競争力のある世界都市、1位ロンドン - 東京は?

 

ジョーンズ ラング ラサールは10月23日、The Business of Citiesと共著で世界の都市比較インデックスを分析したレポート「都市パフォーマンスの解読」を発表した。

競争力のある世界都市、東京は5位

同レポートは、世界300以上の最先端の都市比較インデックスの中から、網羅性、安定性、認知度に基づき選出された44の都市比較インデックスを7項目(企業のプレゼンス、ゲートウェイ機能、市場規模、インフラ基盤、人材、専門性とイノベーション、ソフトパワー)において分析し、都市の現状や発展レベル、新たなトレンドを不動産の観点から検証したもの。

2017年 確立された世界都市のランキング

競争力のある世界都市ランキングをみると、1位ロンドン、2位ニューヨーク、3位パリ、4位シンガポール、5位東京、6位香港が上位6都市にランクイン。これに今回7位に入ったソウルを加えて、世界最高水準のグローバル都市「ビッグ7」」を形成している。

ビッグ7に続く都市「挑戦者たち」は、8位ロサンゼルス、9位上海、10位北京、11位アムステルダム、12位シカゴ、13位サンフランシスコ、14位トロント、15位マドリード、16位シドニー、17位ワシントンDC。これら10都市はビッグ7の都市的資産や特徴をより多く備えるようになり、急成長しているという。

東京は、成功する都市の条件全10項目のうち、「イノベーション」「人材」で2位、「スマートシティ」で10位、「負担可能な不動産コスト」で6位、「ブランドイメージ」で8位にランクイン。一方、「透明度」は19位、「インフラ」は13位にとどまり、同社は「2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、不動産市場の透明度向上、インフラ整備やさらなるグローバル化が期待される」としている。

転職ノウハウ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事