[池上彰]選挙特番の“秘密兵器”が判明 ブラックユーモア満載の政界“悪魔の辞典”

選挙特番「池上彰の総選挙ライブ」に出演する池上彰さん(右)と大江麻理子キャスター=テレビ東京提供

 ジャーナリストの池上彰さんが出演する選挙特番「池上彰の総選挙ライブ」(テレビ東京系、22日午後7時50分)で、池上さん監修の新企画「政界 悪魔の辞典」が放送されることが同日、明らかになった。政界で見られる出来事や専門用語を池上さん流に皮肉やブラックユーモア満載で説明する用語解説で、名物の“細かすぎる”候補者プロフィルのように、視聴者が選挙や政治をより身近に楽しめる仕掛けだ。

 新企画「政界 悪魔の辞典」では、「選挙ポスター」について「勝敗を左右する重要なアイテム。修正し過ぎると“別人”に...。」、「みそぎ」は「不祥事を起こしても選挙で勝てばチャラになる。」といった具合に、「鋭く、時に皮肉たっぷりな池上節」を生かして政界のさまざまなことを「辞典」のように解説。そこには、いつもより意地悪そうな「ブラック池上」が登場する。

 毎回、池上さんが大物政治家も顔色を変えるような厳しい質問をぶつけるさまが“池上無双”と呼ばれて人気を博している同局の選挙特番。今回の特番について池上さんは「ここ何回か他局に追われる立場になっていまして、研究されているので、他局の先を行かないといけない。スタッフと議論して、あるものを開発した」と“秘密兵器”を用意していることを語っていたが、詳細は明かしていなかった。

 テレビ東京報道局の小林洋達プロデューサーは「政界“悪魔の辞典”は池上さんが考案し、一言一句にまでこだわって監修した辞典です。今回は番組の至る所でこの辞典が登場し、他ではあまりお目にかかれない池上さんのブラックユーモアがさく裂します。“悪魔の辞典”による政界用語の“新解釈”は、思わず吹き出してしまうものや、妙に納得してしまうものなどバラエティー豊かで、政治をより身近に感じられる内容になっていると確信しています。番組のどこで飛び出すか、お楽しみに!」とコメントしている。

 今回の「池上彰の総選挙ライブ」は、“名物”の「候補者プロフィル」のデータを一新。お笑いコンビ「ハイヒール」のリンゴさんら大阪の“おばちゃん軍団”と「許せない政治家は?」をテーマに座談会を開いたり、政界の未来を特製模型で解説したりする。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事