[ミックス。]ガッキー&瑛太がW主演 卓球をテーマに笑えて泣けてキュンとする良質なコメディー

映画「ミックス。」のワンシーン(C)2017『ミックス。』製作委員会

 女優の新垣結衣さんと俳優の瑛太さんのダブル主演で、卓球を題材にした映画「ミックス。」(石川淳一監督)が、21日からTOHOシネマズ日本橋(東京都中央区)ほかで公開される。ドラマ「リーガル・ハイ」や映画「探偵はBARにいる」シリーズなどを手掛けた古沢良太(こさわ・りょうた)さんが脚本を担当。モテない会社員やガングロギャルなど七変化にも挑戦したガッキーのコメディエンヌぶりが際立っている。親子愛や恋愛要素も加え、笑えてほろりとさせられ、キュンキュンもできる良質なコメディーに仕上がっている。

 卓球の男女混合ダブルスをテーマにしている。母(真木よう子さん)のスパルタ教育によって、かつて天才卓球少女として将来を期待された独身・富田多満子(新垣さん)。交際していた会社の卓球部のエース江島晃彦(瀬戸康史さん)を美人卓球選手・小笠原愛莉(永野芽郁さん)に取られる。

 人生のどん底に突き落とされた多満子は田舎に戻り、亡き母が経営していた卓球クラブで、夢も家族も失った元プロボクサーの萩原久(瑛太さん)と出会い、打倒江島・小笠原ペアを目標に全日本卓球選手権に臨む……というストーリー。

 ガッキーのコメディーに外れなし! その言葉を証明するように、今作でもキュートなコメディエンヌぶりで好演している。撮影の3カ月前からみっちり練習したという卓球の腕前が堂に入っている。多満子の「シェーク前陣速攻型」、萩原の「シェークドライブ型」などさまざまなスタイルが登場し、卓球好きも納得のプレーシーンを楽しめる。伊藤美誠選手や吉村真晴選手ら本物の五輪選手との試合シーンもある。

 母と天才卓球少女のスパルタ練習シーンは、テレビでよく見たあの選手の子供時代を彷彿(ほうふつ)させ、あまりに似ていて思わず笑ってしまった。ヒロインのライバル役の永野さんと、多満子らの行きつけの中華料理店の中国人店員を演じた蒼井優さんの振り切れた演技にも注目だ。

 卓球シーン以外には、主人公・多満子の生き方や瑛太さん演じる萩原の別れた妻子との関係、広末涼子さんが演じる元ヤンのセレブマダムの奥様方との付き合い方などそれぞれの悩みも丁寧に描かれ、笑いながらも人情にほろりとさせられる。ヒロイン多満子の恋の行方は……? ラストはスクリーンで確かめてほしい。(細田尚子/MANTAN)


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事