Amazon Alexaが日本上陸、スマートスピーカー「Echo」も3機種発売

Amazon.co.jpは11月8日、音声アシスタント「Amazon Alexa」の日本語対応を正式に発表した。スマートスピーカー「Echo」「Echo Plus」「Echo Dot」も日本で発売する。いずれも招待制での販売を開始しており、出荷は11月13日の週に始まる予定だ。

価格は、Echoが11,980円、Echo Plusが17,980円、Echo Dotが5,980円(いずれも税込)。なお、Amazonプライム会員は11月17日まで、Echoを4,000円引き、Echo Dotを2,000円引きで購入できる。

音声アシスタント「Alexa」とスマートスピーカー「Echo」シリーズが日本上陸

Alexaは、Amazonによるクラウドベースの音声アシスタント。話しかけると、音楽の再生、ニュースやスケジュールの読み上げ、タイマーやアラームのセット、スポーツの試合結果の確認などが行える。日本語対応するにあたり、独自の単位(畳など)、スポーツ(プロ野球、大相撲など)、俳句といった日本文化も理解するようチューニングされている。「雨」と「飴」などの同音異義語も判別するという。

EchoはAlexaを搭載したスマートスピーカー。7つのマイク(ノイズキャンセレーション対応)や、ビームフォーミング技術などにより、特定の話し手の声を雑音の中から聞き分けられるという。

3機種の違いだが、スタンダードモデルのEchoに対して、Echo Plusはスマートホーム機能を内蔵。まずはフィリップスのIoT照明「Hue」に対応する。Echo Dotはコンパクトモデルで、3.5mmステレオケーブルで外部のスピーカーと接続することもできる。

スタンダードな「Echo」

スマートホーム機能に対応する「Echo Plus」

コンパクトで各部屋に置きやすい「Echo Dot」

同時に、4,000万曲が聴き放題となる音楽配信サービス「Amazon Music Unlimited」も発表された。利用料は月額980円だが、Amazonプライム会員は月額780円/年額7,800円。「Echo プラン」も用意し、Echo、Echo Plus、Echo Dotの所有者は月額380円となる。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事