LINE Pay、全国のセブン銀行ATMで24時間入出金可能に

コミュニケーションアプリ「LINE」上で使用できる決済プラットフォーム「LINE Pay」が、全国のセブン銀行ATMと連携を開始した。10月23日から、セブン銀行が設置する全国23,000台以上のセブン銀行ATMで、LINE Payの残高が24時間入出金可能となる。

LINE Payで初めて、全国のATMの取り引きに対応した。オフライン店舗でもLINE Payが使えるカード「LINE Pay カード」および、スマートフォンのLINEアプリを使い、セブン銀行ATMからLINE Payへ現金の入金(チャージ)や出金が可能となる。

入出金は1,000円単位で、1日あたりの出金限度額は1万円。入金時の手数料は無料だが、出金時には216円(税込)が必要。出金にはあらかじめ、銀行口座登録による本人確認が必要となる。LINEアプリを使う場合、セブン銀行ATMの画面上に表示されるQRコードを読み取り、表示された番号をATMに入力することで認証される。「LINE Pay カード」では、暗証番号を設定して操作する。

サービスの連携自体は2016年11月に発表済み。発表当初は2017年春から提供開始としていたが、秋にずれこむ形となった。なお、スマートフォン(LINEアプリ)での出金操作は23日時点で未対応。スマートフォンでの出金は11月以降順次、対応していく予定という。

LINEアプリのLINE Payの操作先にセブン銀行ATMがあり、タップすると残高の出金やチャージが行える

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事