東芝、テレビ事業を中国ハイセンスへ譲渡 - REGZAブランドはそのまま

東芝は11月14日、テレビ事業などを手がけるグループ会社「東芝映像ソリューション」が発行する株式の95%を、中国ハイセンスグループに譲渡することを決定。約129億円からなる株式譲渡契約を締結したことを発表した。

手続きの完了は2018年2月末以降を見込んでおり、東芝映像ソリューションは、東芝の連結子会社対象から外れる。また、東芝映像ソリューションが製造・販売する家庭用テレビ「REGZA」など、映像関連機器のブランド使用権は継続して許諾するとしている。

4K HDR対応の有機ELテレビ「REGZA X910」シリーズ

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事