日立、都庁でロボットによる接客・案内サービスの実証

日立製作所は11月2日、東京都庁舎において同社が開発したヒューマノイドロボットである「EMIEW3」を利用した接客・案内サービスの実証を行うと発表した。同実証は、東京都が11月中旬から2018年2月下旬にかけて実施する「都庁舎サービスロボット実証実験」の1つ。

ヒューマノイドロボット「EMIEW3」

今回の実証では、外国人を含む来庁者に対してEMIEW3が東京都の観光案内や都庁舎内の目的場所の案内などを日本語及び英語で行う。これらの案内業務サポートにより、多様な訪問客に合わせたサービス品質の向上や、案内方法の最適化によるスムーズな移動の実現支援などを図るとしている。

実証実験は12月中旬と2018年2月中旬の2回実施し、1回目は都庁第一本庁舎2階、2回目は同庁舎南側展望室で行う。

また今回の実証を通じて、公共スペースなど観光客などが訪れる多くの人が集まる場所での接客・案内サービスの充実に向けたデータの取得やノウハウの蓄積を行い、EMIEW3を利用した新たな付加価値の創出を目指す。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事