Microsoft、Mozilla、Google、W3CらWeb技術文書取りまとめを発表

Mozillaは10月18日(米国時間)、「Mozilla brings Microsoft, Google, the W3C, Samsung together to create cross-browser documentation on MDN - The Mozilla Blog」において、Microsoft、Google、Samsung、W3Cと協力し「MDN Web Docs」にWeb技術に関するドキュメントの集約を進めると発表した。現在の協力関係をさらに進めて、MDN Web DocsをWeb技術ドキュメントのリファレンスとしての役割を担わせていくものと見られる。

Microsoftは同日「Documenting the Web together|Windows Blogs」において、Googleは「Building unified documentation for the web|Chromium Blog」において、同様のアナウンスを行っている。プロジェクトおよびベンダーの垣根を越えてWeb技術ドキュメントの集約が進められることは、Web開発者にとって高い価値がある。

MDN Web Docs

MDN Web Docs

MDN Web Docs

MDN Web Docs

Web技術は進展が早い。包括的で高い品質のドキュメントに素早くアクセスできるかどうかはWeb開発の効率に直結してくる。これまでそれぞれのプロジェクトやベンダーのサイトに分散していた技術情報が1カ所にまとまることで、Web技術開発における作業効率の改善を期待できる。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事