ハウステンボス、ロボットが案内・提供を行う無人の「変なバー」開始

ハウステンボスは11月9日、同社が運営する「変なホテル ハウステンボス」において、ロボットを活用して無人で案内・受注・アルコール提供を行う「変なバー」の運営を開始すると発表した。

同施設では、ロボットが接客・案内を行い、注文決済後にカクテルやビールを自動製造・抽出するシステムを導入。利用者は席ごとに設定されたタブレットを通じて注文を行い、自動応答ロボット「アヤドロイド」がそれに対応するという、案内から提供までのサービス過程の無人化を実現している。

利用者は席に置かれたタブレットで注文する

「アヤドロイド」は注文に加えて、対話を通じてハウステンボスのアトラクションやお土産、レストランなどのおすすめまで自動応答で行うという。

また、「アヤ」というアバターに扮した遠隔にいる人間のスタッフが「アヤドロイド」に代わって利用者とのコミュニケーションを補うこともできる。これにより、ロボットサービスシステムの向上を図り、テーマパーク内での接客販売や窓口業務などサービス業務の効率化を目指す。

ロボットに代わり、遠隔から人間が対応することも可能

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事