知英&安田顕ショック! ハーレイ&ジョーカーのセリフカットされ不満吐露

映画『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』の初日舞台挨拶が21日、都内で行われ、声優を務めたバットマン役の山田孝之、ハーレイ・クイン役の知英、ジョーカー役の安田顕、FROGMAN監督が出席。知英と安田は、お気に入りのセリフをカットされたことに不満を漏らした。

知英(左)と安田顕

アメコミの代表格であるDCエンターテイメントと日本のフラッシュアニメ『鷹の爪』がタッグを組んだ同作。舞台挨拶では全員、胸にタイトル題字と背中に「予算崩壊」と書かれたオリジナルTシャツ姿で登場し、監督が「舞台挨拶の予算を残していなかったと言われ…」と説明した。

ハーレイ役の知英は、よくわからなかったセリフを聞かれると「実は本編には出てないんですけど、『メトロという名のラビリンス』というセリフがあったんです。意味わからないですよね?」と、日本の地下鉄が入り組んでいるさまを表現したというジョーカーのセリフを挙げ、「それがなんでカットされたのか…」と疑問。ハーレイもその場面で楽しく発言していたと言い、「結局使われなかった」と嘆いた。

ジョーカー役の安田は、カットになったことを知らなかったそうで「あーそうですか。カットになってるんですね。今一番ショックですよ。カットになっていたんですね。あーそう…」と監督の目の前で不満たっぷりにコメント。FROGMAN監督は、思わぬクレームに「だんだん険悪な雰囲気に」と困った表情を見せ、会場から笑いが起こった。

『鷹の爪』劇場版第9弾となる本作は、DCエンターテイメントとタッグを組むという格差コラボが実現。DCの中のジャスティス・リーグに所属するスーパーマン、バットマン、ワンダーウーマン、フラッシュ、アクアマン、サイボーグの6人に加え、悪役にはジョーカー、ペンギン、ハーレイ・クインの3人が登場する。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事