山田孝之、着ぐるみを優しくエスコート! ポーズも教えてあげ会場ほっこり

俳優の山田孝之(34)が21日、都内で行われた映画『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』の初日舞台挨拶に出席。着ぐるみとの絡みで会場を和ませた。

山田孝之とバト田(着ぐるみ)の絡みに会場ほっこり

アメコミの代表格であるDCエンターテイメントと日本のフラッシュアニメ『鷹の爪』がタッグを組んだ同作。バットマンの声を演じた山田は、機械で声を低くするのかと思ったら監督から「地声で」と言われ、自力で低い声を出したと明かし、監督が「機械でできるって知らなかった。(アフレコ後に)音響監督に『できます』と言われて、あーって。すいません」と申し訳なさそうに謝った。

山田は20日に34歳の誕生日を迎えたばかり。司会者からお祝いされると、観客からも「おめでとう!」と大きな拍手が沸き起こった。昨夜は友人たちとお酒を飲んでいたそうで、「舞台挨拶があるから『2時まで』と思ってたんですけど、『3時までいけるかな』と。結局寝たのは6時過ぎでした」と明かし、「タフなんで」と体力に自信を見せた。

舞台挨拶には山田のほか、ハーレイ・クイン役の知英、ジョーカー役の安田顕、FROGMAN監督、バト田とスパ田(着ぐるみ)が出席。山田は、立ち去る場面でバト田を優しくエスコートし、会場を和ませた。また、ムービー撮影時に全員で"鷹の爪"ポーズをした際、バト田が適当にポーズをしていると、山田が目の前でお手本を披露。会場から笑いが起こった。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事