高梨臨、『刑事ゆがみ』にゲスト出演「とても繊細な愛が描かれている」

女優の高梨臨が、フジテレビ系ドラマ『刑事ゆがみ』(毎週木曜22:00~)で、11月2日放送の第4話にゲスト出演することが決まった。

『刑事ゆがみ』に出演する高梨臨=フジテレビ提供

浅野忠信演じる弓神適当と神木隆之介演じる羽生虎夫の凸凹バディが、難事件を解決していく同ドラマ。高梨が演じるのは建設会社の社員・堤祥子役で、弓神と羽生が今回捜査する、完成間近のデザイナーズビルで起きた男性の転落死した現場に居合わせた人物だ。

死亡したのはこのビルの設計も手がけた建築士の大山昇(姜暢雄)で、祥子は大山と一晩だけ関係を持ち、それ以来、大山のストーカー行為に苦しんでいた。そこで、大山が婚約者と2人でいるところに乗り込んで、ストーカーをやめるように直談判。しかし、もみ合った結果、祥子は「大山が転落してしまった」と正当防衛を主張する。

高梨は、浅野とは初共演で、神木とも絡みがある共演は初めて。台本を読んで「とても、繊細な愛が描かれていると思いました。そして、常に張り詰めているような関係の中に、弓神と羽生のコミカルなやりとりもあり、読んでいて、とても楽しめました」と感想を語っている。

(C)フジテレビ

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事