2017年はミラーレス一眼カメラの販売が好調

GfKジャパンは10月18日、2017年の国内ミラーレス一眼カメラ販売動向を発表した。ミラーレス一眼カメラ市場は2014年以降縮小していたが、2017年1月から9月のデータでは、前年同期比で、販売数量が8%増、売り上げが31%伸びた。なお平均販売価格は、82,000円(以後すべて税別)となった。

線グラフが平均販売価格、棒グラフは販売台数を表している

2016年末以降に発売された100,000円以上のハイエンドモデルが市場をけん引し、2017年1月から9月のミラーレス一眼カメラ市場に占める構成比は、数量ベースで21%(前年同期11%)、金額ベースで41%(前年同期26%)に達した。GfKジャパンは、ミラーレス一眼カメラの性能が向上した結果、購入者層がコンパクトカメラからステップアップする人だけでなく、一眼レフカメラユーザーまで広がったと分析している。また、ミラーレス一眼カメラと一眼レフカメラの販売数量の比率は、2013年以降、4:6で落ち着いていたが、近年は5:5に近づいており、通年で比率が逆転することもありえるとしている。

100,000円を超えるモデルを購入する人が増えている

ミラーレス一眼カメラ本体の販売好調に伴い、ミラーレス一眼カメラ用の交換レンズも販売数量を伸ばしている。前年同期比で、販売数量が9%増、売り上げが23%増となった。ミラーレス一眼カメラ用の交換レンズのラインナップが増え、35mmフルサイズ対応の高価格帯も充実してきた結果、平均価格は前年同期より13%上昇した58,000円だった。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事