ネクストジェン、NTTアドバンステクノロジのRPA製品を販売

ネクストジェンは10月23日、コンサルティング・投資事業などを手がけるソリューションと販売代理店契約を締結し、NTTアドバンステクノロジ(NTT AT)のRPA(Robotic Process Automation)「WinActor」の販売を開始したと発表した。

同製品は、PC操作者の定型業務をシナリオ化して自動実行させることが可能なほか、Windowsで操作可能なソフトウェアの操作を各ソフトウェア間の連携も含めて自動化する。同製品を利用するにあたって、プログラミング知識や特殊な言語を習得する必要もないという。

「WinActor」で得られるメリット

ネクストジェンでは、WinActorをマルチキャリアに対応したエンタープライズ向けソリューション群「VOICEMARK」の運用・管理・保守・セキュリティシステムの1つとして分類している。

業務効率化ツールとして単独での販売に加え、そのほかのVOICEMARK製品と組み合わせて顧客の要望に応えることで製品力の向上と強化を図るとともに、さらなる拡販につなげていく考えだ。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事