[2018ミス・インターナショナル]ファイナリスト32人が華やかに 着物や水着、ドレス姿で競い合う

2018ミス・インターナショナル日本代表に選出された杉本雛乃さん(中央)ら

 世界3大ビューティーコンテストの一つ「2018ミス・インターナショナル」の日本代表選出大会が30日、東京都内で開催され、書類審査と予選会などを経て選ばれたファイナリスト32人が着物や水着、ドレス姿などを披露して、華やかに競い合った。

 日本代表には神戸市出身で東京大学工学部物理工学科3年の杉本雛乃(すぎもと・ひなの)さん(20)が選ばれた。杉本さんは身長168センチ、バスト78センチ、ウエスト63センチ、ヒップ85センチのスタイルで、特別賞の「パーフェクトボディ賞」も受賞した。杉本さんは2018年に開催の世界大会に出場する予定。

 準ミスには、東京都出身で大学生の森井(もりい)ステファニー彩(あや)さん(21)、神奈川県出身で地方公務員の齋藤(さいとう)コスモさん(25)、埼玉県出身でバレエ留学コーディネーターの高橋(たかはし)かなさん(23)、東京都出身で大学生の藤田絵梨(ふじた・えり)さん(22)の4人が選出された。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事