ヤマト運輸、新たな通信機能を備えた車載端末を全集配車両に搭載

ヤマト運輸は10月31日、ドライブレコーダーとデジタルタコグラフを一体化した通信機能搭載の新たな車載端末を、2018年11月より、ヤマト運輸の全集配車両約36,000台に順次搭載すると発表した。

新たに搭載する車載端末は、従来、自動車の走行時間や走行速度などの運行記録を自動的に記録するデジタルタコグラフで収集していた速度や駐車位置情報などに加え、ドライブレコーダーで収集する走行映像やGPSアンテナから得た情報で作成する走行軌跡などの運行データをクラウド形態の情報基盤へ、通信回線を通じて自動かつリアルタイムに転送・蓄積する。

取り組みの概要

また、事故一歩手前である"ヒヤリハット"体験箇所の登録の自動化や運転開始・終了設定の省力化、OTA(Over The Air)の対応による車載端末のソフトウェア更新の自動化も実現し、セールスドライバー(SD)がより安全運転に注力できるよう、業務支援を行う。

さらに同社では、日立製作所(日立)と連携し、一元管理される運行データを可視化・分析することにより、安全指導長等がSDの運転特性をより具体的に把握し、一人ひとりの運転特性に応じた未然防止型の安全運転教育を実現するなど、安全・安心への取り組みをさらに強化するとしている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事