2017年の赤ちゃんお名前ランキングを発表 - 「結衣」が7年ぶり首位に!

赤ちゃん本舗は11月15日、「2017年赤ちゃん命名・お名前ランキング」を発表。上半期命名・お名前ランキングの発表に続き、年間ランキング上位20位を公表した。男の子で最も人気が高かったのは「蓮」(れん)、女の子では7年ぶりに「結衣」(ゆい)が1位となった。

2017年、最も人気だった赤ちゃんの名前は?(画像はイメージ)

このランキングは、赤ちゃん本舗の会員情報のうち、2017年1月1日~10月20日に登録された子どもの名前を集計してランキング化したもの。調査した名前の件数は、8万2,917件となった(男の子: 4万2,416件、女の子: 4万501件)。

その結果、男の子は昨年に引き続き「蓮」が首位にランクイン。次いで「悠真」、「湊」と続いた。女の子は上位が大きく変動し、1位は「結衣」となった。4年連続首位だった「葵」は6位に入った一方、「陽葵」が10位から2位に、「凛」が11位から3位へ大きく順位を伸ばした。

男の子は「蓮」、女の子は「結衣」が首位にランクイン

男の子は2017年上半期の分析に引き続き「そうた」の人気が急上昇していて、「奏太」が24位から9位に、「奏汰」が71位から21位、「颯太」が54位から24位にランクアップしている。同社は「字は違いますが俳優の福士蒼汰さん、棋士の藤井聡太さんの影響でしょうか」とコメントしている。

女の子の「結衣」が順位を上げた背景については「昨年末大ヒットしたTBSのドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に続き、2017年7月からのフジテレビのドラマ『コード・ブルー』に出演された新垣結衣さんの活躍も影響したのでしょうか」と推測している。

男の子の名前で人気の漢字としては、「太」「大」「悠」といったおおらかなイメージの名前が引き続き多く見られるなか、音や色などの芸術をイメージさせる「奏」「蒼」が上昇。

「太」が首位にランクイン

女の子は「菜」「花」「莉」「咲」「芽」など草花にまつわる漢字が引き続き多く見られ、「結」「彩」「月」が上昇している。男女共通の人気の漢字は「希」「優」となった。

「菜」が首位にランクイン

関連キーワード

人気記事

一覧

2017年11月25日の運勢

イチオシ記事

新着記事