決心。寄席の開業を目指して動き出す。廃業した寄席「鶴亀亭」を一目見て気に入った藤吉は、持ち主の亀井(内場勝則さん)に「売ってほしい」と交渉。手付金を急いで用意する必要に迫られると、てんは意を決して京都の実家に向かい、父の儀兵衛(遠藤憲一さん)に借金を申し込む……という展開だった。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事