岡山、長澤徹監督との契約更新を発表…就任3年目の今季は現在14位

岡山が長澤徹監督との契約更新を発表した [写真]=JL/Getty Images for DAZN

 ファジアーノ岡山は15日、長澤徹監督と契約を更新することで合意し、2018シーズンも引き続き指揮を執ることが決まったと発表した。

 長澤監督は1968年生まれの現在49歳。FC東京やジュビロ磐田でコーチを歴任した後、2014年に岡山のトップチームコーチに就任した。翌2015年より、同クラブの指揮官に昇格している。

 監督就任初年度の2015年は11位に終わったが、2016年には6位と躍進。J1昇格プレーオフ決勝では惜しくもセレッソ大阪の前に屈し、悲願のJ1昇格とはならなかった。今季は2017明治安田生命J2リーグでここまで13勝15分け13敗の勝ち点「54」で14位となっている。

 岡山はすでにプレーオフ進出の可能性が消滅しており、来季もJ2で戦うことが確定している。長澤監督の下で、岡山は再び上位進出を目指す。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事