ドスパラ、クリエイター向けPC"raytrek"でスペック強化のプレミアムモデル

サードウェーブデジノスは10月20日、クリエイター向けPC「raytrek」のデスクトップPCに、スペックを強化したプレミアムモデルを追加した。PCショップ「ドスパラ」で販売を開始し、価格は税別139,980円から。

ミニタワーPC2モデル、タワーPC2モデルの計4モデルをそろえる。いずれもCPUにIntel Core i7-7700Kを搭載するほか、ナノダイヤモンドグリスを使用。さらに80PLUS TITANIUM認証取得の電源ユニットを採用する。

GeForce搭載モデル

raytrek-V MX プレミアムモデル

「raytrek-V MX プレミアムモデル」の主な仕様は、CPUがIntel Core i7-7700K(4.2GHz)、チップセットがIntel B250、メモリが16GB PC4-19200、ストレージが250GB SSD + 1TB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1050 2GB、光学ドライブがDVDスーパーマルチドライブ、電源が600W 80 PLUS TITANIUM、OSがWindows 10 Home。価格は税別139,980円。

raytrek-V XT プレミアムモデル

「raytrek-V XT プレミアムモデル」の主な仕様は、CPUがIntel Core i7-7700K(4.2GHz)、チップセットがIntel H270、メモリが16GB PC4-19200、ストレージが250GB SSD + 2TB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1060 6GB、光学ドライブがDVDスーパーマルチドライブ、電源が600W 80 PLUS TITANIUM、OSがWindows 10 Home。価格は税別167,980円。

Quadro搭載モデル

raytrek LC-M プレミアムモデル

「raytrek LC-M プレミアムモデル」の主な仕様は、CPUがIntel Core i7-7700K(4.2GHz)、チップセットがIntel B250、メモリが16GB PC4-19200、ストレージが500GB SSD + 1TB HDD、グラフィックスがNVIDIA Quadro P600 2GB、光学ドライブがDVDスーパーマルチドライブ、電源が600W 80 PLUS TITANIUM、OSがWindows 10 Home。価格は税別159,980円。

raytrek LC P2 プレミアムモデル

「raytrek LC P2 プレミアムモデル」の主な仕様は、CPUがIntel Core i7-7700K(4.2GHz)、チップセットがIntel H270、メモリが16GB PC4-19200、ストレージが250GB SSD + 2TB HDD、グラフィックスがNVIDIA Quadro P2000 5GB、光学ドライブがDVDスーパーマルチドライブ、電源が600W 80 PLUS TITANIUM、OSがWindows 10 Home。価格は税別199,980円。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事