ロイヤル、働き方改革目指し馬喰町に完全キャッシュレスの新店舗

ロイヤルホールディングスは11月1日、ロイヤルグループの生産性向上と働き方改革を目指し、次世代の店舗運営を研究開発していく「GATHERING TABLE PANTRY 馬喰町店」を11月6日にオープンすると発表した。

新店舗の最大の特徴は、ITの活用により店長業務の効率化を図るため、完全キャッシュレス、セルフオーダーのオペレーションが導入される点。

現金管理がなくなることで、売上管理業務の作業数が軽減し、報告業務など店舗業務の効率化につながるという。また、スタッフのトレーニングツール、マニュアルを簡単に作成可能なツールの導入によって、トレーニングも短時間で行える環境を構築する。

キャッシュレスの仕組みとして「楽天ペイ(実店舗決済)」の決済システムを用い、支払いはクレジットカード、「楽天Edy」や交通系ICカードを含む主要電子マネーが利用可能。QRコード読取り機能が搭載されたアプリは、今後、導入予定としている。

また、キッチンのオペレーションを改革することで、調理工程の短縮と料理の質の確保を両立するほか、調理機器を最小限にすることで厨房スペースをコンパクトにし、狭小立地でも客席スペースを確保する。

「「GATHERING TABLE PANTRY 」利用の流れ

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事