Windows XPがシェア増で3位 - 10月OSシェア

Net Applicationsから2017年10月のデスクトップOSシェアが発表された。2017年10月はWindowsがシェアを増やし、MacとLinuxがシェアを減らした。しかし増加も減少も小幅な動きにとどまっており、ほぼ先月と似た値になっている。

バージョン別に見ると、Windows 7がシェアを落とし、Windows 10、Windows XP、Windows 8.1、Windows 8、Windows Vistaがシェアを増やした。すでにサポートが終了しているにもかかわらず、Windows XPは2017年10月にはこれまでの動向から見ると大きめにシェアを増やしており、バージョン別に見て第3位のポジションに順位を上げている。

すでにサポートが終了したオペレーティングシステムを使い続けることはセキュリティの面でリスクがあり、早期にサポートが提供されているオペレーティングシステムへ移行することが望まれる。

2017年10月デスクトップOSシェア/円グラフ - Net Applications報告

2017年10月デスクトップOSバージョン別シェア/円グラフ - Net Applications報告

2017年10月デスクトップOSシェア/棒グラフ - Net Applications報告

2017年10月デスクトップOSバージョン別シェア/棒グラフ - Net Applications報告

順位 プロダクト 今月のシェア 先月のシェア 推移
1 Windows 90.77% 90.61%
2 Mac 6.25% 6.35%
3 Linux 2.98% 3.04%
4 FreeBSD 0.00% 0.01%
順位 プロダクト 今月のシェア 先月のシェア 推移
1 Windows 7 46.63% 47.21%
2 Windows 10 29.26% 29.09%
3 Windows XP 6.47% 5.69%
4 Windows 8.1 5.97% 5.89%
5 Mac OS X 10.12 3.34% 3.84%
6 Linux 2.98% 3.04%
7 Windows 8 1.40% 1.24%
8 Mac OS X 10.11 1.10% 1.16%
9 Mac OS X 10.10 0.75% 0.76%
10 Mac OS X 10.13 0.57% 0.09%
11 Windows NT 0.56% 1.06%
12 Windows Vista 0.46% 0.43%
13 Mac OS X 10.9 0.27% 0.26%
14 Mac OS X 10.6 0.08% 0.08% =
15 Mac OS X 10.7 0.07% 0%
関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事