エアバスA330neoが初飛行で離陸--A330-900がトゥールーズにて

エアバスは10月19日、仏・トゥールーズ現地時間の9時57分に、エアバスA330neoが初飛行でA330最終組立ラインの本拠地であるトゥールーズ・ブラニャック空港を離陸したと発表。試験航空機MSN1795はA330-900で、ロールス・ロイス社製新型エンジン「トレント7000」を搭載した飛行試験機3機の内の、最初のものとなる。

A330neoの型式証明の取得に向けたプログラムは約1,400飛行時間の試験飛行を予定している

A330neoの型式証明の取得に向けたプログラムは、約1,400飛行時間の試験飛行を計画している。 2018年中頃までにEASAとFAAの認証を目指し、A330-900では約1,100飛行時間を予定。初号機はTAPポルトガル航空へ2018年中頃までに納入される予定となっている。さらにA330-800では300飛行時間を経て、2019年に認証を予定している。A330neoファミリーの飛行試験は、3機の試験飛行機と最初の生産航空機によって実施する。

A330neoはA330の改良型モデルであり、A330-800とA330-900の2機種を展開。ロールス・ロイス社製新型エンジン「トレント7000」を搭載し、主翼にはA350 XWBに搭載されたシャークレットを装備。そのほか、システムや客室などにもA350 XWB同様の新技術を投入している。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事