富士フイルム、新機能を追加したチェキ「instax SQUARE SQ10」の新色

富士フイルムは10月23日、2017年5月に発売したハイブリッドインスタントカメラ「instax SQUARE SQ10」のホワイトカラーモデル「instax SQUARE SQ10 WHITE」を発表した。発売は11月17日。価格はオープンで、推定市場価格は31,800円前後(税込)。

「instax SQUARE SQ10 WHITE」

instax SQUARE SQ10は、インスタントカメラ「チェキ」シリーズとして初めて、デジタルイメージセンサーと画像処理技術を搭載したモデル。撮影したその場で写真をプリントできるほか、内蔵メモリーや外部ストレージ(microSD/microSDHCメモリーカード)に、デジタルデータとして撮った写真を記録する。F値は2.4で、焦点距離は28.5mm(35mmフイルム換算)となっている。記録画素数は1,920×1,920ピクセル。自動露出調整、人物検出、オートフォーカス機能により、暗い場所でも明暗調整が行えるほか、被写体から10cmの距離でも撮影可能だ。

左が表面、右が背面、撮影した写真はモニターで確認できる

10種類のフィルター機能や、19段階までのビネット(周辺光量)調整機能、明るさ調整機能を備えており、様々なバリエーションの写真を撮影できる。さらに、モノクロプリントのなかで、特定の色域(レッド、オレンジ、イエロー、グリーン、ブルー、パープル)だけをカラー表する「パートカラー機能」を新搭載。これまで以上に写真表現の幅が広がり、作品をより作りこめるようになった。

背面には撮影した画像を表示する、62×62mmのLCDモニターを搭載。シャッターボタンは本体の左右2カ所についており、右利き、左利きを選ばない。フル充電時で160枚プリントでき、フィルムは、別売りのスクエアフォーマット「instax SQUARE Film」(フジフイルムモールでの販売価格は税込1,350円)を使用する。

このほか主なスペックは以下の通り。

  • 撮像素子 : 1/4型CMOS
  • 記録メディア : 内蔵メモリー(約50枚)、microSD/microSDHCメモリーカード
  • 記録方式 : Exif Ver.2.3(JPEG準拠)、PIM対応
  • オートフォーカス : シングルAF(TTLコントラストAF、AF補助光付)
  • シャッタースピード : 1/29500秒~1/2秒(自動切換)、バルブモード最大10秒
  • ISO感度 : ISO 100~1600(自動切換)
  • ホワイトバランス : オート
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事