二宮和也、”イケボ”コックで料理挑戦 「燃えるよ!」心配も難なくクリア

アイドルグループ・嵐の二宮和也が23日、東京・帝国ホテルで行われた映画『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』(11月3日公開)プレミアム晩餐会に、西島秀俊、宮崎あおい、滝田洋二郎監督、料理監修の服部幸應、帝国ホテル総料理長 田中健一郎とともに登場した。

左から宮崎あおい、西島秀俊

原作は、料理番組『料理の鉄人』などを手がけたバラエティ演出家・田中経一氏の同名デビュー小説で、『おくりびと』滝田洋二郎監督が実写化。劇中では2000年代初頭と1930年代、2つの時代が平行して語られ、絶対味覚="麒麟の舌"を持ちながらも料理への情熱を失ってしまった主人公・佐々木充(二宮)が、1930年代の料理人・山形直太朗(西島)が満州で創り上げた「消えたレシピ」に挑む。

二宮はコックコートで登場し「どうもありがとうございます」と低音ボイスで挨拶。久しぶりのコック姿に「袖を通して思うことは、多分着るタイミングはここじゃなかったんだなということ。それなんとなくわかりました。やっぱり出て来方が難しいですね、すごく」と周囲を笑わせた。

今回は21組42名の招待客に、劇中の「大日本帝國食菜全席料理」から「Memory of the Galaxy」「深海の時へ」「黒と白のラビリンス パンタードのドルマ仕立て」の3品と、初代帝国ホテル料理長が残した「吉川兼吉レシピ」から2品が振る舞われた。280倍の倍率から選ばれた招待客に、二宮は「多分みなさん、人生のすべての運を使い果たしたんじゃないですかね」とジョークを飛ばした。

料理の仕上げを任された二宮は、天を仰いで気持ちを整えつつ、スモークが出てくる「アラジン」という機械で「深海の時へ」をいぶす作業に。服部が説明する中、職人のように淡々と作業を終え「終わりました!」と得意気に料理を見せた。

更に二宮は「黒と白のラビリンス」のフランベにも挑戦。同作でフランベシーンを撮影した西島から「燃えるよ! 俺テストから全部燃えたから! 1回もうまくいかなかったから!」と心配されがらも、難なくクリアし「お~~! 俺が一番盛り上がっちゃったな!」と楽しそうな様子を見せた。

この二宮の姿に、宮崎も「素晴らしかったです」と絶賛。二宮は「普段は調理場で向き合ってるだけだったので、お客さんの前で披露することができて、達成感があるなあ。料理ってやっぱり楽しいな」と料理人設定で感想を述べた。

プレミアム晩餐会メニュー

Memory of the Galaxy

深海の時へ

黒と白のラビリンス パンタードのドルマ仕立て

牛舌肉煮込(ラング ド ブーフ ア ラ フラマンド)&煎揚馬鈴薯(ポンム ド テール フォンダント)&茄子詰物(オーベルジン ファルシ)

露国風洋梨乳酪冷菓(シャルロト ルッス ア ラ ポワール)

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事