みなもと太郎の原画展が神保町で、最終日には飯田耕一郎とのトークショーも

「みなもと太郎画業50周年記念原画展 「『ホモホモ7』『ふたりは恋人』から『風雲児たち』まで」フライヤー表。

「みなもと太郎画業50周年記念原画展 「『ホモホモ7』『ふたりは恋人』から『風雲児たち』まで」が、10月29日から11月5日まで東京・@ワンダー2階 ブックカフェ二十世紀にて開催される。

会場では原画の展示に加え、一部の原画、著作、同人誌、グッズの販売も実施。そのほか「ワイド版 風雲児たち」の表紙原画を担当する工藤稜のイラスト展示や、みなもとの妻・後藤静香の原画展示も行われる。

さらに最終日の11月5日17時よりトークイベントを実施。「マンガ界の風雲児たち 60年代~70年代のマンガ状況」と題し、みなもとと飯田耕一郎によるトークが展開される。参加費は1ドリンク付きで2000円。終演後に別途1000円で懇親会にも参加できる。

「みなもと太郎画業50周年記念原画展 「『ホモホモ7』『ふたりは恋人』から『風雲児たち』まで」

会期:2017年10月29(日)~11月5日(日)
会場:@ワンダー2階 ブックカフェ二十世紀
入場料:無料


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事