ウイングアークのMESとスカイディスクのAIが連携させて良品判定

ウイングアーク1stは、同社が提供する情報活用ダッシュボード「MotionBoard」を中心にした製造業向けMES(Manufacturing Execution System:製造実行システム)ソリューションと、スカイディスクが提供する故障予知や正常異常判定ができるクラウドAIプラットフォーム「SkyAI(スカイエーアイ)」を連携させ、製造業でのAIの利用促進において協業すると発表した。

「MESソリューション」は、設備からのIoTデータや人が入力したデータなど、生産ラインにおける様々なデータを収集・蓄積し、工場内の設備ごとの稼働率・稼働状況や、生産状況の把握などを可視化するもの。

今回、スカイディスクとの協業により、予測分析など時系列データの解析モジュールを提供する「SkyAI」を連携させ、蓄積したデータからAI学習モデルを生成し、良品判定や設備の不良予測などを表示することができるサービスを展開する。

サービスイメージ

また、AI学習モデル作成を含めた導入支援サービスも提供する。そして、今後両社は製造業でのAI活用において、共同研究をしていくという。

AI学習モデル作成ステップ



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事