0歳から6歳の子どもを育てるのにかかるお金

赤ちゃんを育てるのに必要なお金はいくら?0歳から6歳の乳幼児時にかかるお金の平均金額、支出費目の詳細について紹介。2019年度からの幼児教育無償化についても解説します。

◆赤ちゃんを育てるのにかかるお金はいくら
まずは無事なご出産が一番ですが、その後、現実の育児が始まります。育児にはどれくらいのお金がかかるのでしょうか。ここでは0歳から6歳までの乳幼児時にかかるお金を見てみましょう。

◆0歳児の子育てコストは月平均7万8000円
子どもが生まれてからかかる費用を見てみましょう。まずは0歳児の1年間にかかる費用について、データが少し古いですが、内閣府「平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査」を参照してみます。かかる費用の内訳としては、ベビー用品・医療、育児費、お祝いや行事関係費、子供のための預貯金や保険料などです。

<0歳児にかかる費用(年間)>
—————————————————————————
・ベビー用品・衣料   311,004円
・育児費         186,321円 
・お祝い行事関係費  159,354円 
・預貯金・保険     221,193円 
合計  年931,247円
(月平均77,604円)
—————————————————————————
(内閣府「平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査」)

0歳児にかかる費用の詳細を見る

0歳時にかかる費用の詳細
0歳児に段階でも平均月7.8万円くらいかかっているようです。

◆1歳~6歳児の子育てコストは平均で月7.3万~10.1万円
1歳児から6歳児までにかかる子育てコストについても見てみましょう。レジャー・旅行費なども含まれています。参照しているデータは、0歳児と同じく、内閣府「平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査」です。かかる費用を、下表に整理してあります。1歳児から6歳児までにかかる費用の詳細を見る。

1歳から6歳児にかかるお金の詳細
1歳児から6歳児までの育児でかかる費用(貯蓄や保険を含む)の年額と、月額は次の通りです。

・1歳児にかかる費用 年約87.8万円  月約7.3万円
・2歳児にかかる費用 年約94.3万円  月約7.9万円
・3歳児にかかる費用 年約104万円  月約8.7万円 
・4歳児にかかる費用 年約119.7万円 月約10万円
・5歳児にかかる費用 年約115.9万円 月約9.7万円
・6歳児にかかる費用 年約121.5万円 月約10.1万円


貯蓄や保険も含まれるものの、乳幼児期の子どもにかかる費用は、平均で月7.3万~10.1万円かかっていることになります。

◆幼児教育無償化はどうなる?
政府は、消費増税(2019年10月に8%⇒10%)による税収増分の一部を使って、2019年度から幼児教育無償化をしようとしています。3~5歳の幼稚園・保育園の費用を、全世帯分無料にする見込みです(0~2歳の保育料も低所得世帯に限り無料化)。

衆議院選挙では幼児教育無償化の財源として消費税を充てることも争点に掲げて戦い、圧勝した自民党。まだどうなるかはわかりませんが、2019年当初は5歳児から始める可能性が高いようです。保育園の整備も含めて進める予定のようです。国の借金を思うと悩ましいところではありますが、子育て費用負担が少しでも軽減されるのは嬉しいことではありますね。

文=豊田 眞弓


本記事は「All About」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事