佐藤仁美、安室巡る激論で古市憲寿にイライラ「友だちいないでしょアンタ」

女優の佐藤仁美(38)が、12日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~11:15)で、同じくゲスト出演した社会学者・古市憲寿氏(32)への不快感をあらわにし、スタジオを盛り上げた。

佐藤仁美

この日、来年9月に引退する安室奈美恵(40)について取り上げられ、ライブに通うほどのファンだという佐藤は「すごいパワフルで、すごい実力の持ち主」と魅力を熱弁。子どもの頃から聴いていたという古市氏は、小室哲哉と16年ぶりタッグとなる楽曲「How do you feel now?」を「すごくよかった」とこちらもファン目線で絶賛した。

一方で古市氏は、安室が「神格化」していると指摘し、「みんなが褒め過ぎな気もしていて。ベスト盤確かに良かったんですけど、昔の曲を全部歌い直しているんですね。歌い直した曲、正直昔の方がいいなと思った曲もあるんです。音の伸びとか高音とか歌い方とか。それもひっくるめてちゃんと評価されないと、逆に本人もつらいのかなという気もします。今が最高だと言いすぎちゃうと。絶対に昔の方が良かったという部分もあるはずで。一切言えない空気はちょっと気持ち悪いなとも思っちゃいます」と持論を展開。

これに佐藤は、「そうやって思われるのもふんで引退と言っていると思う」「だってこんな絶頂期に引退します?」と反応すると、古市氏は「絶頂というわけでもなくて、最近のシングルもずっと1位というわけでもない」と反論。佐藤は、「ちょっとコイツ、ネガティブだからさ! 人が好きだというと、すぐに上から来るんだよ。お前、受け入れる器ゼロだな!」「お前、なに分かってんのかな。好きなら好きでいいじゃねえか」とわざとらしく乱暴な言葉でまくしたて、笑いを誘った。

さらに、紅白出演を熱望する佐藤に対し、古市氏は「どっちでもいいんじゃないですか?」と突き放し、佐藤は「てめえ、コノヤロー」と苦笑い。古市氏は、「安室さんは紅白のことをそんなに重要視してないわけですよ。紅白は安室さんのこと大事かもしれないけど、安室さんは紅白はただの通過点」と結論付けた。

そうして迎えたエンディング。古市氏は東野からこの日の感想を求められ、「途中からしみじみ思ってたのが、佐藤さんは安室さんより歳下なんですね。そのことをしみじみ思ってました」と発言。佐藤は、「別に歳下だと思っていてもいいんですけど、"しみじみ"というワードが。これだけ会話した中で、しみじみとずっと思ってました?」と苛立ち、「こいつマジ何なんですか? たぶん友だちいないでしょアンタ。こんなに思いやりのない人間、久々」と反撃し、再びスタジオの笑いを取っていた。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事