「標識学級」尾崎由香の声の出演が明らかに、“飛び出し坊や”役に喜び

「標識学級」カット

猪原健太原作のジライケン作画「標識学級」の第2話と第4話が、音や動き、バイブなどの仕掛けが展開される“動く漫画”として公開されている。その両話に、アニメ「けものフレンズ」のサーバル役で知られる尾崎由香が声で出演していることが明らかになった。

マンガ配信サービス・comicoにて連載中の「標識学級」は、WOWOWとのコラボプロジェクトで手がけられるサバイバルホラー。学校に閉じ込められた高校生たちが、なぜか校内に設置された道路標識に次々と襲われるさまが描かれる。

ホラー作品に初参加という尾崎が演じるのは、飛び出し坊やというおばけの役どころ。尾崎は「初めてのホラー作品の参加で、お化け役も初めて&やりたかった少年役!と聞いて、オファーを頂いた時はすごく嬉しかったです!」とコメントを寄せた。

尾崎由香コメント

初めてのホラー作品の参加で、お化け役も初めて&やりたかった少年役!と聞いて、オファーを頂いた時はすごく嬉しかったです!
収録では坊やを思いっきり楽しんで演じました!皆さんに怖がって頂けたら嬉しいです♪


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事