ホンダ「スーパーカブ」モデルチェンジ! デザイン一新、11/10発売

本田技研工業(ホンダ)は19日、ビジネスやパーソナルユースなど幅広い用途に対応する「スーパーカブ 50」「スーパーカブ 110」と、大型のフロントバスケットとリアキャリアを標準装備したビジネスモデル「スーパーカブ 50 プロ」「スーパーカブ 110 プロ」をモデルチェンジして、11月10日に発売すると発表した。

「スーパーカブ 50」

「スーパーカブ 50 プロ」

「スーパーカブ 110」

「スーパーカブ 110 プロ」

今回のモデルチェンジでは、平成28年排出ガス規制への対応やデザインの一新などを実施するとともに、生産拠点を中国から日本の熊本製作所に移管している。

「スーパーカブ 50」「スーパーカブ 110」は、レッグシールドからリアフェンダーにつながる曲面で構成された外観デザインに一新。ボディ両サイドに使い勝手をより高める取外し可能なサイドカバーを採用し、省エネルギーで長寿命なLEDを丸形のヘッドライトに組み込み、コンパクトなハンドルまわりを実現した。伝統的なスタイリングに先進性も兼ね備えた、新世代スーパーカブとしてのアイデンティティーを表現したという。

「スーパーカブ 50 プロ」「スーパーカブ 110 プロ」は、新聞配達や宅配用途で求められる取回しの良さと優れた積載性を備えたビジネスモデルとして、「スーパーカブ 50」「スーパーカブ 110」をベースに開発された。小径14インチタイヤを採用し、大型のフロントバスケットおよびリアキャリアを標準装備するなど、配送業務をはじめとしたさまざまな使用状況に応じたモデルとしている。

価格は「スーパーカブ 50」23万2,200円、「スーパーカブ 110」27万5,400円、「スーパーカブ 50 プロ」25万3,800円、「スーパーカブ 110 プロ」29万7,000円(すべて税込)。

「スーパーカブ 50」

「スーパーカブ 110」

関連キーワード

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事