加藤浩次、いじめ問題に持論「親も絶対に連帯責任」 - 米・新条例に賛成

お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次(48)が、20日に放送された日本テレビ系情報番組『スッキリ』(毎週月~金8:00~10:25)で、いじめ問題について持論を述べた。

加藤浩次

今月1日、アメリカ・ニューヨーク州のノーストナワンダで、いじめに関する条例が施行された。それは、16歳未満の子どもがいじめを行った場合にその子どもの親が罰金、または拘留されるというもの。番組内のコーナー「あなたはどっち派? スッキリJUDGE」で、この条例の是非を問う視聴者アンケートが実施された。出演者の中では意見が割れ、加藤浩次、河北麻友子、本上まなみが賛成、近藤春菜ら3人が反対だった。

その中で加藤は「いじめる側といじめられる側。明らかに『100・0』です。いじめられてる側は1つも悪くない。いじめてる側が100%悪い」と断言し、「なんでいじめるのかといったら、家庭の中で『いじめOK』みたいな会話が進んでいるからですよ。『あそこのママ、ダメよ』みたいな」と問題点に切り込む。

さらに、「子どもがそれを聞いているから、子どもの社会の中で『こいつダメだよ』とか言ってもいいと思ってるんだよ」と推測。「そういう意味で親も絶対に連帯責任だと思う。まずは親が悪い。小さい頃はね。中高とかなった時には子どもの意思は働くのかもしれないけど」と補足した。

なお、番組内の視聴者アンケート結果は、賛成が3万1,109、反対が1万1,913だった。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事