LG、ありのままを再現する新画質モード「technicolor エキスパート」

LGエレクトロニクス・ジャパンは10月中旬から順次、テレビ製品の2017年モデルに新たな画質モード「technicolor エキスパート」を追加すると発表した。ソフトウェアアップデートによって利用できるようになる。さらに、立体音響フォーマットであるDolby Atmos(ドルビーアトモス)のTrueHDコーデック、およびMAT2_PCMコーデックにも対応する。これにより、HDMI接続による立体的なDolby Atmosのサウンドを楽しめる。

まるで壁に張り付いた絵のように見える有機ELテレビ「OLED W7P」

technicolor エキスパートは、technicolor社のカラーオプティマイズ技術によって、映像をよりオリジナルに近い画質で映し出すモード。SDRか、HDRの入力信号で利用できる。

technicolor エキスパートが追加されるのは以下の機種。

  • OLED W7Pシリーズ(OLED 77W7P / OLED 65W7P)
  • OLED E7Pシリーズ(OLED 65E7)
  • OLED C7Pシリーズ(OLED 65C7P / OLED 55C7P)
  • OLED B7Pシリーズ(OLED 65B7P / OLED 55B7P)
  • SJ8500シリーズ(65SJ8500 / 60SJ8500 / 55SJ8500)
  • SJ8000シリーズ(55SJ8000 / 49SJ8000)
  • UJ7500シリーズ(43UJ7500)

Dolby AtmosのTrueHDコーデック、およびMAT2_PCMコーデックに対応するのは以下の機種。

  • OLED W7Pシリーズ(OLED 77W7P / OLED 65W7P)
  • OLED E7Pシリーズ(OLED 65E7)
  • OLED C7Pシリーズ(OLED 65C7P / OLED 55C7P)
  • OLED B7Pシリーズ(OLED 65B7P / OLED 55B7P)
関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事