持続的コミュニケーションが可能なLINEログインの電子チケット

データフィード関連事業を展開するフィードフォースのソーシャルログイン / ID連携ASPサービス「ソーシャルPLUS」と、playgroundが提供するコミュニケーション型電子チケット発券サービス「Quick Ticket」が、10月24日から連携を開始したと発表した。

「ソーシャルPLUS」はソーシャルログイン機能を既存のWebサイトに簡単かつ安価に導入できるASPサービスで、「Quick Ticket」はチケット販売事業者が低コストで電子チケット販売サービスをスタートできるクラウドサービス。今回の連携により、アミューズメント施設や音楽イベント、スポーツなどのリアルイベントにおいて、より手軽に電子チケットの購入・受取りが可能になるという。

サービスのイメージ

ユーザーはチケット販売ページにおいて、LINEログインを利用することで、個人情報の入力を省略し、導入企業のLINEアカウント(LINE@アカウントも可)から簡単に電子チケットを受け取ることができる。来場後は、施設案内や限定企画などのお得な情報を手元のLINEからリアルタイムに受け取ることが可能だ。

チケット販売事業者は「電子チケットを購入して受け取る」という自然な流れの中で、企業のLINEアカウントの友だち追加を行うため、LINEを通じて関連コンテンツやグッズの販促、関連チケットの案内を行うなど、継続的にコミュニケーションを行うことができる。また、LINEログインによるID連携によって、来場中のユーザーのみに限定してLINEからセグメントメッセージを配信することも可能だ。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事