イチロー、MLB17年の全軌跡 新天地マーリンズでまさかの投手デビュー!<…

PHILADELPHIA, PA - OCTOBER 4: Ichiro Suzuki #51 of the Miami Marlins delivers a pitch during the eighth inning of an MLB game against the Philadelphia Phillies at Citizens Bank Park on October 4, 2015 in Philadelphia, Pennsylvania. The Phillies defeated the Marlins 7-2. (Photo by Adam Hunger/Getty Images)

 日曜日に44歳を迎えるイチロー。メジャー17年目のシーズンは人生初の代打の切り札としての役割を担い、今季も多くの記録を打ち立てて、シーズンを終えた。今回はイチローが再び新天地へと移籍した2015年を振り返る。





新天地!!
 

 
 ヤンキースとの2年契約が終わったイチローが新天地として選んだ球団はマイアミ・マーリンズ。1月27日に1年200万ドルで契約した。新天地では第4の外野手としての役割が濃厚で、3000安打までは残り156安打だった。







マーリンズデビュー
 

 
 4月6日のブレーブスとの開幕戦で代打として新天地デビュー。マーリンズの最初の打席は一ゴロに倒れた。マーリンズとしての初安打が出たのは3試合目のことだった。







日米1986得点で王超え
 

 
 4月25日の試合に「7番・左翼」で先発出場したイチローは8回に出塁すると、エチェバリアの本塁打でホームイン。日米通算1986得点として王貞治氏が持つ1985得点のプロ野球記録を超えた。さらに同年には日米通算2000得点も記録している。







投手イチロー
 

 
 イチローの数多い歴史の中でも有名なシーンの一つがメジャー初登板だ。シーズン最終戦のフィリーズ戦の8回裏に投手として初登板。打者5人に対し、18球、2安打、1失点の成績だった。投じた球の最速は89マイル(約143キロ)を記録した。





記録を次々と抜くも・・・
 

 
 2015年のイチローは10000打席達成や、出塁でも王超えなど、数多くの大記録を通過。一方で、153試合に出場し、398打数98安打で打率.229、1本塁打、21打点、11盗塁とメジャー挑戦後自己ワーストの成績となった。しかし、シーズン終了直後にマーリンズと再契約。復活と3000安打をかけて2016年シーズンに臨んだ。


本記事は「ベースボールチャンネル」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事