NEC、Express5800の2Wayサーバ3機種 - HCIもあわせて製品化

NECは10月19日、最新のインテル Xeon Scalable ファミリーを搭載した2Wayタワーサーバ1機種と2Wayラックサーバ2機種を販売開始すると発表した。いずれも11月14日より出荷が開始される。

新たに発売されるのは、2Wayタワーサーバ「Express5800/T120h」と、ラックサーバ「Express5800/R120h-1E」「Express5800/R120h-2E」の3機種。これらは、CPU/メモリ性能に加え、ストレージラインナップやサーバ診断カルテによる運用管理機能を強化している。

左から「Express5800/T120h」「Express5800/R120h-1E」「Express5800/R120h-2E」

タワーサーバ「Express5800/T120h」は、最大28コアの最新CPUにより従来比最大60%の性能向上を実現し、最大120TBまでのストレージを格納可能だという。内蔵ストレージとして、ニアラインSAS HDD、Read Intensive SSDを新たにサポートし、塵埃対策が可能な防塵ベゼル/フィルタや、環境温度45度に対応する高温環境オプション、ラック搭載オプションをサポートしする。価格(税別)は496,000円~。

ラックサーバ「Express5800/R120h-1E」「Express5800/R120h-2E」は、最大26コアの最新CPUを採用し、従来比最大70%の性能向上を実現したという。「同/R120h-1E」ではストレージ容量を約2倍に強化した。

2Wayラックサーバとしては、販売中の上位モデル「Express5800/R120h-1M」「Express5800/R120h-2M」と合わせて全4モデルのラインナップとなり、新製品は上位モデル同様、システムの構成情報や稼働状況をグラフや一覧で可視化する「サーバ診断カルテ」に対応。現状の構成・稼働状況をもとに、適切なリソース増強時期などを判断できる。

価格(税別)は「Express5800/R120h-1E」が473,000円~。「Express5800/R120h-2E」が532,000円~。

また、同社は販売中の2Way上位ラックサーバ「Express5800/R120h-1M」「同/R120h-2M」と、モジュラーサーバ「同/D120h」をベースに、HCI製品「NEC Hyper Converged System」を製品化。IAサーバ「Express5800シリーズ」とVMware vSANまたはMicrosoft Storage Spaces Directのテクノロジーを組み合わせた専用モデルを用意した。11月27日から出荷を開始する

価格(税別)は、高密度モデル(Express5800/D120hベース)が4,786,000円~、スタンダードモデル(Express5800/R120h-1Mベース)が5,023,000円~、大容量モデル(Express5800/R120h-2Mベース)が5,206,000円~。

また、同社は「NEC Hyper Converged System 構築サービス」、専用ダッシュボード「NEC Hyper Converged System Console」、独自開発したバックアップストレージソフトウェア「NEC Hyper Converged System Backup Option」、ハードウェア保守とソフトウェア保守「NEC Hyper Converged System サポートサービス」も合わせて提供開始する。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事