JR西日本287系「パンダくろしお」年末年始も運行 - 冬の臨時列車

JR西日本は20日、冬の期間(2017年12月1日から2018年2月28日)の臨時列車について発表した。阪和線・紀勢本線(きのくに線)経由の特急「くろしお」は年末年始に増発され、12月30日・1月2日にはラッピング列車「パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』」を使用した臨時「くろしお」が新大阪~白浜間で運行される。

ラッピング列車「パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』」

「パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』」は、特急「くろしお」の車両287系1編成(6両編成)に「アドベンチャーワールド」のさまざまなシーンをデザインしたラッピング列車で、パンダの顔をイメージした車体前面も特徴。8月5日から運行開始し、現在は定期列車の特急「くろしお」に使用されている。「JRおでかけネット」の特急「くろしお」ページにて、毎日18時頃に翌日の運行スケジュールが公開される。

年末年始に運行される特急「くろしお」の臨時列車のうち、12月30日の「くろしお87号」(新大阪駅10時45分発・白浜駅13時15分着)、1月2日の「くろしお94号」(白浜駅15時48分発・新大阪駅18時20分着)はこのラッピング列車を使用しての運行となる。「パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』」の指定席特急券をあらかじめ購入することも可能となり、「冬のご旅行や年末年始の帰省にぜひご乗車ください」とJR西日本。なお、列車遅延や自然災害などの影響により、予告なく車両が変更される場合がある。

「パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』」で運行される列車も含め、年末年始の特急「くろしお」の臨時列車は計13本設定された。年末は帰省ラッシュに合わせ、12月29~31日に289系の「くろしお93号」、12月30・31日に287系の「くろしお87号」を運行(5本とも新大阪発白浜行)。年始はUターンラッシュに合わせ、1月2・3日に289系の「くろしお90号」、1月2~4日に289系の「くろしお80号」と287系の「くろしお94号」を運行(1月3日の「くろしお94号」のみ新宮発新大阪行、他7本は白浜発新大阪行)する。定期列車も年末年始など混雑が予想される時期は9両編成に増やしての運行となる。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事