AppleとGEがiOS向けSDKで提携

AppleとGE(General Electric Company)は現地時間18日、IoTプラットフォーム分野での提携を発表。GEの産業界向けIoTプラットフォーム「Predix」(プレディックス)のアプリケーションをiPhoneやiPadに提供するとともにiOSのための開発者向けPredix SDKを公開することを発表した。

Predix公式Webサイト

航空産業から照明まで幅広い産業に携わるGEが自社用に開発してきたプラットフォーム「Predix」は、工場におけるマシンデータを収集、エッジやクラウドを通じてリアルタイム解析し、理解可能な予測や分析を提供する。携わる多様な産業におけるデータ解析は機械学習を通じ、開発領域のみならず、製造業のビジネスプロセスの変革を目指している。

Predixの公式サイトには、"アプリケーション"がPredixソリューションの鍵を握ることが記されている。パートナー各社から提供されるアプリケーションがDevOpsというキーワードに代表される運用上のメリットや先端テクノロジーの導入、ビジネスにおける成果に直接繋がるからだ。同社の公式サイトには美しいフランス南東部の町エクス=レ=バンにある大型金属加工の工場経営における事例が紹介してある。毎月600本のパイプを切り分けるという一見単純に見える工程には数千にもおよぶ作業手法があることを突き止め、開発されたアプリにより工場効率最大化を実現。スクラップ対象となるパイプを10%から4%へと減らすことで大きな成果を導き出している。

18日、AppleとGEはこのPredixにおけるソフトウェア開発のための提携を発表。iPhoneやiPadで稼働するPredixアプリケーション、開発のためのSDKを米国西海岸時間10月26日より提供する。

AppleのCEO(最高経営責任者)、ティム·クック氏は「GEは、航空機、製造、ヘルスケア、エネルギーといった領域の産業分野で数々のイノベーションを起こしてきた歴史を持つ理想的なパートナーです。AppleとGEは共同で、GEのPredixプラットフォームと、iPhoneおよびiPadのパワーと使いやすさを組み合わせることにより、産業界の在り方を根底から変革していくことを目指します」と述べている。

また、GEの会長兼CEO、ジョン·フラナリー(John Flannery)氏は、「AppleとGEの提携により、デベロッパの皆様には独自のパワフルな産業用IoTアプリケーションを開発するツールを提供します。当社のお客様は、従業員の能力をモバイルを通じて高める必要にますます迫られています。GEとAppleは共に協力し、産業分野の企業に対して、iPhoneやiPadからPredixによる予測データや分析を利用できるパワフルなアプリケーションを手にする機会を提供してまいります」と開発ツールがデジタルトランスフォーメーションの推進に寄与することを述べている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事