日立産業制御、設置するだけで通信を保護する暗号化アプライアンス

日立産業制御ソリューションズは10月20日、既存のインターネット環境にゲートウェイとして設置するだけで、日立独自の「鍵付け替え技術」により、拠点間の機密データを保護する暗号化アプライアンス製品「S.COATBOX/DS」を販売開始した。

同製品は、設置するだけで外部パソコンの不正接続を防ぎ、社内ネットワークの情報を保護する不正持込PC検知&強制排除システム「S.COATBOX」のラインアップとなる。

同製品は、通信拠点ごとにゲートウェイとして設置するため、IoT機器、サーバ、PC、PLC6など、個々の機器への暗号化に関する設定が不要。日立情報通信エンジニアリング)が提供する「IoTデータセキュリティ」を搭載することにより、日立製作所の「鍵付け替え技術」を採用した暗復号ソフトウェアと、顧客による暗号鍵管理の運用負荷を軽減する鍵管理サービスを利用できる。

鍵付け替え技術とは、共通鍵暗号方式の暗号アルゴリズム(AES:Advance Encryption Standard9により、暗号化されたデータを平文にすることなく、異なる暗号鍵に再暗号化する技術。

「S.COATBOX/DS」の仕組み

暗号化アプライアンス製品は2台以上からの導入となり(うち1台は全拠点管理用のサーバ)、参考価格は61万6000円から(税別)。ソフトウェア保守のうち、鍵管理サービス(必須)は3万3000円から、一般問い合わせおよび障害対応はオプションとなる。ハードウェア保守もオプションで、センドバックによる修理対応となる。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事