[アニメ質問状]「いぬやしき」 CGで細かい芝居 表現的にギリギリ攻める

テレビアニメ「いぬやしき」の一場面(C)奥浩哉・講談社/アニメ「いぬやしき」製作委員会

 話題のアニメの魅力をクリエーターに聞く「アニメ質問状」。今回は、「GANTZ」などで知られる奥浩哉さんの同名マンガが原作のテレビアニメ「いぬやしき」です。アニメを制作するMAPPAのCGI部の淡輪雄介部長に作品の魅力を語ってもらいました。

 ――作品の概要と魅力は?

 生前の記憶や精神を持ったまま機械の体になってしまった、初老の男性と男子高校生の苦悩や活躍を描いたSF作品です。自分ではない何かに変わってしまった事実をどう受け止めて何をするのか。主人公二人の行動が世界を巻き込んでいくストーリー展開やアクション描写が大きな魅力だと思います。

 ――アニメにするときに心がけたことは?

 原作の持つ空気感や間をキープしつつ、映像でより伝わるように気をつけています。手法として機械部分を3DCGでやることは決まっていましたが、キャラクターの動きについてもCGアニメーションを積極的に用いることで、作画では描きづらい(通常は省くような)地味で細かい芝居にも挑戦しています。籔田(修平)監督がCG出身というのが大きく、演出的にCGでやった方がうまくいくことを織り込んで各所に指示を出されているのは、今作のワークフローにフィットしているなと感じます。

 ――作品を作る上でうれしかったことは?

 一番は先行上映会で原作者の奥浩哉先生が喜んでくださったことです。作者の期待に応え、認めてもらうことで、やっと自分たちのやっていることに自信が持てるので、本当に安心しました。

 あとは毎回思うことですが、音楽や声が入った瞬間ですね。一気に作品がまとまるというか実在性を持つので、スタッフと作業内容の共有をしやすくなります。「あ、これこういう感じのノリなのね」ってなるんです。

 ――今後の見どころを教えてください。

 アクションが回を追うごとに派手になっていきます。静と動のテンポを意識して作っていて、表現的にもギリギリのところを攻めていますので、どの話数も目が離せません。

 ――ファンへ一言お願いします。

 スタッフ一同モチベーションが高く、皆さまに楽しんでいただける自信がありますので、最後までご視聴よろしくお願いします。

MAPPA CGI部部長 淡輪雄介


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事